02 

August 22 [Sat], 2009, 14:51
自由は綱手からケータイを取り、急いで電話を切る。
「何やってんの」と思いながら自由はケータイに目を落とす。

「愛留・・・槙・・・」
着信履歴を見てはっ!とする。

「あ、あの!女の子、女の子二人いませんか!?」

自由は二人が居ないことにようやく気づき、急いで聞く。

「自来也に聞いたときはお前しか居なかったと言っていたぞ?」
「え、自来也・・・?」
「あぁ、お前はナルトの修行帰りに拾われて此処に着たんだ」
「そ・・そうなんだ」

どうしよう・・・!はぐれた!と言う事実に自由は青ざめる。

「仲間か?」
「はい、一緒にこの世界に落ちたんです」

自由はケータイを握り締めて言う。
「ん?」自由の目に電波が映る。

「えっ!電波あんの!?此処大丈夫なの!?」と思いながら黙々と電話を掛ける。
出てよー・・・!出てよー・・・!とまずは槙に電話を掛けてみる。

((トゥルルルル・・・トゥルルルル))

コール10回目、「出ない」と呟いて次は愛留に電話を掛けてみる。

((トゥルルルル・・・トゥルルルル))

「はい、もしもしー♪」
「愛留!?愛留居間何処にいんの!」
「え、今?大蛇丸んトコ」
「大蛇丸んトコ?」

自由の一言に綱手は目を光らせる。

「大蛇丸って、大蛇丸のトコ?」
「うん、サスケに拾われた」

その時、「おい、なれなれしく呼び捨てするな」と不機嫌そうな声が聞こえてくる。
「照れてるー」と愛留の茶化す声に自由はため息をつく。

「自由はー?」
「木の葉」
「木の葉?あ、ナルトのトコ?」
「うん、何かね。今、第二部の一話目にタイムスリップしたらしい」
「え、マジで」
「・・・驚かないの?」
「え、コレ夢じゃないの?」
「え、夢なの?」
「・・・」
「・・・」

二人とも黙り込む。

「とりあえず、落ち着こうか」
「頬っぺた叩いて目覚ましてみようか」
「え、夢なら覚めないでー!」
「いや、駄目だろ」
「いーやー!置いてかないでー!自由ー!」

バカらしくなった自由は愛留を無視して頬を叩いて――――。

((パシッ))

正面から大きな平手が飛んできた。

「いってえええええええええ!」
「叩いてほしいんだろ?」

綱手が叩いた手で手を振りながら答える。

「おーいーてーかーなーいーでーえーえー」

相変わらず叫ぶ愛留。

「・・・・夢じゃない」
「自由が生きてたぁぁぁ!」
「死んでねぇよ」
「え、夢じゃないの?」
「うん、夢じゃない」
「・・・・」
「・・・・」

再び二人は黙る。

「どうやって帰んの?」
「さぁ」
「どうすんの?」
「さぁ」
「槙は?」
「さぁ」

自由の質問に即行の愛留。
さっきからウズウズしていた綱手は耐え切れなくなり、ケータイを取り叫び始める。

「大蛇丸のところにいるのか!?」
「え、誰?このおばちゃん」
「おばちゃんじゃない!!!」

今にも角が生えそうな綱手にシズネは「ヒィィィィィィ!」と変な悲鳴を上げる。

「五代目火影、綱手だ」
「綱手?あぁ、自由木の葉にいるの?」
「さっき言ったじゃん・・・」

自由に突っ込まれ、「え?そうだっけ?」と首を傾げる。
サスケは立ち上がり、愛留のケータイを取り上げて電話を切った。

「プーップーッ」
「おい?おい?」

「切られたな」と自由が呟き、「クソッ」と綱手は棚に八つ当たりした。

−−−−−−−−−−

「ちょ、何で切るの!」
「早く大蛇丸のトコ行くぞ」
「え、何で」
「お前を放り渡す為だ」
「は?え?」
「冗談だ」

サスケは歩きながら言った。
「冗談?」サスケって冗談とか言うの?とか思いながらサスケの一個一個の行動にいちいちキュンキュンしていた愛留であった。

このまま電話を続けられては自分たちの居場所を知られてしまう。それに何だコイツ。と冷静な判断をしながらサスケはどうしようかと意見をまとめようとする。

「名前は?」
「柊愛留」
「何処から来た」
「日本」
「何故俺の名前を知っている」
「知ってるから」
「・・・・」
「・・・・」

「呆れてるなぁ」と反応を楽しみながら答えた愛留。
変わった名だ。日本なんて国、此処にあったか?とサスケは考え込む。

「変わった名前でしょ?」
「・・・え」
「知らない国でしょ?」
「・・・・・」
「今、呆れてたでしょ?」
「・・・・・」

心を読まれたのかとサスケは睨む。

「当たり前だよね、アタシ異世界から来たもん」
「異世界?」
「そう、異世界」

サスケは足を止める。

「ッフ、異世界だと?笑わせるな」
「ホントだよ?コレもコレも異世界のモノ。見たこと無いでしょ?」

ケータイやipodをサスケに見せる。

「あぁ、確かに見たこと無い」
「でしょ?」

愛留は微笑む。
ヤバイ、サスケと二人っきりだよ!と実は心臓バクバクで落ち着けないらしい。
プロフィ−ル
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:†萌†
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1995年
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ