脳の病気

December 21 [Mon], 2015, 7:36
年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、焦り、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が2週間以上続きます。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が誘因で発病する湿疹で、分泌が異常をきたす原因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れ、V.B.複合体の慢性的な欠乏などが大きいと言われています。
我が国における結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に準じてなされてきましたが、56年後の2007年からは多くの感染症と同じく「感染症法」に従って実行されることに決まったのです。
いんきんたむし(陰金田虫)は20〜30代の男の人多く確認されており、大抵の場合は股間の周囲だけに広がり、軽く運動したり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に猛烈な掻痒感を引き起こします。
トコトリエノールの働きは酸化を防ぐ機能が殊に有名ではありますが、更に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりすることが認められています。
不快な耳鳴りには当事者しか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンをあてると聞こえてくるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
何かを食べる時は、食物をなんとなく口へ運んで約20回噛んで嚥下するだけだが、その後も体は本当によく働いて食物を体に取り込むよう励んでいる。
インキンタムシというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に何らかの理由でうつり、定着してしまう病気の事であり即ち水虫のことなのです。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aの無理な浴び過ぎは皮膚疾患を起こす可能性が高いとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日サロを使う行為の禁止を強く勧めています。
内臓脂肪の多い肥満が確認され、脂質過多、高血圧(こうけつあつ)、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上合致する状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と名付けています。
ともすると「ストレス」というのは、「無くさなければいけない」「排除しなければいけない」と敬遠しがちですが、その実、私達は大なり小なりのストレスを受けているからこそ、生活することができているのです。
複雑骨折して大量に出血してしまった際、急に血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、失神などの色々な脳貧血症状が見られるケースがあります。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もせずに動かなくても燃えてしまうエネルギーのことで、そのほとんどを様々な骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳で使っているということはあまり知られていません。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がみられず、体重が食事・飲酒や排尿などにより短時間で増減する場合は、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓から分泌されている解毒酵素の正常な発生を支えているかもしれないという新たな事実関係が判明してきました。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あやちんぽん
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rncgm68j/index1_0.rdf