プロトプテルス・アネクテンスと岩野

June 12 [Sun], 2016, 13:58
ITの発達した現在では、いろいろな事がネット上でできるようになりました。結婚相手を探す場合は、インターネットの結婚相談所で探すことができます。それと、ひと時の恋の相手を見つけたい場合は、いわゆる「出会い系」があります。また、メッセージや写真を送るには電話やファクスではなく、Eメールが使われています。しかし、便利に使える反面、色々な困った事も起きています。出会い系サイトから浮気に発展したり、匿名顔出しをしない気安さから、本人の経歴を詐称する輩も多いのです。
完全に日本社会に定着したネット環境で、容易に調べられない事は自分以外の人々のリアルタイムの行動だと思います。ツイッターをやっている人の場合、所在や今思っている事を発表している人々もいらっしゃいますが、必要以外の事については触れていないと思います。本人にとって不利な事まで信憑性のある調査を実施してくれるのが、探偵社です。
興信所・探偵社・探偵事務所などで扱う主要な調査は、浮気・不倫調査だそうです。モラルセンスの欠如によって浮気という行為に憧れを抱く層ができたのが原因ですが、携帯電話を1人1台もつようになった事でいつでもどこでも外部と連絡が取れるようになった事が考えられます。これまでは妻がご主人の浮気について相談をする事がほとんどでしたが、このごろは夫が妻について調査依頼するケースも増えています。これは女性の潜在意識を刺激する出会い系の影響でしょう。出会い系で何通もメールをもらう事で舞い上がってしまう女性も多いと聞きます。
現在の日本では、問題解決の為に探偵を使ってみたいという考えが増加していますが、頼む前に最初から敬遠してしまう傾向があるようです。それは、探偵という仕事について全く知らないからだと思います。人は何かを買ったり体験したりすると、知り合いに話したくなりますよね。もし、探偵事務所のお世話になったとしても、他人には詳しい事は言わないのではないでしょうか。それ以前に、一生利用しないで過ごす人もいるでしょう。だから本当の真摯に調査する姿が伝わらず、悪い事にも手を出す、という印象を持たれているのです。
結婚直前になってどうしても相手の気になる部分があって調査に踏み切る人がいます。昔ながらの見合い結婚や恋愛結婚は、ある意味安全な出会いだったと思います。ただし、これからの主流となるWeb上のプロフィールを見て結婚相手を選ぶ方法の場合、昔の事まではお互いにわかっていないのが実情です。従って、勝手に都合の良い経歴をつくる事もできてしまいます。このような不誠実な行為を明らかにするのが探偵社や興信所です。高卒なのに大卒と偽ったり、最悪なのは結婚しているのに独身と偽っている者もいます。これらの調査はまず住民票や戸籍謄本を調べる事から始めます。続いて、通勤先、立ち寄り先等を尾行して調査します。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rlyindknev4lea/index1_0.rdf