インプラント「矯正」 

March 19 [Tue], 2013, 11:02
失くした歯の代わりにインプラントを入れると言うのが一般的なインプラントへの認識かと思います。しかしそれだけではなく、歯の矯正目的で行うインプラントもあります。
これを「インプラント矯正」と言います。

これは矯正用に作ったインプラントをあごの骨の中に埋め込んで、固定源とします。こうして矯正を行うことですることで従来の矯正では叶えられなかった短期間での歯の動きが可能にまりました。また外科手術が必要な人の治療も行えるようにもなったのです。

このようにインプラント矯正を取り入れることで非抜歯矯正ができる可能性が拡がりました。結果、患者の治療協力も減らすことができるようになったのです。

矯正用インプラントについて紹介しましょう。
@「SMAP」…歯列全体を動かすときなど強い力がいるときに使うもので、あごの骨にネジで止めて使う
A「K-1システム」…比較的小移動な場合に使う
ガミースマイルといって笑ったときに必要以上に歯茎が見えてしまう状態を改善するときに使う
B「MIA」=マイクロインプラント
比較的小移動な場合に使う いろんな部位へ使うことができる
C通常のインプラント…
欠損がある部分へインプラントを植立して、このインプラントを固定源にして矯正治療をする場合もある
インプラント矯正では、埋入部位が炎症を起こす可能性もあります。ですから衛生管理に気をつけなければいけません。

インプラント矯正のメリットを紹介しましょう。
@治療期間を短縮できること
A矯正の取り外し装置を使うといった患者が行う作業が最小限ですむことです。

デメリットは、
インプラントを埋入しなければいけないことになります。

インプラント「メンテナンス」


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:歯科ちゃん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる