成田の川嶋

April 15 [Sat], 2017, 9:52
さて、不動産の売却を考えたら、良い不動産屋に依頼したいですよね。そんなとき重要となるのは、自分が売りたい物件に長けている不動産屋かどうかです。マンションや一戸建てなど不動産屋によって得意分野が違うため、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが肝心です。そして、例えば全日本不動産協会といった団体への加入の有無も、任せても心配ない業者かどうかの参考になるでしょう。巨額の取り引きともなりうる不動産売却では、経費もそこそこにかさみます。不動産業者には仲介手数料を支払うでしょうが、それも売却額が高いほどそれに伴って高額になる上、取引で利益が出た場合、譲渡所得税が賦課されることもあるでしょう。取引に用いる関連書類作成に伴う出費や印紙代も必要になります。それから、自分が住んでいる物件の売却ならば、引っ越し費用も念頭に入れておく必要があります。不動産物件を売却しようとする際には、不動産会社と媒介契約を締結しますが、その一種類として、「専任媒介契約」というものがあります。この種類の契約方法は、売りたい物件に関しては、専任媒介契約を交わした業者限定で仲介できるというもので、他の業者を介入させてはいけないのです。でも、契約違反にならないケースもあって、売主が不動産業者の手を借りずに購入希望者を見つけ出し、当事者達が直接話し合って売買が決まったとしても、違約金を請求されたりといったことは起こりません。顔が広い人は、専属専任媒介契約よりも適しているかもしれません。よくある失敗として、仲介業者をいいかげんに選んでしまったせいで、物件の売却が上手くいかなかったという話も多いようです。良心的な仲介業者ばかりではなく、悪徳業者も多数存在するのです。査定の価格が相場に合致していないものだったり、物件を売ろうという意欲がなかったり、不必要なまでに広告をうって、ありえない広告費を請求したりと被害の実例は想像もつかないほど多様化しているのです。悪質な仲介業者を選ばないためには、一括査定サイトを利用するなどして、複数の仲介業者から最新の注意を払って選びましょう。不動産売却の際の名義変更においては、売主はその物件の登記済権利証、それに、印鑑証明書(取得後、3か月を過ぎていないもの)がいるでしょう。滞り無く決済が終わったら、即日、名義変更も手続きするために、法務局に行かなくてはいけないでしょう。不動産物件の名義変更手続きの際は、印鑑証明(なくした場合には登記済権利証の対策費も)の取得費、それにプラスして、登記事項証明書代、登録免許税がかかるでしょう。固定資産税の1000分の4と定められているのが登録免許税なので、覚悟しておきましょう。3000万円以下で不動産物件を売却した時には、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。どうしてかといえば、物件の価格のうちの3000万円は特別控除対象として認められているからになります。また、もし、買い換えで損失が発生した際には、他の所得も含めた上で、損益通算を適用してもらえます。ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを継続して5年を超える年数にわたって所有していた、そして、10年を超える住宅ローンの新規契約をしたというのが条件です。通常、不動産売却には不動産会社を使いますが、人に頼まずに売却するのはできるものなのでしょうか。やればできることではありますが、売買の際に必要な書類の作成や交渉、および事務的な手続き、買主探しなどを一人ですべて行おうとするのはかなり時間と労力がかかります。不動産を売るには専門的な知識が不可欠で、深刻な問題が起こる場合もあるのです。仲介手数料によって時間と労力を節約し、問題を回避するためだと割り切って、信頼できるような不動産会社を利用するのが得策でしょう。文字通りですが不動産物件は売るのが難しく、コスト面でも売却時に色々な出費が発生します。例を挙げるとすれば、仲介業者に対して必要な仲介手数料、司法書士に不動産登記関連の各種書類を作成してもらうのでその報酬、さらに、譲渡税、住宅ローンを完済していない物件ならば繰り上げ返済費用もです。仲介業者をどこにしようかという時に、少しでも小額の仲介手数料にできれば経費削減の一助となるでしょう。不動産売却で利益を得た人は、譲渡所得税が課税されるケースがあります。不動産の所有期間が5年を超える長期だった場合、譲渡所得税は所得税と住民税がそれぞれ15%と5%の割合で計算されます。5年以下の所有期間だったのなら倍の税率で課せられます。いつ納付するかというのは、所得税が売却をした翌年の2月16日から3月15日までの間に一括納付、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。内覧客が物件に良い印象を持つには明るく清潔に、そして、少しでも広く見せるようにしてください。時間に関係なく、明かりを全て灯すようにして、きちんと清掃を行い、狭いという印象を与えないようにして、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。やっておいた方がいいのは、水場の水滴を拭いて磨き上げておくことですね。こういったことに注意すれば、グッと印象が違います。アラ探しをされるという覚悟で不動産物件のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翔大
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる