権力を研究する

May 02 [Fri], 2014, 23:28
近代的な概念としての権力の研究の端緒としてニッコロ・マキアヴェッリやデイヴィッド・ヒュームの古典的な研究を挙げることができる。15世紀にマキアヴェッリは統治に不可欠な要素は軍備と法律であると論じた。

特に独立した国家を統治するための常備軍の設置の重要性を主張している。
本項目では読者の政治における全般的な理解を助けるために、政治学的な主題を広く扱っている。

基本的には卵を産む側の性である。派生的に、受精卵を体内で孵化させ、子供を産む場合もある。
いずれにせよ、卵は精子に比べ、格段に大きく、数が少ない。これは、受精卵の発生に使われる栄養が、すべて卵の側から供給されるためである。

すなわち、子供は両性の間に生まれるが、胚(胎児)の成長に要する栄養は、すべてメスが面倒を見ることになる。卵生の場合には、それは卵黄の形で供給され、胎生であれば、さらに孵化後もメスによって栄養供給が行われる。

出産後の栄養供給は、哺乳類では母乳としてメスが行うが、鳥類ではメス親・オス親の両方が行う例も多い。
したがっていくつかの重要な主題を取り上げ、その詳細についてはそれぞれの項目を参照されたい。

そこで第1章では政治の根本的な概念を基礎付ける政治の本性や権力、道徳の原理について概説し、次に主要な政治イデオロギーとして自由主義、保守主義、そして社会主義を取り上げる。また政治体制の観点からは権威主義、全体主義、権威主義の特性などを検討し、政治の場として機能している国家や国際政治の在り方も素描する。

そして政治過程を構成する政党や市民、団体などの政治的相互作用に着目し、統治機構についても立法府や行政府などを論じる。最後に政治の出力である政策領域について概括する。ここで詳細に取り上げることができない各国の政治情勢や政治史については各国の政治の諸項目を、政治を研究する政治学の方法や概念については政治学を参照されたい。

この組織的暴力によって統治者の権力を基礎付けるマキアヴェッリの現実主義と呼ばれる政治思想は権力の研究における理論的基礎として確立された。このような現実主義的な見方をヒュームは発展させた。

ヒュームは軍事的征服、植民地化などあらゆる政治変動において暴力が見出されることを指摘し、権力を研究することによって、従来の道徳的な政治理論に対して実証主義的な政治理論を構築することを主張した。

そしてヒュームは論文「政治を科学に高めるために」(1742年)の中で権力が表現される統治の形態に着目し、要因として人間の性格や気質を排除しながら、より厳密な科学的方法で政治を研究することを論じている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rjcdfsaas
読者になる
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rjcdfsaas/index1_0.rdf