"◇特徴◇PCOとはタンポポ茶のどこに売ってる"  

2012年11月24日(土) 4時09分
"◇特徴
・多嚢胞性卵巣症候群の場合、脳下垂体から分泌される卵巣刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン;FSH、黄体化ホルモン;LH)の分泌のバランスが崩れ、卵胞刺激ホルモン(FSH)値く黄体化ホルモン(LH)値になっていることが特徴的です。
・また、多嚢胞性卵巣の原因は、卵巣の表面がかたくなることです。そのため、排卵の時に卵胞の表面が破れないで排卵しにくくなります。
・したがって、卵巣の中に排卵されずに残った小さな卵胞がたくさんあるのが特徴です。超音波で見ると、卵胞がちょうどネックレスのように見えます(ネックレスサイン)。

◇PCOとは?
卵巣をおおう皮膜が厚くかたいため、成長した卵子が排卵できなくなり、出□を失った状態です。次々に成長し続ける卵子が卵巣にたまって卵巣が大はきく腫れてきます。

不妊治療を安心して受けられる医師とは@
不妊の問題がこれほど大きくなっている時代に、まだまだ多く、患者さんに無目的な労力を使わせていることがあるようです。私は医師がたとえ婦人科医であったとしても、不妊の診療を担当するのにふさわしい人であったかどうかを疑問に思います。
ときどき、不妊症の専門医といった呼び方を、医師自身がすることがありますが、現在、こうした専門医としての公的な資格はありません。しかし逆に、心臓病の専門医のように、特別に細分化された医学に詳しいだけの人たちは、不妊の治療の場合には不必要なのです。
不妊診療の基礎には、「生命を維持し守る」分野の医療でなく、「人間の生命が生まれる」という大きなスケールの総合医学としてとらえることが必要なのです。
これまでは産婦人科医が、主に不妊の治療を担当してきました。しかし、出産は人間の生命が誕生して世に送り出されるひとつの通過点に過ぎません。" 鍼灸治療が不妊に効果あり!?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ritkfdid9k2j4
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる