コビトカバとヘッド

July 10 [Sun], 2016, 13:20
高価な育毛剤を購入すれば、役に立つとは限りません。育毛剤以外の方法では、ガムを噛むという単純な方法が、髪にとても効くのです。ガムを噛むだけで、連鎖的にこめかみが激しく活動します。頭を優しくマッサージすることと同じ効果が得られます。また、咀嚼動作は、唾液の分泌を活発にします。この唾液に髪に良い成分が含まれています。多くの唾液が出て、それを飲み込むことによって、「IGF−1」と呼ばれる成分が頭皮にはありますが、この成分が増加します。IGF−1の増加により、毛の生成が活発化します。育毛、育毛と頑張っているのに、産毛だけの効果しか出ないと悶々としている方も大勢いるのです。育毛に効果があることを実行することも重要ですが、健康な髪の毛が育つのを妨害する行為をやめることもより大事なことです。髪が育つのを妨げる悪習はできる限り早期に改めてください。薄毛に、遺伝的なものが認められる家系なら、病院に行くのも適当だと思われます。育毛と聞いて、頭をブラシでトントン叩くのをイメージする人は少なくないでしょう。そういう製品のCMを知らない世代にも意外に浸透しているのは驚きです。育毛剤に付属していたブラシの専用ヘッドでなら効果があるのかもしれませんが、普通に頭皮をブラシで叩くとむしろ薄毛推進になってしまうので、やめてください。頭皮は爪などに負けて荒れるほどデリケートです。叩くような刺激を与えると頭皮にとっては大ダメージにほかならず、角質層が厚くなってフケが増えたり健康な髪が生えなくなったりします。血行促進にはヘッドスパやマッサージが有効ですが、その際は傷をつけないように気をつけましょう。入浴時は特に地肌が柔らかくなっていますので、力をかけないよう、雑にならないよう注意しながら行ってください。髪が抜けない対策と健やかな育毛を心がけたいならば、頭皮の血行促進が何としても必要です。健康な髪の毛が育つために必須の栄養素を頭皮全てに行き渡らせるためには、血液が滞り無く流れていなくてはなりません。頭皮を流れる血液がうまく循環していない状態だと、どんなに薄毛にならない様に気をつけても効果が見られない事が多いでしょう。手始めに血流を改善する事を忘れずに注意しましょう。ワセリンをスタイリングや保湿をする目的で使用することは、有効な育毛方法のひとつといえます。ワセリンは肌への刺激が少なく、赤ちゃんにも使えるほどで高い保湿効果が期待できます。頭皮が乾燥によって痒くなったり、フケが出てしまうことがあれば、ワセリンを少量、気になるところに塗ってみてください。ワセリンはまつ毛の育成に使用されることもあるため、頭髪の育毛に効果が出てくる可能性もあるかもしれません。ひとつ注意しなければならないのは塗りすぎです。塗りすぎると皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、必ず少しずつ塗ってみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rmdashdeootsit/index1_0.rdf