みかぴいのコクワガタ

July 31 [Sun], 2016, 1:42
初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、人事担当者の考え次第で左右される場合もあるかもしれません。



配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。

しかし、色々と事情があって就職し、会社員としてしばらく働きました。

しかし、介護士になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護施設で看護助手として勤めながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。

そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、介護や介護など、様々な場面で求められています。


もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。近年においては、ウェブ上のサービスとして介護士を対象とした転職、求人を扱うサイトなども豊富にあるようですので、そういったところを利用して優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。



よく聞くのは不規則な勤務形態ではないでしょうか。

せっかくのお休みにも簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという事が悩みのタネになっているようです。他にも、介護士が不足している職場においては、休みを取る暇がないケースもあるでしょう。



こうした状態を変えたいのであれば、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。



友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気のために介護士を辞めました。
ですが、身体の調子が治ったら、早めに復職して今も介護士の職についています。

ブランクがあっても、資格を持っていたら比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。



そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。


一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。



とはいっても、介護施設にもよりますし、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。
事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、実行している介護施設がほとんどのようです。

介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか評価することを可能にするため、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。評価を行なうのは、毎月の介護施設や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。ここのところ、介護士は足りていないと言えます。かつて介護士資格を取得したけれど、介護士の職を選択していない人も多いのです。介護士の不足の要因はというと介護士の離職率が高いということが大きいと思います。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。



女性の方が多数を占めている職場ですから、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、ともあれ働き続けていられるということは、勤務時間を調整しやすい介護士という仕事だからこそ、なのかもしれません。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。
免許が必要な専門職である介護士は、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。

転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。
でないと、職場を変えるのは難しくなるでしょう。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。

同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。



正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。
その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。
これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、人の命に関わる責任の重さや心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、あまり良い時給ではないのかもしれません。介護士の仕事を選択する、重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。
働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、多くもらえていることがわかると思います。ただし、そうやって高いお金をもらって働くということは、自分の腕を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。



日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。



実際には職場によって違っています。


中でも3交代勤務の職場においては、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日や出勤日が変則的なことも珍しくありません。

むしろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。

介護士の資格を取得するには広く知られているとは思いますが、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。
対する看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習をすることに重きを置いているので実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。一般的に、介護士という職業は高収入だというイメージが強いです。介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると高収入を続けやすいことが介護士の特徴だと言えるでしょう。また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。
転職の際には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をいかに書くかです。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去の経験を生かせそうだからというような、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。
そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。


こういった勤務形態ですから、睡眠時間をうまく調整できない場合は充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。

やり甲斐という観点から見てみますと、介護士の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。
なかなかきつい仕事であることは確かですし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、介護現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。それらを承知の上でなお、介護士になろうと選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。今以上に自分の介護士としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったシンプルな仕事でもないため、実地に経験していくしかない、ということです。

そうした中、「介護士としてもっと上を目指したい」という理由で転職を考え始める人もいるようです。


様々な技能が必要になる、さらに高度な介護の現場に行って働くことにより、自分の介護士スキルの質を上げていこうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。
介護施設の統廃合続きにより、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士が大変な激務の状態にあるということです。
徐々に男性介護士も増加していますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は納得できる話でしょう。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを多くの中から選べるのが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。
ですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職してみても良いのではないでしょうか。24時間交代の勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、介護施設に勤務する介護士があります。

職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの介護士が必要になるので、経験を積む上でも確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。個人的な話ですが、妻も子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。

患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。
メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、介護施設に適したナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。

ノーメイクとも違いますから、雰囲気が良くなるでしょう。

介護士は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、常に神経を使うことになりますし、そのために大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。
ストレスを和らげ、自らをケアする手段を持っているということは大きな利点であり、この先も長く続けたい場合は重要視した方が良いようです。たいていの場合、介護士の人間関係は良くないなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。
職場がそんな人間関係ばかりだとあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。介護士の資格のある人は法律では、医師の診療を補助する役割と定められています。



介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、急変時や、緊急事態には、キャリアのある介護士にはそれなりの介護行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。

思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに心を動かされたのが契機となりました。



将来的にはこんな風に働きたいと考えたことが端緒となりそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。


辛くなってしまうようなことだってあるのですが、おおむね満足した日々を過ごしています。多くの介護施設で介護士不足が叫ばれていますが、これは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。原因としては、仕事に追われる介護士の厳しい労働環境があります。近年、介護士の介護行為が解禁されたことで介護士一人にかかる仕事量が増加し、労働時間が長くなり、休みを取るのも困難なのです。

また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に介護士の職を離れる人も珍しくないのです。

介護士の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は介護士の代表的な仕事ではないでしょうか。

注射されるのが好き、なんていうタイプは少数派でしょうが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないように打ってもらいたいと思うのが普通です。
とは言うものの、介護士の技術によっては介護士によって上手い下手があるのは当然で、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。この辺りは運としか言いようがありませんね。結婚相手として介護士は人気が高いと思うのですが、意外と未婚の人が多いようですね。調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が分かりました。挙げられる理由としては日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、キャリアアップを最優先に考えるため、結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アオト
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rm0coeic7ohnpi/index1_0.rdf