初心者ながら・・・ 

May 05 [Mon], 2008, 22:18
チクチクチクと




部屋の模様替え!?にいそしんでます。


とりあえずクッションを秋色にと
初心者ながら、チクチク



下手なりに完成すると達成感があり
とっても嬉しくなります



やっぱり自分の手作りが部屋にあると
とっても嬉しい気持ちになっちゃいます♪




今回もクッションと


もう一つハートのはガラガラです
友達に女の子が産まれたから、せっせと製作中!!



今回はハートの形に鈴を入れてみました☆




後は、何を作ろうか考え中



こうやって考えたりするのも何だか楽しくて



相変わらずいい気分転換になってます♪

総会&打ち上げ 

February 15 [Fri], 2008, 10:00
本日、真澄鏡の総会が行われました。
主な議題は、
「団の名称」「練習日」「Web活用」などでした。

団の名称は
女声コーラス「真澄鏡」

現行どおりとなりました。
私も「真澄鏡」と見出しに書いてある合唱コンクールの記事を見て
漢字のままが良いかなと思いました。
読み間違えされないくらい、名前を有名にしていきましょう!

練習日も基本現行のままとなりました。
ただし、合同練習は3時間(土曜の時は17:00〜20:00、日曜の時は9:30〜12:30)。
特に日曜の朝の場合は、時間厳守で行いましょう。

Web活用は、ブログを携帯から見れるようにとの声を頂きましたので、
移転先を見つけていきたいと思います。
メーリングリストも登録をしていきたいと思います。
私の仕事の忙しさにもよりますが、
できれば今週中に移転先を見つけれたらなと思っています。

打ち上げでは、それぞれがコンクールの感想を話していきました。
みなさんの真澄鏡への思いが聞けました。
料理もおいしかったし。

ということで、次の練習日からは3月のレディースコンサートに向けての練習です。
まだまだと思っていても、すぐにやってきます。
「当日の練習になって、全員が揃う」という状況を今回こそは作らないようにしたいものです。
また楽しい舞台にしていきましょう!!

頑張るママへのご褒美は・・・♥ 

February 07 [Thu], 2008, 22:33
今日は秋晴れ!気持ちいい〜ヾ(@^∇^@)ノ



そろそろ、衣替えをしようと思っている私です!さすがに半袖、寒いよね(:.o゚з゚o:.).:∵





秋と言えば行楽シーズン♪



うちのナナの幼稚園も、昨日はお芋堀遠足でした!



お天気も良く、最高の遠足日和★




体操着を着て・リュックを背負って・お弁当持って・長靴履いて・・・
子供って、可愛いネ! 
さあさぁ!楽しんでおいで〜♪





9時20分、予定通りの出発。



そしてこの後、年長組の保護者だけが園に残り、3月に行われる『謝恩会』の役員選出会議・・・。
・・・じつはワタクシ、娘のクラスのクラス代表をやっています。
もちろん、自分から進んで!!・・・なんてワケはなく、ほぼ強制的に(=´▽`)ゞ
で、一通りの説明を終え『やってくれる人〜』と聞いてみたところ・・・

ソウル 24 一番敬愛されていたのは? 

January 21 [Mon], 2008, 11:01
昔、韓国で一番敬愛されていた日本人は?
ガイドによれば李方子さんだという。

もともと日本の皇族出身で、一時は昭和天皇のお后候補として有力視されたが、
結局は李氏朝鮮の皇太子と結婚することになった。
当時は韓国併合が進められている時期で、国と国との政略的な結婚だったともいわれている。

終戦後、彼女は王宮文化の紹介や慈善事業に精力的に取り組んだことから、
韓国国民から広く親しまれ、韓国政府からも功労者として表彰されている。

その方子さんの韓国の住まいだった建物がこの昌徳宮のなかにある。
他の華やかな建物と違い、質素なつくりだ。

この建物に、やすらぎと気品を感じるのは、方子さんの話を聞いたからだろうか。

ヘンデル あまり有名じゃない鍵盤作品 

January 17 [Thu], 2008, 1:08
 ヘンデルの鍵盤独奏曲といえば1720年出版の「クラヴサン組曲集、第1集・通称8つの大組曲集」が圧倒的に多く演奏される機会が多く、次に1733年出版の「クラヴサン組曲集、第2集」、1735年出版「オルガンまたはハープシコードのためのフーガまたはヴォランタリー(6つのフーガ)」が少々演奏される位ではないかと思います。
 しかしヘンデルはこの他にも多くの鍵盤作品を遺しています。その様ななかなか日の当たらない作品を収録したのが今回のユゲット・グレミー=ショーリャック「ヘンデル・クラヴサン作品集」(SOLSTICE輸入盤)です。

 このディスクの中で特に注目されるべき作品は「組曲ニ短調 HWV.448」(HWV番号はCDには全く記載が無いので独自に調べました。)、「組曲ハ短調 HWV.444」、「組曲ニ短調 HWV.449」、「シャコンヌ ト短調 HWV.486」、「シャコンヌ(49の変奏付き)ハ長調 HWV.484」です。私のとぼしい英語力でCDの解説を読んだところヘンデルの若い頃の作品集だとのことです。

 「組曲ニ短調 HWV.448」は堂々としたフランス風序曲ではじまり、アルマンド、クーラント、サラバンド〓&〓、シャコンヌで構成されています。シャコンヌはヘンデルの変奏曲に良くみられる右手と左手が交互に音符の細分化と和音を奏でる10の変奏曲です。このシャコンヌはオリヴィエ・ボーモンの「ヘンデル・ハープシコード作品集第2巻」(写真2枚目・エラート輸入盤、国内解説付き)にシャコンヌのみ収録されていて、ボーモン自身のライナーに「ヘンデルが1706年以前に苦心して完成した組曲の最終楽章である。その主題はヘンデルの他のどのシャコンヌの主題よりも憂いをおびていることで注目される。」と述べているように憂愁の漂う美しい変奏曲です。それからサラバンドの美しさも特筆されます。全体的に哀愁の漂う美しい組曲です。当時の組曲の原則に従えばアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグとなるはずですがジーグを欠いてシャコンヌで締めくくる書法はすでにヘンデルが組曲に対して自由な発想を抱いていたことが窺えます。またこの組曲は三澤寿喜氏著『ヘンデル』(音楽之友社刊)のジャンル別作品一覧によれば「ハンブルグ、もしくはハレ?」時代の作曲と推測されていてボーモンの作曲年代比定と同じ見解を示しています。
 
 「組曲ハ短調 HWV.444」は物悲しいプレリュード、やや軽快なアルマンド、より軽快なクーラント、短いながらも気品のあるガヴォット、少し愉快気なメヌエットという構成です。この組曲でもサラバンド、ジーグが省かれていて、演奏時間が短く、全体的に簡潔な組曲となっています。三澤氏の『ヘンデル』の一覧によればこの組曲も「ハンブルグ、もしくはハレ?」と推測されています。
 
 「組曲ニ短調 HWV.449」はプレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、アリア(と変奏)、ジーグ、メヌエットで構成されています。この組曲ではアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグの原則が保たれていますが、アリアと変奏が尋常ではありません。このCDでは8分27秒の演奏時間を持つ長大な変奏曲となっています。「8つの大組曲」の組曲第3番ニ短調HWV.428の「アリアと5つ変奏」の5つの変奏とほぼ同一の旋律、非常に良く似た展開で、私の個人的な見解ではHWV.428の「アリアと5つの変奏」の前稿だったのではないかと推測しています。この組曲の白眉はやはりアリアと変奏で、その後に続くジーグとメヌエットが簡潔ながらも華やかにこの組曲の幕を閉じてくれます。三澤氏の『ヘンデル』の一覧によればこの組曲も「ハンブルグ、もしくはハレ?」と推測されています。

 「シャコンヌ ト短調 HWV.486」は単純な右手、左手交互の音符の細分化、和音の演奏という書法では書かれておらずヘンデルには珍しい主題と華やかな楽想の繰り返しというロンドー形式のシャコンヌとなっています。ヘンデルらしい力強い音楽性と華麗な美しさを持った曲です。ちなみに三澤氏の『ヘンデル』のジャンル別一覧表には作曲年代の表記がありません。

 「シャコンヌ(49の変奏付き)ハ長調 HWV.484」はこのCDでグレミー=ショーリャックがリピートをしたり省略したり比較的自由に演奏にしているにも関わらず14分07秒という長大な演奏時間を持つ、ヘンデルの「お化け変奏曲」とでも呼びたくなるシャコンヌです。このシャコンヌでは右手、左手交互の音符の細分化、和音の演奏という書法にとどまらずオクターブ奏法、両手のアルペッジョ、両手の走句、半音階的な演奏、短調への移行、長調への復帰と、ありとあらゆる変奏手法がふんだんに用いられています。長過ぎはしますが暖かくて親しみやすい主題と様々な変奏が楽しめる面白いお化け変奏曲です。私の個人的な感想では多分弟子の変奏の教育目的に作られた曲ではないかと思います。しかしヘンデル自身が演奏しても、とても聴き栄えのする大曲だとも思います。ちなみにこのシャコンヌも三澤氏の『ヘンデル』のジャンル別一覧表には作曲年代の表記がありません。


 なお、音楽的には素人の見解なので間違いなどがありましたらご指摘ください。

素朴な疑問?(爆)^^; 

January 10 [Thu], 2008, 3:33
よく・・・



雨が降ってほしい時って、てるてる坊主を逆さに吊るすっていいませんか?



今日、お子ちゃまが運動会だったのですが・・・



仕事で行けなくて、雨が降れば8日の体育の日に順延・・・



8日は、仕事がお休みなので、不謹慎ながら^^;できれば雨が降ってもらいたい・・・



って事で^^;



でも・・・



逆さに吊るせませんよね?



だって普通・・・



首からぶら下げている訳で・・・

「料理教室」 

December 21 [Fri], 2007, 23:11
きょうは料理教室へ行ってきました








豚の角煮
       豚ばら肉にたっぷりの水とおからを入れ、90分茹でる
       豚肉を取り出して洗い3〜5cmに切る
       水、酒、砂糖、しょうが、ねぎ、醤油を加え45分煮る
       青ものを添える

     炒りどうふ
とり肉、にんじん、ごぼう、きくらげを炒める
       できると、とうふを入れてさらに炒める
       できると、ねぎ、たまごを入れて火を止める

     かぶのアチャラ漬け
かぶを切り塩もみする
       砂糖、酢、塩=甘酢を合わせる
       赤唐辛子を加える

     きのこ汁
まいたけ、えのきだけ、なめこ、油揚げを用意
       だし汁に入れ、ひと煮立ちさせる
       みそを加え、みそ汁にする


     ※ 詳しいレシピが必要な方は遠慮なく、どうぞ!








このたび、基本料理の会=1年、おそうざいの会=1年が終了し

終了証書をもらってきました





一人暮らしでも不自由なく食生活ができそうです

「熟年離婚」なんてちっとも怖くなーい

       
       
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rln2ch761
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像たむら
» ソウル 24 一番敬愛されていたのは? (2008年01月31日)
アイコン画像たむら
» ソウル 24 一番敬愛されていたのは? (2008年01月26日)
アイコン画像ネオニート
» ヘンデル あまり有名じゃない鍵盤作品 (2008年01月21日)
アイコン画像ネオニート
» 素朴な疑問?(爆)^^; (2008年01月21日)
Yapme!一覧
読者になる