教師と庭師

July 20 [Fri], 2012, 20:43
今日は沢山携帯テキストがきました。
学期が終わる頃になると皆ほっとするのか、それがまた普段の悩みを思い出させるきっかけともなるのか、やはり就職のこと。
ミドルスボロー成人学校の新しい条件は9月に16人の入学者がなければキャンセルとなるとのこと。
キャッ今までは12人だったこれはカレッジ、大学、成人学校が全く同じ話しだけど、生徒の人数により突然今年はこないでいいよになる。
小中高はそんなことないと思っていたが、今も勤めている高校でも経費の関係で何パーセントの先生方に辞めていただくことになりますからと回覧が回っていた。
2、3年前まではアレほど教育教育と叫んでいた政府の声がそういえば最近聞こえないね最高学位も経験豊かな先生も生徒の人数が集まらないとすぐ首となる地域。
ロンドンでも45人というのに、この田舎で何が16人気が狂ってるお金さえ入れば箱詰め教室でもいいと言うのか。
学科でも50人も100人もできる講義もあるが、成人学校の科目はその場でできるようになることを期待するので多くても1012人が理想。
一般校と比べると設備も悪いのに国がやたらと調査をしたがる。
その割には条件が悪すぎる。
最近体調悪くて市役所に庭師を紹介してもらったら、芝生を刈るだけでも30分8ポンド。
1時間16ポンドとは驚愕。
おまけに私より下手でのろいっわざとゆっくりしているようにも見える。
学校では1時間の授業に何時間もの準備を要することも少なくない、そのために他の仕事が取れないこともあった。
それなのに下準備がいらない草刈仕事のほうが条件がいい、税金も引かれない。
手足の健康に恵まれていたら自分がやりたい。
地元の大学院卒業生達にも3年も仕事がなくて、彼等は今年からセキュリテーの仕事を見つけると言っていたやった学問とは無関係だけど。
デパートや会社などで人がいない夜中に見張る仕事だ。
大事な仕事なのにこれも最低賃金。
自分の故郷にいればお金はなくても楽しいことはある。
都会に出れば資格を使える仕事があるかもしれない、でも人との関わりはどうかな。
右に行って左に行ってもどこかで自分はこれでいいんだと割り切る勇気がいるようだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rmn6a4e7jq
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rmn6a4e7jq/index1_0.rdf