一度目の妊娠の時流産してしまいました。と

March 22 [Wed], 2017, 14:15
一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらくおこちゃまのことは考えられなかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、やっぱりおこちゃまが欲しいと思い、妊活について調べるようになりました。
サプリ等で栄養を補給することは持ちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治沿うと運動することを思いつきました。

結果は、意外とうまくいきました。新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養をもらいながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。この時に葉酸が大変重要なはたらきをするのです。

葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からず、不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)だという妊婦さんのお話もよく耳にします。



そのような場合は、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。
粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されておりている事をご存知ですか?葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減され立という報告があるのです。
厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。


胎児の健康を考えて、妊娠している女性は持ちろんですが、今妊娠を要望されている方であっても、葉酸の摂取を心がけてみてちょーだい。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、沿うした目的から妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素のひとつであると知られています。
日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、ご飯で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。

沿うした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、ご飯は控えめにして、サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足した葉酸を確実に補給する事が出来ます。

近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、不足しやすいものです。

普段のご飯で得られる量ではナカナカ理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、ご飯で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。こうしたものを利用することで、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるというりゆうですね。
妊娠してから栄養指導を受けたり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。


こうした機会に、葉酸が持つはたらきと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。葉酸がどのような食品に多くふくまれているのかというと、一番有名なものはレバーでしょう。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸がふくまれています。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が調理の際の加熱でその大半が失われてしまうという葉酸の特質を承知の上で、十分な葉酸摂取を心がけてちょーだい。
親友の話なのですが、妊活を頑張っていた頃、漢方を欠かさず服用していたようでした。彼女によると冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいた沿うです。漢方なら、妊活中でも飲むことに抵抗がありませんね。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かっ立と、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為にできる事ってたくさんありますよね。
たとえば、葉酸です。
妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に掲載されていました。葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
野菜を十分に摂れない時は、葉酸のサプリを飲んでも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
ご飯や栄養についての不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで充実した妊活ライフにしたいと思っています。


まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まずは基礎体温計を購入することをオススメします。

基礎体温は運動などによる変化がありませんから、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。
基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。毎日、起床時に体温を測るという御ヤクソクがありますから、習慣的に続けていくことが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、各種の食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、気を付けて欲しいポイントがあります。

それは、できるだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、どうしても加熱の必要がある時にはできるだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱をとおすくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
こうした調理がめんどくさい、または自由にご飯したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが確実に補給できるという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。妊活なんてきくと、女性側が実践するものがよく紹介されています。


しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。

それは、普段のご飯の中で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)となっているのは母体に限らず、男性に原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がある事もあります。



中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。



葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るというはたらきがあります。そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてちょーだい。妊活中の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。


本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明するまで緊張しましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もおもったより喜んでいました。産み分けのおかげだと思っています。


妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いでしょう。不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調を整えるはたらきが望めるものは様々にありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。

葉酸のはたらきは、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。

他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。妊活中の夫婦それぞれに是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る例が多いのが実情です。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通でしょう。



だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

かくいう自分もアラフォーですし、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。妊娠しづらい状況を改善するためには、毎度のご飯を改めてみるのも大切だと思います。両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が乱れていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、あまり期待できないでしょう。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって健康的な食生活を大事にしていくといいでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Himari
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる