RMM本田式で強迫性障害 完治は可能?

December 04 [Fri], 2015, 5:35


症状に対する周囲の理解を得ることができず、仕事でもプライベートでも肩身の狭い思いをしていたとしても、
強迫観念に対する恐怖が段々と消えていき、自分の内側から自分が変わっていくのが実感できる方法がこちら



人によって強迫性障害からどのような症状が出るのかはバラバラです。潔癖症のように皮がむけそうになるほど手を洗わなければ気が済まない人もいます。
外出するとすぐにガスの元栓を閉めたか、家のカギを閉めたのか何度も気になってしまい、おちおち出かけられなくなってしまう人もいます。

時には激しい動機に襲われたり意識を失いかけるほどの眩暈に悩まされることもあり、夜に目が覚めたらそれからずっと寝付けなくなることもしばしばです。
最終的にはうつ病などのはっきりとした精神疾患へと発展してしまう危険があるように、放っておいてよい病気ではありません


強迫性障害を改善するためには、気にならないように心を落ち着かせるとか、意識しないように努力するとか、そんな表面的なやり方は無意味です。逆に火に油を注ぐことになりかねません。
あなたが本当にやらなけれないけないことは「忘れる」ことです。強迫性障害なんかに苦しんでいることそのものを忘れることが、症状を克服するカギを握っています。

強迫性障害がなぜ起きてしまうのか?その原因を知り、症状悪化のプロセスを断ち切ることで↓のような結果を手に入れることができますよ。



重くのしかかっていたものが、スッと消える

緊張する場面でも平常心でいられる

薬との縁を断ち切ることができる

苦しんだり悩んだりすることがなくなる


本田雅人さんのRMM本田式強迫性障害改善プログラムは、現在の症状の重さとか発症歴とかに関係なく、強迫性障害にまつわる様々な悩みを解決してくれます。
基本的に1日20分程度の簡単な内容を実践していくだけで、遅くとも3か月くらいで、今よりもずっと生活しやすくなっているのが実感できるはずです。

強迫性障害の正体について、簡単に言ってしまうと実はしゃっくりや失恋に近いものがあります。しゃっくりなんかと同じ扱いを受けるほど甘っちょろい問題ではありませんが、メカニズムがよく似ています。
しゃっくりは「ヒック!」と声が漏れている間は、いずれにしても何をしてもしゃっくりが止まらないですよね。息を止めようが水を飲もうがひたすらしゃっくりを繰り返します。


けれども気が付いたころには「ヒック!」が収まっているはずです。意識して治そうとしているうちはなかなか治らないけれど、忘れて思い出した途端、うそみたいに治ってしまっているわけです。
失恋だって同じようなものですよね。振られた直後は心をえぐるような痛みがあり、時には泣けてくることだってあるものの、それも時間の問題です。

相手のことを考えない時間が長くなればなるほど、心の傷が癒えていきます。要は「忘れる」ことによって、あなたにとって不都合な認識はどんどん取り除かれているわけです。
本田雅人さんのRMM本田式強迫性障害改善プログラムでも、あなたが抱えている間違った認識を取り除いて、強迫性障害の克服を目指していきます。



私たちの潜在意識の中では「こうしたら○○しなければいけない。」というプログラムが無数に存在しているのですが、その中に強迫性障害を生み出すプログラムも含まれているというわけです。
このプログラムをなくすためには、忘れることが一番です。そんなプログラムがあったんだっていうことを、後から思い出すくらい記憶からなくすことで、症状は一気に改善されていきます。

病院の治療は結果的に、強迫性障害に真正面から取り組むことを余儀なくされるわけですが、しゃっくり問題と同じように、頑張れば頑張るほど認識が強くなるだけです。
あなたがやらなければいけないことはとにかく認識を薄めることです。1日20分かけてゆっくり認識を薄めていけば、その後に再発の心配がなくなるレベルまで症状を克服することができますよ。

→ゾッとするような毎日からあなたを救ってくれる本田雅人さんの本田式リカバリーマインドメソッドで強迫性障害に陥りやすい5つの性格とは??


ファンキー末吉の中国語講座 口コミ評価
ソフトボール上達革命 佐藤理恵 DVD 2chレビューは?

RMM本田式と強迫性障害ブログ@加害恐怖で無視や車

December 04 [Fri], 2015, 5:22


強迫性障害はうつ病やパニック障害と同じように精神疾患とみなされるようになり、病院で様々な治療を受けられるようになりました。
主に心療内科でカウンセリングを受けたり症状が出た時の薬を処方してもらうことになりますが、治療期間は長期にわたってしまうケースがほとんど

「時間をかけてゆっくり治療に取り組んでいきましょう。」とアドバイスを受けることも珍しくはありませんが、だからと言って薬の服用を続けるのは考えモノです。
薬には副作用はつきものです。症状を一時的に抑えても、その根本的な要因を解消できていなければ、何度だって再発するだけです


強迫性障害を招いている本当の原因はあなたの意識の問題です。潜在意識の中に刷り込まれている間違った認識が、やりたくもないコトに執着せざるを得ない衝動を生み出しています。
認識を書き換えるのは、一般的には簡単なことではありません。例えば、高所恐怖症の人が「高いところは怖くない!」と念じたところで、認識が変わる可能性は1%もありません

正しい認識を持つためにはそれなりの時間と労力が必要になってしまうのですが、ちょっとした裏ワザを使うことで時間・労力ともに大幅に削減できます。
心や体に大きな負担をかけなくても、気が付いたころには認識が変わり始めたことが実感でき、気になっていたことを簡単に無視できるようになります。



本田雅人さんのRMM本田式強迫性障害改善プログラムでは早い人だとすぐに効果を実感できるものの、それはどちらかというとかなりまれな方です。
今まで嫌いだったものを突然好きになれと言われたって無理なように、認識を一瞬にして変えるなんてほぼ不可能だからです。よほど大きな刺激を加えなければ無理です。


大きな刺激を与えなくたって別に、心の認識を変える方法はあります。本田雅人さんのRMM本田式強迫性障害改善プログラムにある通り認識を徐々に薄めて書き換えることは可能です。
作業自体は1日20分程度もあれば十分なので、続けにくいと感じることはまずありません。寝る前の習慣として続けるようにできればそれでOKです。

最初のうちは、こんなことで本当に症状克服できるのかと不安を感じるかもしれませんが、そのくらいが実は強迫性障害克服にはちょうど良いわけです。
あなたも自分の心とつかず離れずの距離を保ちながら、徐々に認識を書き換えていくことによって下のような悩みをたちどころに解消していくことができますよ。



ある特定の数字や回数にひどく恐怖や不安を感じる

自分の強迫性障害にどうすることもできない

雷が鳴れば自分に落ちてこないかと期待してしまう

呼吸がうまくできない


その場しのぎの対策を続けた挙句、煩わしい強迫行為で人生をますますめちゃくちゃにされてしまう前に、
間違った学習の積み重ねをリセットして、生まれ変わったかのような幸福感を手に入れませんか?

煩わしい強迫行為で人生をめちゃくちゃにされるのは今日で終わりにして、周囲の期待以上の活躍ができるようになるにはこちら






詳しくはこちら
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング

PVランキング