杉山洋介の石垣

April 28 [Fri], 2017, 20:19
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度の場合もあってますし、400万円くらいの場合もあってます。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。

それに、不倫した相手が不倫を認めない時には必要なのは証拠です。



第三者からみても明確な浮気の証拠が必要です。浮気の証拠は携帯からもつかめます。浮気相手への連絡手段として携帯を当たり前のように使われるからです。
今やメール、または、LINEなど色々な方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で連絡をする機会も増えましたが、好意を持つ相手の声をききたい、話したいと思う可能性は十分あります。ふとした時に電話している可能性は十分考えられますね。
ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場を押さえてしまう方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)もアリです。
しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、避けたいところです。
信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するのがベストでしょう。
SNSを通じて浮気の証跡を掌握できることもあります。


SNSだと誰の投稿か一見わからないので相手も思いがけずに、プライベートを事細かに書いてしまう事がしばしば見られます。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を記入している場合もあるのです。
ユーザーIDを見つけたなら検索してみて下さい。



探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう充分すぎる注意を払って地味にコツコツと調査していきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、自分の目的を話して正面からの調査をおこなう傾向にあります。
目的の人物の動きを掌握するのは探偵の方がうまく、対象についての情報収集は興信所が上手いと結論でき沿うです。
車の目たたない場所にGPS端末を装着して、常時、移動の内容を監視しつづけ、現在いる場所を掌握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して色々な分析をする事もできます。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

沿うすれば、相手がどこに行ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気が確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、ヤクソクをしても支払ってもらえないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。男手一つで育てることも、また同様に簡単にシゴトと両立することはできないでしょう。成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に頼めば得になるかと言えば実際には沿うでない場合もあります。普通、成功報酬と言えば調査が成功しなかった時、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。したがって、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、利用しようとしている人もいます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:百花
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる