関係の深い通貨

October 09 [Wed], 2013, 21:55
そういえば最近こんなことをよく聞くのですが
私たち日本人にとっては、ドルは円の次に関係の深い通貨です。対ドルの円相場を新聞やテレビで見ない日はないですね。また、海外旅行、特にハワイなどのドル圏に行く場合などは、対ドルレートは大変気になるものです。他にも、様々な場面で対ドルのレートは気になりますね。
私たち日本人にとっては、ドルは円の次に関係の深い通貨です。例えば、1ドルが100円以下になった時は、明確な円高です。円高の際には、日経平均株価は急落することが多いです。逆に円安になれば日経平均株価は上昇します。他にも、様々な場面で対ドルのレートは気になりますね。バブル崩壊後の学歴社会の終焉。後にやって来たゆとり教育と、その撤回。日本の社会全体が、教育に対して迷い始めています。親も教師も、以前ほど子供に「勉強しろ」とは言わなくなりましたよね。それなのに、幼児に対する英語教育は過熱の一途。教材もさまざまなものが出回っています。
幼児の英語教育に教材は欠かせないものとなっています。その理由は、ほとんどの親が英語力に欠けているからです。今の親世代は中学校から文法主体の、役に立たないとすら言われる英語を学んできました。幼い頃から英語に触れさせることの効能を、せめて我が子には…という思いが働いているのだと思います。情操教育の一環であること。幼児の英語教育はまさにそれ。英語そのものを覚えるよりも、英語教材を通して何かを学ばせることが目的です。
幼児向け英語教材を選ぶポイントは「続けられるか」と「得るものがあるか」の2つ。シェイプアップ器具や化粧品などと一緒ですね。どんなに効き目のある素晴らしい物でも続けるのが苦痛ならば意味がありませんし、そもそも効果がないのなら買う必要がありません。
ってそんな事の知ってましたか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rlnfy
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rlnfy/index1_0.rdf