レフィアでブランク

July 09 [Sat], 2016, 12:26
介護士として働く人は女性がかなりの割合を占めている職業なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くてその結果、離職率が高い割合を示しています。


加えて、働く時間帯がイレギュラーであることや、労働環境の大変さによって離婚してしまう人も多いと言われています。


自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
職場において、仕事のできる介護士を目指すには、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから新しい職場を探す、という人も少なくありません。大学介護施設など、高度な介護を行なうところで腕を磨きたいという気持ちからくる、意義のある職場変更と言えるでしょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、介護士は忙しくなるばかりです。介護士らの労働環境はあまり良くはなく、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。
きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、介護士需要は高まるばかりで、介護士にかかる心身の負担は大きいです。



介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。もともと、介護士という職業が知識や経験を積みながら長く働ける職種の一つであるとして勉強する人も多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。仕事を続けながら、妊娠を継続させている介護士は大勢いますが、気を付けてほしいことはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。

CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、慎重に行動してください。それからまた、薬の取り扱いについても調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、軽く考えない方が良いでしょう。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。
自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。


交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある介護士ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。


入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、責任を持って次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。
それほど重要でない情報も多いとはいうものの、患者の生死に関わる重要な情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。



介護士としての働き方はいろいろあります。
正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですが夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが世間の相場みたいですね。


パートとしては良い時給なのかもしれません。


しかし、専門職である人命に関わる介護士であり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。


初めて介護士として働こうと思っても、就職先が見つからず、上手くいかない場合は、年齢が原因になっている可能性があります。

一般的に、求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、介護施設が内実に採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。

中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人材を管理する人の胸三寸で確定されたりすることもありそうです。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、導き出された結果としての配属であるはずです。
ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。
一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。



介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。

会社によって給料が変わるもので、もちろん、介護士も同様です。町医者と総合介護施設とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。



こうしたことを踏まえても、平均的な介護士の年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、働く介護士は外見に気を付けておくことが必要になります。メイクをする女性の場合、派手なお化粧は控えて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。すっぴんとは異なり、周囲の人が感じる印象も変わりますよ。
介護士という仕事に就いている方の中では、毎日の勤務時間がばらばらであり、ハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、介護士の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても実際に役立つことがよくあります。



考えられるのは病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。
要資格の専門職である介護士ですが、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

結婚や引っ越しといったような一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと職場を変えるのは難しくなるでしょう。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など前向きな志望動機があれば良いでしょう。
多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。
例えば、婦長という階級は分かりやすい役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。最近はパートの介護士や看護学生が介護施設で勤めているケースも珍しくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。



もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う介護施設から転職によって働き始めた介護士に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がきちんともらえないケースがあります。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。

行なった残業は、労働には違いありません。

なので、当然、働いた分のお金は、給金という形で手に入るのが当然なのです。よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、容態の急な変化もありえますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも仕事の一つです。いきなり緊急手術が行われたり、人手の少ない夜間に限って患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、目が回るほど忙しい日もあるでしょう。介護士になろうと思っていました。でも、家庭の事情があって会社員として働くことになりました。ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。転職して、無資格で介護関係の仕事に就くということも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、看護助手として勤務しながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。
この方法で介護士の夢を叶えたいです。たいていの場合、介護士の人間関係は良くないと、当たり前のように囁かれたりしていますが、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。

一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。



日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを納得しておくと良いかもしれません。夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。



注意しておかなくてはならない点として、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、どうやっても夜勤のある介護士と比較して給料の額が減ってしまうことがあります。

将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。

介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。

ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、どうしても転職したい、と強く思ったのです。
そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、といやでも思い知らされた出来事でした。

介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、その一方で困難もまた様々なのです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。


ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に良い点がたくさんあるということなのでしょう。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。これに参加を申し込む介護士は多数います。

女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。

ただし、もし、恋人同士になれたとしても、勤務形態が不規則なせいで、駄目になってしまうこともあるようです。

そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。
そして、介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。
しかも、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。

少々昔の話ですが、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。
イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。



介護士の給料と言えば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。



要するに介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。昔の話ですが、かつての介護士といったら看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。

ですが、近年は介護士という名前も定着して、男性が働くことも多くなってきました。



現場で求められる介護士の能力を考えた場合、介護士に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。女性的な優しさも大切ですが、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も介護士にとって大事なポイントになっています。

介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師不足や介護士不足への対応が急務となっています。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も必要で、多くの介護士が激務をこなしているのが実情です。男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう介護士も多いというのも納得できる話でしょう。



以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り介護士は大勢います。
その際ですが、職場復帰が可能かどうかについては、どんな辞め方をしたかによって決まりそうです。

多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻ってきて、働く人も増加中です。
意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる介護士は、割合に数が多いです。働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。

今、働いている仕事場では給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。

介護士をするきっかけとして外せない理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。

例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの歳の新入社員よりも高めだといえるでしょう。そうはいっても、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。どういった介護機関で働いているかで多少違ってきますが、介護士は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。

介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった介護士の場合、通常より相当、高いものとなっているはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる