フェレットが沢田泰司

January 05 [Thu], 2017, 15:18
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。
これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる