葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素

December 27 [Sun], 2015, 22:01
葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツで言うと、代表的なものにイチゴやライチがあると紹介されています。それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのもおススメです。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用する場合も少なくありません。赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、つい忘れてしまったりして葉酸の摂取を怠ってしまう場合もありますよね。そんな不安を解消してくれるのがサプリによる葉酸の補給です。サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も心配の必要が無くなります。妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが健康維持にもつながるのも事実です。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。胎児に葉酸が不足した場合、先天性の障害などを発症するリスクが高まると報告されています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。それというのも、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。この話はもちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取をするのが良いでしょう。熱によって失われやすい葉酸は、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に気を付けてほしいポイントがあります。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。加熱が必要な食材やメニューの場合、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時はサプリを活用すれば一番簡単だと言えますね。一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血行不順を緩和して代謝機能を底上げするだけでなく、リラクゼーションも期待できます。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は得てして不足しやすいという特徴があります。普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りません。ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも見かけますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。いわゆる不妊症の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側に原因があるものと、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが考えられるでしょう。しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女双方が検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナツキ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rkgpfiipsnthya/index1_0.rdf