自分の時間を持ち、ラブラブでいられる程よい距離感を保つためには部屋数は2つ以上がおすすめ

September 12 [Sat], 2015, 10:58

彼氏・彼女といつも一緒にいられる同棲生活に憧れるカップルは多いですよね。

無用な喧嘩を避けるためにも、同棲を始める前にしっかりと注意点をチェックしておきましょう。

今回は、結婚式場選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、同棲生活を始める前にチェックしたい4つの注意点を紹介します。

お互いの収入・借金の有無を確認
収入についてはしっかり確認し合うカップルが殆どですが、見落としがちなのが借金のこと。

消費者金融から借りているものはもちろん、奨学金の返済なども確認しておきましょう。

毎月返済にいくらかかるのか、きちんと返せる金額なのかを把握しておかないと、結婚資金の貯蓄計画が立てられない・生活費が払えない時があるなどのトラブルに発展してしまいます。

同棲を始める前にしっかり話し合いましょう。

【生活のマイルールを押し付け合わない】
今まで別々に住んでいた2人が共同生活を始めるのですから、お互いに独自の家事へのこだわり、生活スタイルがあります。

しかし、マイルールを相手に一方的に押し付けるのは不満が溜まってしまう原因となります。

「私はこうしたいけど、あなたはどうしたい?」とその都度話し合うよう心がけましょう。

同棲生活は細かなマイルールをすり合わせ、2人のルールを作っていける結婚前の大事な準備期間。

面倒くさがって相手に合わせすぎたり、自分のルールを押し付けたりせず、きちんと解決していきましょう。

ダラダラ同棲にならないよう注意
結婚を目標にしているカップルが同棲する場合、気を付けたいのがダラダラと同棲を続けて結婚のタイミングを逃してしまうこと。

同棲生活によって「いつも一緒にいたい」という欲が満たされ、結婚の必要性を感じなくなってしまうからです。

特に女性は、献身的に彼に尽くしすぎて彼に「このままでいいや」と思わせないよう注意が必要。身の回りのお世話をしすぎると、彼女を通りこしてお母さんのような存在になり、結婚がさらに延びてしまいます。

同棲前に結婚のタイミングを話し合っておくようにしましょう。

部屋数は2つ以上がおすすめ
同棲を始めたら、思わぬところで喧嘩してしまうことが増えます。そんな時にワンルームで生活していると、喧嘩しても一緒の部屋にいなければならない状況になることも。

お互いに息苦しくなかなか冷静になれず、更に衝突が増えてしまうかもしれません。自分の時間を持ち、ラブラブでいられる程よい距離感を保つためには部屋数は2つ以上がおすすめ。

駅から遠い・都心部に住めないという多少のデメリットがあったとしても、1人の空間が持てる2部屋以上の物件を探しましょう。

同棲生活の1番のメリットは好きな人と一緒にいられること。

色々と注意すべき点はありますが、お互いを思いやる気持ちを大切にしていれば乗り越えていけるでしょう。
出典元:同棲生活を始める前に!肝に銘じておきたい4つの注意点媚薬 女性用
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rjhtrkykuysd
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rjhtrkykuysd/index1_0.rdf