ケンコバが衛藤

October 07 [Sat], 2017, 19:55
いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。実際、扱う仕事は同じだと考えていいでしょう。

離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

それに、慰謝料請求時にもきっと役に立つはずです。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、不倫の明らかな証拠を押さえ、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが有効です。一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、後先のことまで考えが及んでいないというのが現実だったりします。
慰謝料を求めることにより、自分たちがしたことを実感させるのです。


 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で買うことができるかといえば、買うことができるのです。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用することが多いです。

でも、これはいかなる人でもネット等で購入できます。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、誰でも当然購入できます。事前に成功報酬と言われていても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとして3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功として扱われてしまいます。
実際には浮気していたとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査は完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうか選択に困りますよね。



まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚してしまうのも一つの案です。実際の浮気調査では、調査員を何人でみておけば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査をすることがよくあります。
浮気をしていることがはっきりとしたら、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。
浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、料金の発生しない無料相談を活用すると安心で良いでしょう。
家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、信頼できるかどうかもわからない会社に個人情報を伝えて調査してもらうのは、やはり無理があります。

そうした心配を解消するために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。探偵に依頼される案件のほとんどは、浮気調査です。



不審な行動があるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠が明白であることが大事ですし、専門のノウハウがある探偵を頼むのが最良の選択だと思います。
しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。
一例をあげると、浮気の素行調査等で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。
とはいえ、単純に探偵の調査が至らず成果が得られないことも考えられるので、候補に上がった探偵業者の評判を契約前に確かめておくことで回避できるでしょう。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することも納得の秘訣だと思います。

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。

浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに性的関係を持つことをいいます。



配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料を求めることができます。先回りして探偵に依頼してパートナーの不倫の証拠を握った上、慰謝料請求を送りつけることで不倫関係を一気に解消させるという手もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雫
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる