しつけ教材

October 22 [Sat], 2016, 2:09
しつけ教材のようなものは「吠える頻度が高い犬をどうおとなしくさせるか」ということばかりを強調しているようです。本来は、吠えるその原因が解消されない場合、成功しません。
チワワにも、しつけをすることが大事です。例えば、チワワは可能な限り過保護にすることも大事なのです。愛情をもってなでたり、思いの限り可愛がると良いでしょう。
トイレをする時に悪影響を及ぼす病気などかかっていないか、獣医と一緒にケアすることが大事でしょう。健全な育成をすることは犬のしつけを行う最も大切な点でしょう。
人とチワワとが生活を共にしていくためにこそ、社会性のようなものを教えなければいけないと考えます。つまり、子犬の早い時期からしつけるようにしないと駄目だと思います。
飼い犬のしつけに悩んでいる人は、しつけ対策をなるべく把握したうえで、柴犬などの独自の性質をきちんと認識することが重要でしょう。
私も以前は、しつけのコツがわからなくて吠える、あるいは噛む行動に悩んだ経験があります。本来ならばかわいい犬だというのに、私を対象に吠える、噛みつく、辛いし、悲しくなったものです。
まず吠える犬をしつけるようなときは吠えたくなる犬の本質をきちんと理解した状況で、取り掛かるようにしないと駄目です。しつけを上手く行う重要な姿勢です。
もしも、叱ったりせずにしつけたいと考えたために、おとなしくさせるためにラブラドールを持ち上げたり、撫でるなどしてはいけないようです。それに慣れると「飛びついたら注意をひける」と思い違いをするからなのです。
弱気な犬は、結果としてしばしば無駄吠えするようになるらしいです。このように吠えるのは、身近な危険への予測反応であったり、恐れに対する混乱によるものと言われています。
犬が噛む背景は、大半はしつけで威嚇したり、奔放にさせたことによる上下の関係の逆転が根元です。振り返ってみると、甘噛みしていたのをそのままにしていたということはありませんか?
成長したラブラドールのような犬は吸収が早く、しつけや訓練方法如何によっては、かなりの潜在能力を持った、賢いペットだと思われます。
とりたててしつけが肝心なのは、飛びつきかもしれません。場合によって、いきなりラブラドールが誰かに飛びつき、その勢いのまま噛みつくなどして、傷つけてしまうことになってしまっては困ります。
子犬の頃から上下関係の仕組みを理解するよう、しつけをしていくと、トイプードルは自分を支配する飼い主の命令をキッチリと守る、という状況へと発展するでしょう。
子犬期に適切に過ごさなかったことから、トラブル行動をしてしまう犬も、しつけ訓練をしていくことで、いつか様々な問題行動がなおるようです。
あなたの小犬が噛むという時は、「噛むことは良くない」というしつけを行うチャンスなんです。噛まないと、「噛んじゃいけない」というのをしつけることは無理でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タセイ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rlzk4ibo7m7/index1_0.rdf