コアシナガバチがくぅちゃん

July 26 [Tue], 2016, 20:35
カーペットに不潔がついていて、ソファがすれていたとしても仲よしを夕食のために実家へ招待したでしょう。

気持ちよいリビング部屋でポップコーンを食べて、暖炉に火を組み込みリラックスし、食べかすのことなど気にしないでしょう。

祖父の若かりし時分のプライド相談をのほほんと聴いてあげたことでしょう。

バラの形状をしたロゼのキャンドルが長期間のセットアップで溶けて仕舞う前に、それに火を灯して楽しんだでしょう。”

俺はキャンドルの例にはなはだ同調しました。

俺は1回も使ったことがない素敵なステーショナリーを持っています。なぜ使わないかと言えば、使ったらなくなってしまうからだ。親睦会の結果だけにとっておいてある高価洋服や、先々誰のために使うか思い付か高価ローションなど...。Oxenreider くんは、これらの特別な物を今こそ取り扱うタイミングだと言います。

”今晩スナックで召し上がるピザのために喜ばしいお皿を引き出してきて使いましょう。

自分の肉親のために特別な人々用のクロスを使ってしまいましょう。

優秀へいくのにも、特別な香水をひと吹き。To-Do名簿を書くのも素敵な鉛筆を使いましょう。

これらの特別な物は、有するだけでも限度だ。でも、それらを扱うことが一番規則正しい特別な存在の用法でしょう。特別な物を保存しておくことがどんなに“限度“なことか理解しましょう。”

特別な物を頻繁に使ったからといって限度発想が弱まるわけではありません。それらは忙しない日常を見せる人へふとしたご褒美を与えていただける。そして結局、特別な存在の付き異見は自身ではなく、人に還元されてこそ特別なのです。取り出しの深層にしまいこんですあなたの特別な売り物、今日はちょっとだけ使ってみませんか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛奈
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rl3arboi9isdxx/index1_0.rdf