さらに牛肉の約3倍のグリコーゲンが含まれているそうです

September 12 [Sat], 2015, 10:53

ようやく重いコートを脱ぎ捨て、薄着でお出かけできる季節になりましたね!
でも、冬の間に蓄積した身体のお肉って「え!?こんなに?」と自分でも驚くほど、あらゆる部分に付いているもの…。

≪肉は美肌作りと健康保持の優等生!≫

ダイエットして「魅せる身体作りをしなくちゃヤバい?」と焦っても、「甘いものや、高カロリーで脂っぽい料理はすべてダメ!」という食事制限はつらいし、効果が出るまで強い意志を持ち続けなくてはいけません。

もし、そんなダイエットが楽しく、且つおいしくできたら続けられそうな気がしませんか?
ということで、女性のみなさんに、肉は肉でも「食べる肉」のうれしい話をお届けします!

◆みんな大好き「豚肉」に美肌効果が

ダイエット中に「肉を食べるなんて絶対ダメ!」と思っている人がいたら、それは大きな誤解です。
肌を構成するタンパク質を豊富に含む肉は、乾燥やシミ、たるみを防ぎキレイな肌を作ってくれる食品。

中でも豚肉は、肌荒れを防ぐビタミンB1、ビタミンE、化粧品の成分としてもお馴染みのコラーゲンやコエンザイムQ10など、「美肌」に欠かせない様々な栄養素を含んでいます。

食べるときは脂身の少ない部位を選び、水溶性のビタミン類を溶かさない調理法…つまり焼くか炒めるなどすると、より効果的です。

◆「羊肉」は脂肪燃焼に効果を発揮

女性に人気の羊肉。特に赤身肉は低カロリー且つ高タンパクなので、ダイエット中でも安心して食べられます。
羊肉はミネラルバランスが良く、特に不足すると貧血やスタミナ切れを起こす鉄分が多く含まれています。成分的には豚肉と似ていますが、脂肪が少なく消化がいいので、胃腸が弱い人にもおすすめ。

そのうえ、脂肪燃焼効果のあるカルニチンも含まれていて、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる効果も。つまり、生活習慣病を予防してくれるんです。

羊肉の臭みが苦手な人なら、成羊の「マトン」より子羊の肉「ラム」のほうが食べやすいでしょう。骨付き肉のラムチョップなんて食卓に並べたら、見た目もオシャレ。ワインバーやダイニングでも、ラム肉を味わえる所が増えています。

◆ヘルシー!貧血にも効果的な「馬肉」

牛肉や豚肉と比べ、カロリーが約3分の1というヘルシー食材、馬肉。さらに牛肉の約3倍のグリコーゲンが含まれているそうです。「グリコ」の語源となったグリコーゲンは、人のエネルギー源となる成分。
その影響か「馬刺しを食べると馬力がつく」なんて言われることも。

馬肉のタンパク質には、血管を拡張する作用があるペプチドが多く含まれ、高血圧の人には降圧効果があるとも言われています。そしてあのキレイな赤い色は貧血にも効果的な鉄分の色です。

いわゆる「馬刺し」だけでなく、「馬刺し寿司」や納豆と混ぜる「桜納豆」、肉の表面をあぶって食べる「馬刺しのタタキ」など、いろいろな食べ方のアレンジを楽しめます。

◆低脂質の「鹿肉」ダイエットに◎

野生肉“ジビエ”の中でも鹿肉は、低脂質の代表格である鶏のムネ肉やササミと同じぐらいの脂質量!エゾシカの肉も、女性には欠かせな女性用媚薬はもはや必需品です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rjtykuyluil
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rjtykuyluil/index1_0.rdf