妊婦の方の中でも葉酸を普段の食生活で葉酸

February 26 [Fri], 2016, 7:50
妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居るのではないでしょうか。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられないのです。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。

妊娠をきっかけに産婦人科等で行なわれる栄養指導をうける方や、地域が主催する、母親学級をうけに行った方は多いと思います。


このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。一般的に、葉酸を多くふくむ代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、摂取するようにした方がいいでしょう。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊娠を要望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿、汗と伴に体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。



ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。
サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された分量と用法を守って下さい。
ナカナカ妊娠できないという人は、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。たかが体温と思うかもしれないのですが、基礎体温表をつけると、体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。



基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。

運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意点もあるので、それに従って毎日続けるのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ヨガをおこなう事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。



すると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスが改善していくという所以です。
妊活ヨガの動画はインターネットでも紹介されています。


思い立った時にはすぐにはじめることが出来ますよね。

軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、身体のケアと伴に、こころの安定を図ってくれますので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rmrocreontalhe/index1_0.rdf