恒川がグレート・デーン

September 04 [Sun], 2016, 22:11
「これを食べると毛が生えてくる」といわれる食べ物には、海藻は良いといわれています。毛髪のタンパク源となる大豆、色素などの元となる緑黄色野菜、その他、いろいろな食物が挙げられてきました。青魚、唐辛子も育毛に毛を増やす食べ物といわれています。あくまでも食材なので、集中的に摂るものではなく、これらの食材を取り入れた、バランスの良い食生活を心がけて注意を払っていきましょう。栄養の偏りは、かえって抜け毛を増加を招いてしまいます。
丈夫な髪を手に入れるためには、頭をマッサージしてみるといいかもしれません。マッサージによって、血の巡りがスムーズになれば、髪が育つために必要な栄養が頭髪全体に行き渡るでしょう。頭皮は繊細なので、爪が伸びていないか確認してから丁寧に指先を使ってマッサージしてみましょう。ガシガシと乱雑に行ってしまうと、逆に良くないので、あらかじめ、注意しておくことが大切です。
ツボは、東洋医学において、度々使用されますが、その中に、発毛を促してくれるという素晴らしいツボもあるのです。頭を揉み込む時に、ツボを刺激してみるのも手と言えます。ただ、ツボを押したところで明日にでも効き目が現れるわけがないのです。髪が元気になるのが、そんなにすぐなら、薄毛の人々の悩みなんてあるはずないです。
健康な髪のために必要な栄養素には亜鉛があります。育毛に必要だからと言って亜鉛の摂取を食事で行おうとしても、体内への吸収が高くないため、それほど容易ではありません。食事で亜鉛を含む食べ物を取り入れることばかりでなく、亜鉛吸収率を下げるような加工食品は、食べないようにしましょう。髪に栄養を行き渡らせるならサプリで亜鉛を摂ることが必要です。
薬を使った育毛を実践する方も増加しています。「育毛効果」があるとして発売されている薬には、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、副作用というリスクはどちらにも付きまといます。費用ばかりに目がいき、医師の処方が必要であるにも関わらず無視し、個人輸入という手を使い、入手すると、届いたものが偽物だったということになる場合も、あるでしょう。
育毛の悩みというと体質や遺伝がまっさきに浮かぶかもしれませんが、実は、栄養不足や偏りが薄毛を招いているという後天的なケースも少なくありません。皮膚が一定の周期で修復されていくように、発毛にもサイクルがあります。その維持に使われる栄養が不足していると、本来備わっている肌や体毛のターンオーバー機能が働きにくい状態となり、生えてくる毛より抜け毛のほうが多くなってしまいます。一週間単位で見てみるとわかりやすいと思いますが、外食の割合が多かったり、惣菜や弁当などを買ってきて食べる中食の方、スナック菓子ばかり食べたり、バランスの良い副菜をとらずにレトルト食品だけしかとらない方も要注意。食生活を見なおして、改めていくほうが良いでしょう。地肌と髪の健康のために、栄養バランスの良い食事をとっていきましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽太
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる