川瀬で武田祐介

January 12 [Thu], 2017, 6:52
下痢はいついつ見つかるか思い付かおっかないものです。前もって調整なども出来ない結果、ときによっては大災いを招いてしまう事もあります。

私は汽車で勤め先に連日通っているのですが、交替はありませんが2タイミングほど乗っていらっしゃる。あんなある日満杯汽車の中で押し潰れみたいになりながら控えるってやにわに便意を超えた便意が襲ってきました。一瞬で下痢だと判断した私はストレスを加えないように、ひたすら動かず便意が減るのを待ち受けました。便意は定期的に何回か襲ってしまう。死角は駄目が1回目の便意をやり過ごした私は次の便意が欠ける事を祈るしかありません。但し汽車のバイブレーションや満杯汽車のストレスからすぐに第二後腹痛が私を襲いました。そこで自分の揉み上げをやけに引っ張り疼痛をバランスして腹痛のトレンドを乗り切るケースにしました。疼痛のバランスは下痢による腹痛に効果があります。
もっぱら疼痛をやり過ごし最寄りのターミナルに着きました。なので私はのほほんと駆け抜け出しました。
下痢を我慢しているのだから走って便所に走り込む事が良いと想う方も多いと思いますが、ここで焦ってしまうとなにかの内に爆発してしまう可能性があります。

ゴールが目前の中こそ平常心で悠然と便所に向かう事が肝要だ。ついに行き先です便所に着く事が出来ました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Issou
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる