葉酸は妊娠しているときには絶対に摂っておきたい栄養素なの

July 07 [Thu], 2016, 15:40

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。







ですが、男性にも出来る妊活があるんです。







それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。







流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、男性に原因がある事もあります。







原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。







質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。







子供ができたときに葉酸をあまり意識して摂取していなかった場合、胎児の健康に影響は出る可能性があります元々、葉酸は普通のごはんでもそこそこ摂取できるのですが、妊娠初期には特に赤ちゃんの脳や神経の形成に大変重要な働きを担う成分として絶対に必要なものなんですね。







ですので、妊娠中に質の良いサプリなどで葉酸を十分に摂取することが大切です。







妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。







十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。







厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。







胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に摂取した方が良いでしょう。







不妊の原因として基礎体温が二層に分かれてない可能性があります。







普通なら月の中で高温期と低温期がはっきりと二層として分かれているはずで、排卵が異常なくされているかどうかをチェックする目安にもなるのです。







基礎体温が綺麗に二層になっていないのは無排卵などの排卵の障害がひそんでいる事も考えられます。







葉酸のチョイスの仕方は胎児への作用を考えるとなるべく添加されたものが減らしてある物を選択することがいいでしょう。







また、どんな場所で作り出されているのか、放射能の検査はされているのかなど製造のやり方にも目を向けて選択しなければなりません。







赤ちゃんを産みたいと思って妊活を始めたその時から葉酸を摂取するようにする事が大切だとされています。







赤ちゃんが出来る前に体の中に十分な量の葉酸が蓄えられている事がお腹の中の胎児の先天性奇形の予防のためにはとても効果的なのです。







当然、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が大事になってきます。







ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。







ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。







ヨガを行う事で自律神経が整い、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。







「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。







軽く運動する事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。







私はただいま妊活中です。







妊娠をするためにいろいろな努力を行っています。







そのために、葉酸サプリというものを飲んでいるのです。







しかし、これだけでなく、毎日早朝に起きて、主人と共にウォーキングも実践しています。







妊活は運動が大切とよくいわれますし、夫婦でウォーキングを行うことが良いコミュニケーションになっていると感じます。







葉酸は妊娠中の初期の頃だけに必要だと思われることも多いですが、決してそうではありません。







中期から後期の間にも胎児の成長を促したり、母子共に悪性貧血から守ったり、妊娠高血圧症候群の予防をしてくれたりなど母子共に必要な役割を行ってくれるのです。







ですので、授乳が終わるまでの間は、続けて葉酸を摂りましょう。







不妊治療そのものに疑念を抱くご夫妻もいるかもしれないのです。







さらに、不妊治療には不安がなかったとしても、不妊治療にかかってしまう費用が負担になって一歩踏み出せなかったり、あきらめざるをえないこともあります。







タイミング治療の場合には、それほどお金がかかりませんが、体外受精を選択すれば、かなりの治療費が不可欠となります。







クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。







不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。







健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、授かることができず、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦ったり悲しかったりでした。







クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤が有効というので試してから、そう時間をおかず妊娠することができました。







薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。







中々妊娠しにくい原因の1つとして体の血行の悪さからくる冷え性の可能性があります。







冷え性を根本的に解消する為に、食事を考えるのが重要になるのではないかと感じます。







体を中心から暖かくする生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、体を冷やす原因となる食品を回避する事も自力で出来る体質を良くする道でしょう。







胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。







ですから妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが適切な摂取方法だと言えます。







では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。







なぜなら通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。







反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。







葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。







葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。







あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。







とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。







サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。







多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。







それは吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。







妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。







そのため過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。







そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気を付けてください。







葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。







ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。







そうした場合、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。







サプリメントは、葉酸の摂取量が管理しやすい為、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には是非試してもらいたいですね。







実は葉酸は厚生労働省が公に、妊娠初期から摂取する事が好ましいと触れている数少ない栄養素のひとつとして言われています。







あなたが、妊娠を希望する女性ならば妊娠前から摂取し始める事でより効果があり胎児の先天性奇形にならないために関係してくるので非常に重要です。







葉酸サプリメントで取ると毎日必要栄養所要量の葉酸が摂り入れが可能です。







葉酸を摂取するのが一番必要なのは受精した直後からです。







ですので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸をとり損ねた。







」と後悔する方も多くいます。







悲しいことにならないように、妊娠を望んでいる方は日ごろの食事でも葉酸を意識した献立にすることを心がけることが大切です。







2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。







できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、くどく言うと怒られそうな気がしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。







1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。







幸い、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。







ベルタの葉酸が入ったサプリを使っています。







葉酸は妊娠しているときには絶対に摂っておきたい栄養素なのです。







健康で、元気な赤ちゃんを産むためにも不安がないものを口にしたいと思います。







そして、いつまでも美しさを保ちたいので、美容効果が期待できる成分がブレンドされているベルタの葉酸サプリメントを選びました。







胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。







葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。







定期的な摂取の結果、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。







1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。







赤ちゃんの健やかな成長を促すために、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に摂取した方が良いでしょう。







P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rmh4c0h/index1_0.rdf