投薬についての知識がいかに重要か

April 06 [Sun], 2014, 15:45
個人的に、まだこの痒みは薬いらないかなてときは冷やしたりすれば収まることが多かったりします。
子供の肌は敏感なので、すぐに赤くなっちゃうしかわいそう。
我慢するのは大変だし無意識のうちに掻きまくって血がでて、さらに皮膚が厚くなってしまうこともありますしね。
お肌にしっかり水分を与えることによって角質層を潤わせておくとかゆみを抑えておくことができます。
でもそういったことを考えすぎてストレスになるとさらにひどくなることがあるので、気楽に考えるようにいってます。ひどくなった時は病院に連れて行きますけど、本人から病院行きたいという時もありますし。
お医者さんにアトピーで診察してもらってもらっている薬があるのであまりにひどい時はそれをつけるようにしています。
そして、こまめに爪を切ること。これでかきくずす心配も少なくなるしそこから最近が入り込むこともなくなります。
そんな目に合うくらいなら面倒でもきちんと保湿しておいた方が女性としてもいいですよね。
うまくステロイド剤と付き合っていければアトピーの痒さとも持ちつもたれつで過ごしていけるんじゃないかなと思います。
乾燥しがちな肌ですし、いつも保湿してケアしてあげるのは大人でも子供でも大事なことです。
お肌のトラブルって女性にとっては大変なこと。毎日美しさのためにケアしているのにお肌がトラブルを起こしたりするととてもブルーになっちゃいますよね。
そしてかなりひどくなってから病院に行くという繰り返しなんですよね。
アトピー性皮膚炎のかゆみって本当に辛いですよねー。湿疹がいっぱいできちゃってそれをかき崩しちゃうとその湿疹がどんどん広がっていって悪化してくるんですよ。
上手に薬なんかも使いながら痒みをコントロールしていけるといいなと思います。
妊娠中は持病が再発しやすい
妊娠してから痒みが酷くて困ってます
学びなおすべき投薬の事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rmyl0dxi
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rmyl0dxi/index1_0.rdf