リコピンの抗酸化作用 

September 24 [Thu], 2009, 20:20
リコピンの特徴の一つである脂溶性という性質について、

人間のカラダの中では、リコピンは、主に細胞膜に多く存在しています。
リコピンは膜の外から、細胞が活性酸素に攻撃されるのを防ぐ役割をしています。

このように、活性酸素が過剰だと、体の細胞が酸化され傷つけられる危険があるのですが、
その結果、細胞やが変質し、癌細胞が生まれるといわれています。



フィトケミカルでお肌を若々しく 【パーフェクトフィトプレミアム】送料無料2個セット♪【これこれ倶楽部】
>>リコピン含有のサプリメントにはこんなものがあります。
P R