ついにオープンβテストが始まったMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」で,二つのプレゼントキャンペーンもスタート 

2011年08月09日(火) 11時18分
MMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」のオープンβテストが,本日(2011年8月8日)ついに始まった。今回のオープンβテストでは,オフラインイベント「FINAL TERA DAY」の記事でお伝えしたとおり,レベルキャップが38に引き上げられるほか,ポポリア領といった新マップや新規インスタンスダンジョン,新システム「紋章システム」などの追加が行われる。



「TERA The Exiled Realm of Arborea」公式サイト


 またNHN Japanは,このオープンβテストの開始に合わせて,二つのプレゼントキャンペーンを実施する。
 一つは,抽選で豪華賞品がプレゼントされるキャンペーンだ。テスト参加者は,ノートPCや液晶テレビなどが用意されたリストの中から,希望する“応募コース”と“Tシャツのサイズ”を選択して応募できる。なおTシャツはコース賞品ではなく,各コースの当選者全員に賞品と一緒に贈られるものだ。
 ちなみに応募コース名は,それぞれ種族の名前から取られているのだが,選択は自分のプレイキャラクターの種族に合わせる必要はない。好きなコースを選択しよう。

 そしてもう一つは,オープンβテストに参加した人の中から抽選で,300名にWebMoney1000ポイント分がプレゼントされるというものだ。こちらはテストに参加するだけで自動的に応募されるので,当選していたらラッキーくらいの気持ちで結果を待てば良いだろう。
 なお,応募期間はどちらのキャンペーンも,オープンβテスト終了までとなっている。

 このほか公認ネットカフェのオープンβテスト特典として,獲得経験値が30分間,10%上昇するアイテムが一日3つプレゼントされることも明らかになった。公認ネットカフェに遊びに行ったときは,TERAを遊んでアイテムを入手しておこう。

■オープンベータテスト概要
<オープンベータテスト時ゲーム内容>
・レベルキャップ: Lv38
レベルキャップ開放に伴い、Lv38 までの新スキル、新装備を追加
・体験可能区域 :
クローズドベータテスト体験区間に加え、ポポリア領、ヴィアアウレウム領、東部領を新たに追加

ポポリア領

ヴィアアウレウム領
東部領

・新規インスタンスダンジョン: ヴァンピールの屋敷、邪教徒の隠れ家

ヴァンピールの屋敷
邪教徒の隠れ家

・新規システム : 紋章システム、装備強化システムを追加
紋章システムとは…
レベル25になると各種スキルにセットするだけでスキルがパワーアップする、紋章システムを利用できるようになります。レベルごとに決められた紋章ポイントを消費して習得した紋章をセットします。どの紋章をセットするかによってキャラクターの個性を出す事ができます。

装備強化システムとは…
装備アイテムは強化する事でより強いアイテムに変化することができます。装備強化では強化する度にプラスの値が増加して、攻撃力が増加したり特殊能力が付与されたりします。強化クリスタルでは特定条件で能力が増加したり特殊な能力が発動したりするなど装備に個性を出すことができます。


■OBT 開催にあわせ2つのキャンペーンを実施
◆豪華賞品プレゼントキャンペーン
OBT にご参加いただいた方に、抽選で豪華賞品をプレゼントいたします。
応募コースとT シャツのサイズを選択するだけで、簡単にご応募いただけます。

応募期間: 2011 年8 月8 日(月)〜OBT 終了まで
賞品:

※応募するコースとご自身が作られるキャラクターの種族とは一切関係ございませんので、お好きなコースにご応募いただけます。
※賞品の仕様、デザインは変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※「TERA」Tシャツはすべてのコース共通で、当選者の方に差し上げます。


◆WebMoneyプレゼントキャンペーン
OBT にご参加いただいた方の中から抽選で300 名様に、WebMoney 1000 ポイントをプレゼントいたします。
応募方法: OBT に参加いただくだけで、自動的に応募となります。
応募期間: 2011 年8 月8 日(月)〜OBT 終了まで

■公認ネットカフェでもオープンベータテスト特典をご用意
全国1300 店舗(7月29 日現在)のTERA 公認ネットカフェでは、ネットカフェ利用料金のみで『TERA』をプレイ可能です。公認ネットカフェ特典として、取得経験値増加アイテムを1日に3つプレゼントいたします。

アイテム名称: 祝福の火花
効果: 経験値獲得量が10%増加(30 分間継続)

TERA RMT

「TERA」の“事前選択サービス”が想定外の早期終了。潮田プロデューサーにどれほどの反響だったのかを軽く聞いてみた 

2011年08月09日(火) 11時16分
ハンゲームのMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」において,オープンβテストの実施に先駆けて行われていた“事前選択サービス”が,8月5日の23時59分をもって終了となった。



「TERA The Exiled Realm of Arborea」公式サイト



 事前選択サービスとは,サーバー/種族/クラス/キャラクターの外見/キャラクター名などの選択/決定と,フレンド/ギルド登録などをあらかじめ行えるというもの。実際にゲームをプレイすることはできないものの,長い付き合いになるプレイヤーの分身,プレイヤーキャラクターを作り込める期間として,大きな注目を集めていた。

 7月31日のサービス開始時点(先行事前選択サービス)では5基のサーバーが用意されていたが,それらすべてが定員に達したため,8月4日には新たに2基のサーバーが追加。それらも一瞬で定員に達し,わずか1週間足らずの期間に,計7基のサーバーが満員御礼となったわけだ(関連記事)。


 今回の報せを受けて早速,TERAの潮田プロデューサーに話を聞いてみた。

 潮田氏によると元々,事前選択サービス用に計7基のサーバーを用意しており,「OBTが始まるまでに満杯になるといいなぁ」と考えていたそうだ。ところが想定よりも早いペースで埋まってしまったため,予定よりも早く事前選択サービスを終了することになった。サーバーの不具合といったネガティブな要因による終了ではないため,潮田氏としても喜色満面……かと思いきや,この週末にTERAのキャラ作成を楽しんでもらえないことを,残念がっていたのが印象的であった。

 なお,事前選択サービスで作成されたキャラクター達の傾向については,統計を取ったうえで近日中に発表するとのこと。ちらっと話をうかがったところ,すでに特徴的な傾向がいくつか見えてきているようだ。

 たとえばクラスに関しては,CBTの頃と比べると“ウォーリアー”の比率がやや減少し,一方で“プリースト”が増加しているという。女性プレイヤーのテスト参加率が次第に増加してきており,それが影響しているのかもしれない,とのことであった。フリーターゲティングならではのテクニカルなヒーラーが,ライト層にどのように受け入れられるのか,気になるところである。


 また,サーバーによって,種族比率にも微妙な違いが見られるという。ここで多くの人が気になるのは“エリーヌ”サーバーに関してだと思うが,やはり想像どおり,エリーン率が40%以上(!)という凄まじい結果となった。OBTがスタートしたあと,このサーバーで一体どのような光景が繰り広げられるのか,いろんな意味で注目したい。

 OBT後のサーバー体制についても聞いてみたが,「サーバー数が足りなくなるような状況は,そうそう起こらないでしょう」との力強いコメント。確かに,FINAL TERA DAYのプレスカンファレンスにおいて,同時接続者の目標数は5万人と発表されており(関連記事),これを達成するには,どう考えても二桁のサーバーが必要となる。国内で運営中のMMORPGで,サーバー数が二桁に達している作品はそうそうないだけに,この辺りにも注目したい。

 事前選択サービスは終了してしまったが,週明けとなる“8月8日の午前8時”には,オープンβテストがスタートする。この週末に,TERAのキャラクターをいじくり回せないのは残念だが,もう少しの辛抱だ。


TERA RMT

「IL:Soulbringer」チャプター2を実装し,正式サービスを6月8日16:00に開始&キャラクターメイキングムービーを4GamerにUp 

2011年06月15日(水) 11時51分
ガーラジャパンは本日(2011年6月7日),新作MMORPG「IL:Soulbringer」の正式サービスを,明日(6月8日)16:00に開始すると発表した。正式サービスでは「チャプター2」が実装され,新マップや新種ピオの追加などが行われる。また,キャラクターメイキングシーンを収めたムービーを4Gamerに掲載したのでチェックしておこう。

キャラクターメイキングムービー



『IL:Soulbringer』(アイエル:ソウルブリンガー)
正式サービスを6月8日(水)16時より開始!
キャラクターメイキンムービーを公開!!

株式会社ガーラジャパン(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:金 志芸)は、同社が運営するゲームポータルサイト「gポテト」で提供開始が予定されている新作オンラインRPG『IL:Soulbringer』(アイエル:ソウルブリンガー)につきまして、正式サービス開始を6月8日(水)16時より開始いたします。また正式サービス開始に伴い、大型アップデート「チャプター2」の実装を実施いたします。




■正式サービス開始を6月8日(水) より開始
本日、オープンβテストを終了したアイエルにつきまして、正式サービスを2011年6月8日(水) 16:00より開始いたします。また次期アップデート「チャプター2」を正式サービス開始と同時に実装致します。

「チャプター2」実装により、これまで情報公開された、新マップ、新種ピオに加えレベルキャップの開放が行われます。よりアイエルをお楽しみ頂ける内容となっておりますので是非ご期待ください!

・「チャプター2」実装内容
レベルキャップをLv.24からLv.37へ開放
新マップ「メナス流域」および新クエストを実装
新種ピオ6種および新ピオスキルを実装
アイテムモールオープン

■キャラクターメイキングムービー公開
正式サービスからアイエルを始めようと思っている方のために、アイエルのキャラメイキング風景をムービーでご紹介します!



アイエルのキャラクターメイキングではキャラクター名、性別、肌色、ヘアースタイル、ヘアーカラー、フェイスタイプ、アイカラーの各パーツを自由に変更し、6つの職業から1つの職業を選択することで好きなキャラクターを作成することができます。

SoulBringer RMT

「セブンソウルズ」のオープンβテストが本日15:00にスタート。7人の“セブンソウルズバニー”達が登場する特設サイトも要注目 

2011年06月15日(水) 11時47分
ネクソンは,“大人向けMMORPG”「セブンソウルズ」のオープンβテストを,本日(2011年6月14日)15:00から7月7日のメンテナンス開始時まで実施する。ゲームクライアントの先行配布が開始されているので,参加を検討している人は,今のうちにダウンロードとインストールを済ませておくといいだろう。




特設サイト「たぶんそうです せぶんそうるず」
 またオープンβテストの実施に伴い,「オペラ仮面アバター」「ジャックポットコイン」などが獲得できる「7つのキャンペーン」が行われる予定だ。キャンペーンの詳細は,公式サイトの告知ページでご確認を。
 さらに,「たぶんそうです せぶんそうるず」と題された特設サイトがオープンしている。このサイトでは,7人の“セブンソウルズバニー”達に関するアンケートが実施され,その結果,もっとも得票数の多かったバニーがスペシャル生放送に出演することになる。バニーの上でマウスカーソルを動かすと,その場所が拡大表示される仕組みとなっているので,さっそく試してみよう。


オトナ向けMMORPG「セブンソウルズ」をテストプレイ。セクシーな衣装だけじゃない,オトナ基準のゲームシステムに注目



「セブンソウルズ」公式サイト






ネクソン、オトナ向けMMORPG『セブンソウルズ』、本日オープンβスタート!!
オープンβ記念「7つのキャンペーン」、特設サイトも同時公開!!

 オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:崔 承祐/チェ・スンウ、以下 ネクソン)は、韓国のCR-SPACE Inc.(本社:韓国ソウル市、CEO:オ・ヨンファン、以下 シーアールスペース)が開発しの大人向けMMORPG『セブンソウルズ』、本日2011年6月14日よりオープンβを開始致します。併せて公式サイトにて「7つのキャンペーン」を公開致し、特設サイトもオープン致します。

 本日よりクローズドβテストを開始致します。βテストではタイトルに因んで「7つのキャンペーン」をキャンペーンを実施致します。キャンペーンでは、期間中にキャラクターをレベル10まで育てるとNEXONポイントがあたるほか、全員にアバタープレゼント、さらにプレーを1時間接続する度に、便利なアイテムがあたる「運命のルーレット」など盛りだくさんの内容で皆様をお迎え致します!

 また、特設サイト「たぶんそうです セブンソウルズ」では7人のセブンソウルズバニーが登場し、毎週出される質問にユーザーが「たぶんそうです」ボタンを押して投票します。毎週日曜日に集計し、投票結果が最も多かったバニーの生放送動画と同接イベントを毎週末に開催致します!同接イベントにはあの大物タレントも登場予定です!皆様の投票、どしどしお待ちしております。

 『セブンソウルズ』では、これからも皆様に快適に楽しんで頂けるように運用してまいります。どうぞご期待下さい。


sevensouls RMT

15名のキャラクターそれぞれのストーリーが体験できる2D MMORPG「BraveSongOnline」CBTプレイレポートを掲載 

2011年05月25日(水) 15時02分
 「BraveSongOnline」は,キューエンタテインメントがサービス予定のMMORPGだ。2011年5月10〜16日にかけてクローズドβテストが行われ,現在は次のβテストに向けて準備中である。




「BraveSongOnline」公式サイト


 BraveSongOnlineは,15人の主人公が用意されており,選んだキャラクターによって違ったストーリーが楽しめるというのが大きな特徴。グラフィックスは2Dだが,各種ゲームシステムは近年のオンラインゲームのトレンドが取り入れられており,洗練されて遊びやすく仕上がっている。
 先日実施された本作のCBTに参加できたので,さっそくプレイレポートをお届けしていこう。





総勢15名ものキャラクターが登場
それぞれ違ったストーリーが楽しめる


 BraveSongOnlineで最初に注目したいのは,プレイヤーが選べる総勢15名のキャラクターである。それぞれのキャラに別々のストーリーが用意されており,使用するキャラによって雰囲気が大きく違ってくる。

 ゲームの舞台となる「タナシア大陸」では,オリエンタル風な世界観の“アスラ帝国”,中世ヨーロッパ風の“イレネース連合”,エジプト風の“セト王国”という3か国による,激しい争いが続いている。
 この3か国にはキャラクターが5名ずつ用意されており,プレイヤーはその中から1人を選ぶ。キャラは王女,剣士,貴族,忍者などさまざまで,それぞれ別々の視点でのストーリーが繰り広げられていく。イベントシーンでは,各キャラを担当した声優さん達がフルボイスで喋るのだが,これが結構なボリューム。思わず,いろんなキャラクターでプレイしたくなってしまうだろう。

アスラ帝国

イレネース連合

セト王国

 ゲーム中に表示されるキャラクターイラストは,見てのとおりとても可愛らしい。これはキューエンタテインメント側でローカライズ時に用意したものだが,“ローカライズ前”の台湾バージョンに切り替えることもできる。
 もともと本作は台湾のChinese Gamer Internationalが開発したタイトルなのだが,こちらのイラストも,我々日本人から見てなかなかいい感じだ。日本やアジア各国の文化をうまくミックスした絵柄なので,ぜひ一度チェックを。

イベントシーン


 キャラクター作成は,用意された15名の中から1人を選んだあと,大まかなタイプを「戦闘系」「魔法系」から選ぶ。そのほか,肌や髪の色,属性やステータスといった項目を変更可能だ。主人公固定のMMORPGということで,ほかのプレイヤーと見た目がかぶってしまいそうなものだが,その点の心配はいらない。






3人の仲間と共に冒険し
1人でもパーティプレイの雰囲気を満喫できる

 2DタイプのMMORPGということもあり,ゲーム画面をパッと見ただけでは,古風かつシンプルなゲームに思えるかもしれない。ところがBraveSongOnlineは3D MMORPGを含む昨今のトレンドを幅広く取り込んでおり,意外なほど洗練されている。




 例えば,クエスト進行は“!”マークの付いたNPCを辿るというお馴染みのシステムだが,目的地への移動はワンボタンで自動的に行える。クエストの目的を達成したあともワンボタンで依頼主の元へ移動でき,これがかなり快適だ。そのほか,マップ内の要所に移動するためのボタンが用意されていたり,マップ内を直接クリックすればそこへ移動してくれたりと,方向音痴の人でも迷わずに遊べるようできている。
 マップは,よくある固定のクォータビューというわけではなく,場所によって角度が微妙に違っているなど,プレイヤーを飽きさせない構造になっている。



 戦闘はお馴染みのクリックタイプで,キャラクター1人につき「接近モード」「遠隔モード」という2種類の武器が装備できる。アクティブスキルも用意されており,ソロプレイで遊ぶだけなら,ほかの同系統タイトルと似た雰囲気だ。

スキル一覧

 しかし,BraveSongOnlineで本当の意味で「ソロプレイ」を行うのは,ゲーム開始後わずかな間だけである。本作ではモンスターなどのNPCを「捕獲」(契約)でき,それらを最大3ユニットまで同時に呼び出して使役できるのだ。
 これらのユニットは独自のスキルを習得するほか,戦闘に参加させることで経験値を獲得し,レベルアップもする。マイキャラに3体の仲間が加わることで,ゲームプレイはかなり賑やかになる。

 仲間となるNPCはかなりの数が用意されているようだ。マイキャラが戦闘系でも法術系でも,3体のユニットの組み合わせを追求することで,さまざまな戦術が実現できる。仲間にしたNPCは一覧で表示されるので,コレクター魂もくすぐられそうだ。



 3体の仲間に対しては,行動パターンを「自動攻撃」「集中攻撃」「不動攻撃」「護衛」「待機」「特殊」(スキルなどを使用)の中から設定できる。狩場の選定を間違えなければ,“自動攻撃”でオート育成といったことも可能だ。ちなみに自動攻撃は,「HPが**パーセント未満になったら自動的に撤退」など,RPG初心者でも管理に戸惑わない作りになっている。






2D MMORPGのファンは今後のサービス動向に要注目

 BraveSongOnlineは台湾では実績のあるタイトルで,すでにコンテンツが揃っているため,日本サービスでも最初からコンテンツが豊富に用意されている。
 中盤以降の展開をざっと紹介すると,レベル15からさまざまなインスタンスダンジョンに挑戦できるようになるほか,「荘園」と呼ばれるハウジングコンテンツが遊べるようになる。レベル20以降は自分で「公国」を設立したり,他プレイヤーの公国に参加したりといったことが可能になり,コミュニティの広がりにも期待できる。

 昨今はPCのハイスペック化に伴い,リッチな3Dグラフィックスのタイトルが注目を集めがちである。とはいえ,コミカルなキャラクターなどを楽しめる2DタイプのMMORPGは,今でも日本では根強い人気があるはず。それでいて,ゲームシステムは昨今のオンラインゲームのトレンドを積極的に取り入れており,全体的なバランスの良さが印象に残ったタイトルだ。

 2DタイプのMMORPGが好きな人なら,BraveSongOnlineのサービス動向に注目しておいて,きっと損はないだろう。ぜひ15名のキャラクターの中から,自分なりのお気に入りを見つけてみてほしい。



BraveSong RMT,ブレイブソング RMT


「Forsaken World」,クローズドβテスト用のゲームクライアントとスターティングガイドが公開に 

2011年05月25日(水) 15時00分
シーアンドシーメディアは本日(2011年5月24日),5月18日から5月22日まで行っていたMMORPG「Forsaken World」のクローズドβテスター追加募集における当選者を決定し,プレオープンサイトでCBT用ゲームクライアントの配信を開始した。このほか本作のCBT用スターティングガイド(PDF形式)も公開されているので,テスターは必ず目を通しておこう。


「Forsaken World」プレオープンサイト





この度、オンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」を運営する株式会社シーアンドシーメディア(所在地:東京都中央区、以下:C&Cメディア)は、PerfectWorld. Co., Ltd. (所在地:中国北京市、以下:PWRD)が開発し、C&Cメディアが日本国内でサービス予定の「仲間と共に失われた時間を取り戻すMMORPG『Forsaken World』」(以下:フォーセイクンワールド)におきまして、5月18日〜5月22日まで募集を行わせていただきました「クローズドβ追加テスター」応募者様集計を完了し、テスト参加者を決定いたしましたことをお知らせいたします。

併せて、本日「クローズドβテストの手引き」並びに「CBT用ゲームクライアント」をプレオープンサイト上で公開いたしましたことをお知らせいたします。
フォーセイクンワールドにおいて5月16日〜5月18日まで実施させていただきました「クローズドβテスト参加者抽選ルーレット」及び5月18日〜5月22日までの
「クローズドβ追加テスター募集」には、たくさんの方のご応募をいただき誠にありがとうございます。

本日、フォーセイクンワールド運営チームより抽選を行わせていただき、追加テスター募集における当選者様を決定いたしました。

本追加募集の当選者様におかれましては、ご応募時のMK-IDに登録している「メールアドレス」宛に当選メールを発送いたしますので、是非ご確認ください。
また、フォーセイクンワールドプレオープンサイト上では「クローズドβテストの手引き」「CBT用ゲームクライアント」のダウンロードを開始いたしました!
クローズドβテスト開始まであと1日!是非フォーセイクンワールドをお楽しみくださいませ!!

■クローズドβテスト手引き・CBTゲームクライアント公開!
フォーセイクンワールドクローズドβテストの手引きを公開いたしました!「ゲームクライアントインストール方法」から「ゲーム進行方法」までチュートリアル形式で解説した「初心者ガイド」となりますので、是非ご覧ください!



クローズドβテストの手引き(スターティングガイド)目次

1)ゲームをプレイするまでの流れ
・ゲームをダウンロードしよう
・ゲームをインストールしよう
・ゲームをはじめよう
・キャラクターを作ろう

2)ゲームログイン後の基礎知識
・基本操作を覚えよう
・ゲーム画面について知ろう
・チャットを楽しもう
・キャラクターを育成しよう
・オートラン機能を使ってみよう
・コミュニティを活用しよう

<クローズドβテスト手引きをプレイヤー皆様にpdf形式でご用意しております。以下URLよりダウンロードいただくことができます。>
URL)http://fw.mk-style.com/cb_guide/force-download.php



■クローズドβテストに外れてしまった方への最後のチャンス!
「祈りウェブ」でCBT参加権をゲットしよう!
5月16日(月)〜5月22日(日)まで実施させていただいた「クローズドβテスター募集」で外れてしまった方に最後のチャンス!
祈りウェブで祈りをささげて数少ない「クローズドβテスト参加コード」をゲットしよう!



<祈りウェブ公開日時>
2011年5月23日(月)〜2011年5月30日(月)まで

<星からの贈り物>
クローズドβテスト参加コード
※一度祈りウェブで当選されたメールアドレスは入力することができません。
※祈りゲージは100%の状態ですが、祈りをささげることは可能です。
※星からの贈り物は抽選で当たります。

<CBT参加最後のチャンス!祈りウェブURL>
http://fw.mk-style.com/teaser/cp20110411/

■クローズドβテストプレミアムキャンペーン開催!
クローズドβテストにご参加いただくプレイヤー様必見の「プレミアムキャンペーン」を開催いたします!



対象条件)
テスト期間中に1度でもログインしたCBT参加プレイヤー様全員

プレミアム賞品)
(1)オープンβテスト以降手に入れることができない超希少な戦闘ペット「ハスキー(仮称)」をプレゼント!
(2)テスト期間合計で3時間以上ログインされた方に、一定レベル毎に継続的にお役立ちアイテムがもらえる「プレミアムパック」をプレゼント!

※プレミアムキャンペーンにおける賞品の発送は、今後予定している「オープンβテスト」または「正式サービス」時にお渡しさせていただきます。

<クローズドβテストプレミアムキャンペーン詳細>
http://fw.mk-style.com/cb_guide/#tab1

■クローズドβテスト期間中はもちろん「GMイベント」も毎日開催いたします!
クローズドβテスト期間中毎日、以下のいずれかの「GMイベント」を毎日開催いたします!
初めてフォーセイクンワールドをプレイしていただくプレイヤー様にお楽しみいただくことができるゲームイベントとなりますので、是非奮ってご参加くださいませ。



1)オープニングセレモニー
2)初心者講習会
3)ダンジョン攻略
4)クレイモンドツアー
5)vsGM!レアアイテムGET!PvPで遊んでみよう!
6)クローズドβテストに名を残せ!ギルドメンバー勧誘回
7)ファイナルイベント

※GMイベントとは、「GM(ゲームマスター)主催のプレイヤーイベント」となります。運営チームにて作成されたユーザーの皆様がゲームをより快適にプレイできるようゲーム内においてさまざまなサポートをおこなう特別なキャラクターです。



FW RMT,Forsaken World RMT

「TERA」最新日本語バージョンのクオリティを隅々までチェックしよう。序盤のスクリーンショット集に新画像64枚を掲載 

2011年05月24日(火) 11時27分
 クローズドβテストのスケジュールやビジネスモデルの発表など,今年夏の正式サービス開始に向けての具体的な動きが見えてきた,NHN JapanのMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」。今回は,先日掲載したまとめ記事で使いきれなかった画像を利用して,スクリーンショット集を用意してみた。これらはもちろん,現時点での最新バージョンのクライアントで撮影したものだ。画像のテキスト部分までじっくり見て,ローカライズの完成度を確認してみてほしい。


「TERA The Exiled Realm of Arborea」画像集




 ちなみにTERAのローカライズでは,一度翻訳してから,さらにもう一段階のチェック作業が行われている。日本語として“間違っていない”のは当たり前で,より“正確かつ美しい”文章を心がけているのだ。もちろん,その分の手間は掛かってしまうのだが,こういった細かい部分にも妥協していないのである。ローカライズ作業は順調に進んでおり,現在は改行部分の処理など,微調整を行っている段階とのことだ。


 さて,今回のSS集では,「キャラクター関連」「黎明の島」「ヴェリカ以降」といった分類で,まとまった数を用意してみた。
 先日掲載したまとめ記事では,TERAを初めて知る人向けに,あえてアウトラインの紹介だけに留めていた。だが,スクリーンショットには,見る人が見れば「おや」と思えるようなモノも含まれていたはずだ。今回のSSもまだまだ新たな発見があるだろう。


キャラクター関連 22枚
黎明の島 28枚
ヴェリカ以降 14枚

 この中の「黎明の島」と「ヴェリカ」に関しては,CBT参加時に実際に足を踏み入れることができる。作成したキャラクターは,アルボレアを救う勇士(の新米兵士)という設定で,黎明の島へと降り立つ。この島でチュートリアルを行いつつ,フリーターゲッティングに少しずつ馴れていくというゲーム展開だ。

 また,黎明の島では2種類のインスタンスにも挑戦できる。最初のインスタンスは,攻めてくる無数のモンスターからNPCを一定時間護衛,そしてもう一つは,巨大ボス”カラスチャ”に挑むという内容だ。

 カラスチャを攻略できるのはレベル12程度のキャラクターで,その後はペガサスに乗って,黎明の島から旅立つ。行き先は,世界の闇に立ち向かう“ヴァルキオン連合軍”の首都エリア,“ヴェリカ”だ。

女神ヴェリックの守護する街ヴェリカ。街のあちこちに女神像がある

 ヴェリカの景観は見てのとおり,壮観の一言に尽きる。エリア内はとにかく広く,プレイ中は結構迷ってしまったのだが,それよりも取材当時はSSを撮ることに夢中だった気がする。また,このエリアでは,スキルをカスタマイズできる“紋章”をはじめ,いくつか新システムもお目見えになる。

 TERAのCBTテスター募集は,6月13日から開始される。ハンゲームの会員であれば誰でも応募可能なので,やる気マンマンの人はとりあえず,会員登録を確認しておこう。

戦闘の合間にシステムがお勧めスキルを教えてくれる。これはスペースバーで発動できるものなので,表示が出たらとりあえずスペースバーを叩くというのもアリだろう。ただし,その状況で最適な選択かどうかは保障されていないので注意


TERA RMT

【速報】日本版「TERA」のクローズドβテスト日程が発表! 第1回CBTは7月1日より3万5000人で実施※2011年5月14日12:20追記 

2011年05月17日(火) 11時45分
 NHN Japanはつい先ほど,韓国・済州島にて行われているカンファレンス「HANGAME EX2011」において,MMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」のクローズドβテストの日程を発表した。

 TERAの第1回CBTは,7月1日〜4日まで行われる。テスター枠は3万5000名で,6月13日から募集開始となる。ハンゲームの会員なら誰でも応募可能だ。





 韓国Bluehole Studioが開発するTERAは,これまで約4年の開発期間と,29億円もの開発費を注ぎ込んで作られた,“超大作次世代MMORPG”(※公式発表のママ)。Unreal Engine3によって描かれる,現実と非現実が共存したかのようなグラフィックスと,ノンターゲット式と従来のターゲット式を良いとこ取りした,“フリーターゲティング”でのバトルを最大のウリとしているタイトルだ。
 韓国では2011年1月に正式サービスが開始されており,現在は非常に好調。世界一競争が激しいといわれる韓国のオンラインゲーム市場で,今もトップシェア争いを繰り広げている。



 日本版TERAに関しては一時期情報が途絶え気味だったが,昨日(5月13日)の“LIVE SHOW TERA CHANNEL”を機に,これから一気に加速していくと思われる。2011年夏の正式サービスに向けて,TERAの動きには目が離せないだろう。

※12:20,以下の文章を追記しました

Bluehole Studio CEO キム・カンソク氏
 カンファレンスの場には,Bluehole Studioの代表を務めるキム・カンソク氏も登場。キム氏はTERAの魅力をあらためて紹介したのち,日本で行われる第1回CBTのプレイ範囲についても言及した。

 キャラクターの作成部分に関しては,全種族・職業の組み合わせが行える。レベルキャップは22で,行動できる広域エリアは黎明の島,ヴェリカ,永遠の盆地の3つ。グラフィックスやフリーターゲティング部分はもちろん,TERAの真髄であるパーティプレイ用のインスタンスにも,しっかり挑戦できそうだ。

 現在サービスが行われている韓国では「パーティマッチ」「職業間バランスの調整」に対する要望が多いそうだが,これらに対する改善作業が現在行われており,日本版のサービス初期には反映される予定とのことだ。


TERA RMT

「TERA The Exiled Realm of Arborea」の魅力を,最新日本語バージョンのSSをふんだんに交えて改めて紹介。7月1日のCBT開始は目の前だ 

2011年05月17日(火) 11時43分
「TERA The Exiled Realm of Arborea」は,NHN Japanが今年の夏にサービス開始を予定しているMMORPGである。ここ暫くの間は表立った動きが見えにくかったのだが,昨日(5月13日)の「LIVE SHOW TERA CHANNEL」での豪華声優陣発表と定額課金制発表(金額は未定)や,本日5月14日の韓国でのプレスカンファレンス「HANGAME EX2011」を皮切りに,今後はTERAの新情報を立て続けに公開していくとのこと。TERAが持つポテンシャルもさることながら,そこにNHN Japanという大きな会社が絡むことで,大きく盛り上がっていきそうだ。

 ……とはいえ,華々しく日本デビューを飾ったものの,ここ最近の展開がちょっと停滞気味だったのも否めない。そこで,TERAを心待ちに待っている人はもちろん,最近初めて存在を知った人のためにも,TERAの“再始動”を記念し,いま公開されている基本情報をまとめてみよう。以前からTERAの情報を熱心に追い続けているようなファンにとっては,本稿に掲載している最新日本語バージョンのスクリーンショットは,きっと興味深いはず。ローカライズの完成度を一枚一枚,じっくりと確かめてみるとよいだろう。




「TERA The Exiled Realm of Arborea」公式サイト




ハンゲームが贈る2011年最大級の注目作「TERA」

 Bluehole Studioが開発する「TERA The Exiled Realm of Arborea」は,これまで約4年の歳月と,総制作費29億円を注ぎ込んだ,名実共に超ビッグタイトルである。お隣韓国では,オープンβテストの段階で同時接続者数が20万人を記録している。
 2010年〜2011年は,MMORPGのビッグタイトルが目白押しといった感もあるが,少なくとも現在公開されている「日本語環境で遊べる新作オンラインゲーム」の中では,大作と呼ぶにもっともふさわしいタイトルだろう。





グラフィックスを含めたアルボレアの壮大な世界は,実は見かけより低スペック

 大作大作と連呼しているが,では一体TERAは,具体的にどこが凄いのか。今の段階でまず知っておいてもらいたいのは,「グラフィックスをはじめとした世界観全体」,そして「フリーターゲティング」の2点である。

 TERAの世界は“アルボレア”という名前で,紆余曲折の末に神々に見棄てられてしまったという,壮絶な経緯がある。一般的なファンタジー世界における“美しさ”に加え,TERAでは“危うさ,儚さ”といったものが入り混じっており,その異質さはスクリーンショットを見れば一目瞭然。グラフィックスそのもののクオリティも見てのとおり高く,普通にキャラクターを動かしているだけでも,とても幻想的な体験ができるだろう。

 そして,ここは誤解している人が多いのだが,実は見た目から受ける印象の割には,必要とするスペックが高くない。今回の取材で用いたマシンは,CPUがCore i7 860/2.80GHz,GPUがGeForce GTX 295という,「現時点で最高レベルのPCである」とまではいえないものの,かなりのスペックだったので快適だったが,実際にはもうちょっと低いスペックのマシンでも十二分に満足に動くとのことだ。詳しい必要/推奨スペックは後日発表されるはずだが,とりあえず今は,「TERAはブルジョア専用のMMO“ではない”」(らしい),という点を覚えておいてほしい。


風景やキャラクターを始め,世界を構築するグラフィックスのパーツそれぞれのクオリティが極めて高い。特に今回の取材時は,遠景を眺めるときに思わず手が止まることが多かった


マイキャラは,アルボレアを救う勇士として立ち上がり,世界各地を旅していく。フリーターゲティングはともあれ,この世界を満喫するというだけでも数多くの見どころがあるだろう



七つのプレイアブル種族は,王道ファンタジーから可愛い系までまんべんなくカバー。職業に関しては,近接戦闘タイプが多いのが特徴だ。もちろん,各職業の住み分けはきっちりとできている



フリーターゲティングによる究極のバトル

 TERAのもう一つの大きな魅力として挙げた“フリーターゲティング”は,オンラインゲーム史上かつてない,意欲的なシステムである。

 現在のMMORPGで主流のバトルシステムは,あらかじめマウスなどで相手を選択してから,攻撃やスキルなどを繰り出していく,いわゆる“ターゲット式”である。一方,TERAの基本攻撃は,ターゲティングせずにマウスカーソルがある場所を逐次狙う,“ノンターゲット式”だ。一般的にノンターゲット式は緻密な操作が求められ,より密度の濃いバトルが満喫できるのが特徴である。

 おそらく我々日本人ゲーマーの多くは“某狩りゲー”を思い浮かべて,「それって当たり前の事じゃないの?」と思うかもしれない。しかしTERAの凄いところは,そのバトルを“MMORPG上で”実現していることだ。一度に数十名,ときには100名を超すプレイヤーキャラクターが入り乱れる中,ノンターゲット式のバトルを満喫できるタイトルは,このTERAを置いて,ほかにない。

 かつてBluehole Studioは,韓国でTERAのβテストを行ったとき,「ノンターゲット部分の完成度に納得がいかない」という理由で,サービススケジュールを一から仕切り直している。職人としてのこだわりによって培われたノンターゲット式のバトルは,多くのプレイヤーにとって“未知の体験”といえそうだ。

ノンターゲティング式の戦闘は,実際にプレイしてみると,静止画像を見るよりもはるかに大きなインパクトを受ける。この臨場感あふれるバトルをMMO上で実現したことにより,オンラインゲームはさらなる進化を遂げる


ターゲット式の戦闘と比較すると,“距離感”を生かした戦い方が求められる。モンスターの強力な攻撃を“目で見て”避けたりするようなテクニカルなプレイも可能だ

 とはいえ,従来のターゲット式のバトルも一部で採用されているのが,TERAの心憎いところである。たとえば,回復魔法で仲間を直接指定したり,狙ったモンスター(複数)に対して弓矢を一斉に発射といったアクションも可能だ。要するに,ノンターゲット式/ターゲット式のいいとこ取りであり,TERAではこれを“フリーターゲティング”と名付けているのだ。

 またせっかくなので補足しておきたいが,TERAのバトルは決して難しいものではない。機会があってTERAをプレイできた筆者は,そう思う。
 たとえばゲームの序盤は,ノンターゲット要素をまったく意識せず,攻撃ボタンの押しっぱなしによる連続攻撃だけでも戦っていけるし,一部のスキルに関しては,使用後にスペースバーを押すだけでコンボ技が自動で繋がっていく。UIがゲームパッド用にも最適化されているというのも,コンシューマ系のプレイヤーにとっては嬉しいポイントだろう。

 ゲームバランスに関しては,チュートリアルの間はかなり易しめに作られている。新しい概念であるノンターゲティング式のバトルやフリーターゲティングには,そこで少しづつ馴れていけるだろう。そしてレベル12前後でチュートリアルを終えてからは,パーティプレイの選択肢が次第に見えてくる。巨大なモンスターに仲間と共に立ち向かっていくのは,TERAの真骨頂といえそうだ。


RPGの初心者でも遊びやすいようにチューンされているので,ご安心を。ボタンを押しっぱなしにするだけの連続攻撃や,ワンボタンを繰り返し押すだけのお手軽スキルコンボなども用意されている

「フリーターゲティング」+「パーティプレイ」+「対ボスモンスター戦」。この三つが組み合わされたゲームプレイは,もはや未知の体験といってもよい



ユーザーにとって「顔の見える運営」

 少々駆け足になってしまったが,初めてTERAを知る人向けの紹介としては大体こんな所だろうか。最後になるがもう一つ,TERAの運営を行うNHN Japan(ハンゲーム)のスタンスについて軽く触れておきたい。

 コアな読者ならご存知かもしれないが,運営側とユーザーとの間で“すれ違い”が生じてしまっているオンラインゲームは決して珍しくない。たとえば4Gamerの読者レビューなどを眺めても,「素材はいいけど運営がダメ」という評価はよく見かける。その意見が「レビュー」として適切なのかどうかはここでは置いておくが,少なくともユーザーの視点では,運営体制もゲームシステムの一環であるわけだ。そして困ったことに,悪しき風習だと思うのだが,両者はそれを受け入れてしまっているのだ。

 今回TERAの運営チームは,この問題に真正面から取り組んでいる。総合プロデューサーを務める潮田太一氏は,その理由を「運営スタッフとユーザーとの間に距離感がある」ためだと分析。ユーザーの要望に対して言うべきところは言い,そうでない所でもできるだけ理由を明確にするなど,“顔が見える運営”を常に心掛けているという。現在公開されている公式blogやLIVE SHOWなどを通じて,そのスタンスは既に表明され始めている。
 正式サービスが始まるよりも前に,こういった部分を尊重し,実行するタイトルというのは非常に珍しい。TERAという一本のタイトルのみならず,オンラインゲーム業界全体のためにも,こういった活動は応援したいと思う。




何気なく並べているスクリーンショットの数々は,最新の日本語バージョンで撮影したものである。今回はゲームの全体像をざっくりと紹介するに留めているが,実は画面内には多くの情報が散りばめられているので,興味のある人は目を凝らして見てほしい!

 というわけで,NHN Japanの「TERA」は,ゲーム内外で数多くの見どころがあるタイトルである。本稿を皮切りに,4Gamerではこれから,TERAの魅力をあらん限りの手段で伝えていく予定なのでお楽しみに!


TERA RMT

ファンタジーMMORPG「KAROS Online」,クローズドβテスターの募集を本日17:00より開始。4Gamer読者枠は先着3000名分を用意 

2011年03月26日(土) 11時43分
オー・ジーエンターテインメントは,同社がサービスを予定しているファンタジーMMORPG「KAROS Online」のクローズドβテスター募集を本日(2011年3月25日)17:00より開始する。今回4Gamer読者枠を3000名分用意してもらったので,参加希望者は時間になったら奮って応募してほしい。この3000名分は“先着順”となっている。


「KAROS Online」クローズドβテストに4Gmaer読者枠で応募する(2011年3月25日17:00より受付開始)




 「KAROS Online」は,韓国生まれの正統派ファンタジーMMORPG。モンスターを倒してキャラクターを成長させていく“PvE要素”に加え,“攻城戦”“ギルドシステム”“成長するペット”“乗用動物”“釣り”“委託販売”など,MMORPGで必要とされる要素をしっかりと備えた作品となっている。

 テスター募集期間は,2011年3月25日17:00から4月7日23:59まで。クローズドβテスト実施は4月9日から4月11日までの予定となっている。クローズドβテスト中にはさまざまなキャンペーン(関連記事)も行われるので,参加者はそちらもの情報もチェックしておくとよさそうだ。


rmtyy

KAROS RMT
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rmtyy@foxmail.com
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる