チャート分析のみでの“株式投機”

March 06 [Thu], 2014, 19:15

見たことは多いチャート分析のみでの“株式投機”を行う場合は、売買の機会が勝敗を分けるのですが、普通はこの機会を掴むというのは非常に難儀なことです。
よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)という仕組み。取得して後の定められた期間(30日未満)に解約したい場合、実は手数料に罰金が課せられることになる。
【株式】「投機」⇒取引する会社などがどのような業務内容・経営状況なのかなどとはまったくもって無関係の取引で、単純に売買を繰り返すことによりキャピタル・ゲイン(capital gain)という売買利益だけが目的の株式投資の手法です。
意外かもしれないが、金融商品に関係する取引業務(融資など)の全てが金融商品取引法(昭和23年4月13日法律第25号)の定めに則って、制限されているのではなく、最たる例は通貨の売買に係る取引(両替業務)についてということなら金融商品取引業の登録は要求されない。
覚えておこう、外貨両替とは、例えば海外へ旅行にいくとき、その他手元に外貨がなければいけない企業や人が活用するのだ。しかし日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。

コンビニエンスストアでアルバイト
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rltea9o
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rltea9o/index1_0.rdf