新見のアサギマダラ

January 23 [Mon], 2017, 15:59
食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、お好きな人にはたまりません。



味の勝負なら、ズワイガニも有名なところです。

種類によっておいしさが違うのもかにの特徴で、自分の好きなかにを持つ方も多いのです。

蟹通販はお得な一面が強いですが、ネックがあるとすれば、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。


皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。
しかし、実際の場合、通販だったら新鮮さが落ちるなどということはないのです。何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、スーパーなどに陳列されるまでの時間、それが売れるまでの時間を考えると、新鮮である確率はかなり高いといえます。

私も家族も無類の蟹好きですので、通販で購入するケースが多いです。
しかし、通販ならではの注意点もあるので説明します。

通販ではお店と違い、現物が見えないので、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。
量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。

それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。

生鮮食品の解凍は難しいものです。
解凍の際には急がず、十分慎重に行うことが大事です。

解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。


ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。
地域によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。逆に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、多くは、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。絶品の蟹を楽しみたい場合に、店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉へ行ってしまうというやり方です。絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。近辺に蟹の産地がある温泉地の場合、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。
とはいえ、温泉であればシーズンは関係ありませんが、蟹の場合はオフシーズンもあるのでシーズンに合わせて行きましょう。蟹通販にも色々な商品があります。

中でもお勧めなのが、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。ポーションは新鮮さでは活蟹に劣りますが、でも活蟹は、専門店ならともかく、自宅でさばいて食べるのはなかなか大変です。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、あらかじめ解体され殻も剥かれているポーションタイプの蟹を鍋にするのが最良の方法だと思います。
一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、せっかくですから訳あり蟹を買ってみましょう。普通よりずっと安く美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。

蟹通販の業者もたくさんあって、どこを選べばいいのか。そんな方は、楽天市場を利用すること。
これに尽きると思います。


楽天市場は日本で最も信用できる通販サイトの一つです。ここであれば、店舗とのやりとりなどに不満を感じる機会はほぼ無くなると断言できます。


それだけ、楽天は利用者にとって安心安全なのです。
楽天の利点はトラブルが少ないことです。

楽天なら、他の通販ではありがちな商品不着などの可能性も考慮に入れなくてよいでしょう。今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手は買ったつもりのないかにを勝手に送ってくる、通販押し売り商法です。
まずはかに通販会社と称するところから電話がかかり、何周年キャンペーンでただ同然のかにを買えるなどと興味を引き、毅然とした態度ではっきり断らないと、証拠のないのをいいことに、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱が法外な請求書つきで届きます。
返品も問い合わせも出来ず、結局はお金を払うしかありません。


それとは別に、どう見ても最高のかにだと思える写真を使って契約させ、その実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。


詐欺といってもその手口は多岐にわたり、油断もすきもない世の中です。通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。


花咲がには高価なおいしいかにですね。

根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリが正しいのです。
実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いので市場ではかにと一緒にして全国に出回っています。身の芳醇さと食べ応えで知られ、市場に出る量は少ないため、誰もが認める有名なブランドがにです。
私にとって年末年始の特別な贅沢、それはかにです。ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。何店かは買ったことのあるお店もあり、そこでもいいのですが、常に少しでも良いお店で買いたいと思うので、注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。


堅い殻に覆われていても中身は生ものでデリケートな高級品ですし、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。そのためにはそのお店で買ったことのある人がどう評価しているかを知ることは大切なので、口コミの評価が高ければ高いほど、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒロシ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる