むらむらで王子

May 16 [Mon], 2016, 0:29
一般的に、介護福祉士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、絶対に夜勤が必要になる職業です。

具体的な勤務時間でいうと、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。

一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、一方の3交代勤務では時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。

就職先として考えている病院がどういった交代勤務を採用しているのか調べておきましょう。

介護福祉士には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。

ここで気を付けたいことは、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働いていた頃に比べて給料が少なくなってしまう事が多いようです。

将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。

こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている介護福祉士はそこそこいます。

働く介護福祉士が不足している病院などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。

勤務している今の職場で給料が相場より遥かに安かったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。

もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。

年々志望者の増える介護福祉士ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。

それから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護福祉士という肩書きを得ます。

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、たやすい部類に入るのではないでしょうか。

そして、介護福祉士を育てる専門機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。

一昔も二昔も前の話になりますが、介護福祉士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、介護福祉士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入ることを、知らない人はあまりいないはずです。

イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。

介護福祉士の給料と言えば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。

今更言わずと知れたことではありますが、給料の高い専門職だということです。

介護福祉士というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして厳しい労働環境であることなどが影響して他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実は介護福祉士の資格というものは、それ以外の職場にとっても実際に役立つことがよくあります。

例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。

介護福祉士とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれている通り、世間一般では好印象を持つ人が大半でしょう。

ただ、介護福祉士の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、実際は夜勤や長時間残業をしている介護福祉士がたくさんいます。

プラス面だけに着目せずに、介護福祉士の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。

何かと業務が多い介護福祉士ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。

入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、そこで働く介護福祉士も24時間不在の時間があってはなりません。

なので、業務は日勤と夜勤という形に交代で勤務することになっています。

こうした交代制の勤務では、生活リズムを上手にコントロールできなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。

笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、異性から好かれる要素の多い介護福祉士でも、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。

介護福祉士がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が判明しました。

結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、地位を上げるために結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。

止まらない少子高齢化の影響。

病院などの医療の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。

したがって、今でさえ足りていない介護福祉士ですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。

年ごとに多数の介護福祉士が新たに生まれているのにもかかわらず、なぜ介護福祉士がそんなに足りていないのでしょう。

それには働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rlsdexc5tetber/index1_0.rdf