えり姉がトパーズグッピー

April 25 [Mon], 2016, 11:02
ニキビは何度も繰り返しできやすいお肌のトラブルです。



症状が治まったからといって不摂生な食生活などをしていると、またすぐに再発します。


ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事をせず、十分な睡眠を取ることが重要だと思います。ニキビが白く膨らんでいるのを見つけると、いじって中身を出してしまいます。中からニキビの種が飛び出してくるのが止められないんです。



ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、消えないニキビの痕跡が残ります。そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。

ヨーグルトがニキビには良くないとされたり、逆に良いとされますが、こういったような情報の真偽とは決して定かではありません。ある特定の食品だけに頼るのではなく、常に栄養バランスの取れた食事を努めるようにすれば、ニキビの防止に繋がると私は思うのです。ニキビができる理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいじゃないの?と疑問に思う人も少なくないでしょう。もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥してきて、それがニキビができるもととなってしまします。ニキビに使う薬というのは、様々あります。当然ながら、専用のニキビ薬の方が効きます。



でも、軽度のニキビであるならば、オロナインでも大丈夫です。きちんと、効能・効果の欄にぶつぶつややけど、ひび等と共に、載っています。



ニキビケアに栄養管理が必要です。
脂質や糖質を多く含んでいる物を摂取し過ぎることは吹き出物の原因になります。

チョコなどのお菓子は脂質も糖質も多く含むので、あまり取り過ぎないようにした方がよろしいです。



カカオの含くまれる確率が高くて糖質の少ない物は肌にもいいので、何が何でも食べたい時には成分表を考慮にいれましょう。
ニキビが出来た後によくあるのが肌がくぼんでしまうことや肌が黒ずんでしまうことです。クレーターのトラブルはきちんと皮膚科で診てもらわないと治せませんが、黒ずみについては美白効果のある化粧品で少しずつ薄くしていく事が可能です。思春期になるとニキビがでやすく、赤ちゃんには発生しません。



乳児によくあるのは、オムツかぶれなどが有名なところのかぶれなのです。


赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、間髪いれずにかぶれができてしまいます。ニキビとかぶれには違いがあります。



ベビーのお肌に何かトラブルが発生したらできれば早めに病院を受診してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sho
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rlagedoyoleeuc/index1_0.rdf