歴史に名を残した偉人達の名言

May 29 [Tue], 2012, 0:00

名言『我思う故に我在り』デカルト【受注後制作】
名言『我思う故に我在り』デカルト【受注後制作】
デカルトデカルト(ルネ・デカルト)は、1596年〜1650年フランスの哲学者・数学者、近世哲学の父とされる。方法的懐疑によってすべてを疑うが、疑っています自己の存在を真理と認め、『我思う、故に我あり』の命題によって哲学の第一原理を確立、さらに、この思惟する実体と延長を本質とする物体を、相互に独立とする物心二元論を展開し、解析幾何学の創始者でもある。著『方法序説』『省察』『哲学原理』などがあります。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし』福沢諭吉【受注後制作】
名言『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし』福沢諭吉【受注後制作】
福沢諭吉福沢諭吉は幕末・明治の啓蒙思想家・教育者。豊前国中津藩士福沢百助の五男。緒方洪庵に蘭学を学び、さらに英語を修得する。渡米・渡欧して各国を視察、『西洋事情』を刊行し欧米文明の紹介に努める。また芝新銭座に慶應義塾を創設し活発な啓蒙活動を展開、『学問のすゝめ』は人間平等宣言と〈一身独立・一国独立〉の主張により、ベストセラーとなる。また「時事新報」を創刊し、政治・時事・社会問題や婦人問題などに幅広く論説を発表した。明治34年(1901)死去、68才。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『ペンは剣よりも強し』福沢諭吉【受注後制作】
名言『ペンは剣よりも強し』福沢諭吉【受注後制作】
福沢諭吉福沢諭吉は幕末・明治の啓蒙思想家・教育者。豊前国中津藩士福沢百助の五男。緒方洪庵に蘭学を学び、さらに英語を修得する。渡米・渡欧して各国を視察、『西洋事情』を刊行し欧米文明の紹介に努める。また芝新銭座に慶應義塾を創設し活発な啓蒙活動を展開、『学問のすゝめ』は人間平等宣言と〈一身独立・一国独立〉の主張により、ベストセラーとなる。また「時事新報」を創刊し、政治・時事・社会問題や婦人問題などに幅広く論説を発表した。明治34年(1901)死去、68才。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『思ふ所は言ふべからず、言う所は行ふべからず』福沢諭吉【受注後制作】
名言『思ふ所は言ふべからず、言う所は行ふべからず』福沢諭吉【受注後制作】
福沢諭吉福沢諭吉は幕末・明治の啓蒙思想家・教育者。豊前国中津藩士福沢百助の五男。緒方洪庵に蘭学を学び、さらに英語を修得する。渡米・渡欧して各国を視察、『西洋事情』を刊行し欧米文明の紹介に努める。また芝新銭座に慶應義塾を創設し活発な啓蒙活動を展開、『学問のすゝめ』は人間平等宣言と〈一身独立・一国独立〉の主張により、ベストセラーとなる。また「時事新報」を創刊し、政治・時事・社会問題や婦人問題などに幅広く論説を発表した。明治34年(1901)死去、68才。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『今の我々は、我々の考えの結果である』仏陀(ブッダ・釈迦)
名言『今の我々は、我々の考えの結果である』仏陀(ブッダ・釈迦)
仏陀仏陀(ブッダ・釈迦)は、仏教の開祖、生死去年には諸説あって定めがたいが、前565年―前486年説、前465年―前386年説などとされる。サンスクリットのシャーキャの音写、釈迦はもと北インドの一部族の名ですが、その部族出身の仏陀(ぶっだ)という意味で現在は広く使用されています。

【この名言・格言・言葉について】
あなたの考え方が現実になるのです。駄目だと思えば駄目に、成功すると思えば成功するのです。

【作品の仕様】






名言『人は人の心なり、義は人の路なり』孟子【受注後制作】
名言『人は人の心なり、義は人の路なり』孟子【受注後制作】
孟子孟子は(前372ころ〜前289)中国、戦国時代の思想家。鄒(すう)(山東省)の人。名は軻(か)、字(あざな)は子輿(しよ)。仁義王道による政治を説き、自ら孔子の継承者をもって任じ、性善説・易姓革命説を唱えた。後世、「亜聖(あせい)」と称される。の言行や思想を記した書。7編。後漢の趙岐(ちょうき)が各編を上下に分けて注を加え、14巻とした。宋代以降経書に数えられ、朱熹(しゅき)の「孟子集注」により四書の一つとして重んじられた。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『徒然なるままに』吉田兼好【受注後制作】
名言『徒然なるままに』吉田兼好【受注後制作】
吉田兼好吉田兼好は(1283頃−1350頃)鎌倉末期から南北朝初期の歌人・随筆作者、本姓は卜部(うらべ)、兼好法師。慈遍の弟(一説に兄)。和歌を二条為世に学び二条派の和歌四天王と称せられ、「続千載集」以下の勅撰和歌集に一六首入集、その著「徒然草」は「枕草子」と並ぶ随筆文学の傑作。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『禍福は糾へる縄の如し、禍は福の種、福は禍の種』吉田松陰【受注後制作】
名言『禍福は糾へる縄の如し、禍は福の種、福は禍の種』吉田松陰【受注後制作】
吉田松陰吉田松陰(よしだしょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者、地域研究家、である。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として知られる。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『天上大風』良寛
名言『天上大風』良寛
良寛良寛は1757年〜1831年、江戸時代中期−後期の僧、歌人、書家。宝暦7/8年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越後(えちご)(新潟県)出雲崎の名主の子。無欲恬淡な性格で、生涯寺を持たず、諸民に信頼され、良く教化に努めた。良寛自身、難しい説法を民衆に対しては行わず、自らの質素な生活を示す事や、簡単な言葉(格言)によって一般庶民に解り易く仏法を説いた。その姿勢は一般民衆のみならず、様々な人々の共感や信頼を得ることになった。格言など・・・うらを見せおもてを見せて散るもみぢ(辞世)

【この名言・格言・言葉について】
『下は風がないが天上は大風だから注意が肝心』というの意です。これから、どんどん上に上がっていく方へ・・・天上台風です・・・心して進んでください

【作品の仕様】






名言『もともと地上に道はない』魯迅【受注後制作】
名言『もともと地上に道はない』魯迅【受注後制作】
魯迅魯迅は(1881〜1936)中国の文学者・思想家で浙江(せっこう)省紹興の人。姓は周、名は樹人、字(あざな)は予才(よさい)、周作人の兄。日本に留学、帰国後、革命運動に参加したが、1918年、魯迅の筆名で「狂人日記」を発表。以後、「阿Q正伝」など多数の小説・雑感を発表し、30年に中国左翼作家連盟に加盟。翻訳、文学史研究などにも大きな功績を残した。散文詩集「野草」、短編小説集「故事新編」などがある。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『心で活かせ知恵と技』華岡青洲【受注後制作】
名言『心で活かせ知恵と技』華岡青洲【受注後制作】
華岡青洲華岡青洲は1760−1835江戸時代後期の医師。宝暦10年10月23日生まれ。吉益(よします)南涯に古医方、大和見立(けんりゅう)にオランダ流外科をまなぶ。紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)西野山村の生家にかえり、医業をつぐ。経口麻酔剤の麻沸湯(まふつとう)(通仙散)を開発し、文化元年日本初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した。天保(てんぽう)6年10月2日死去76歳。名は震(ふるう)、字(あざな)は伯行、通称は随賢。著作に「灯下医談」「瘍科鎖言(ようかさげん)」など。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『知って行わざるは、知らざるに同じ』貝原益軒
名言『知って行わざるは、知らざるに同じ』貝原益軒
貝原益軒貝原益軒は江戸前・中期の儒者。福岡藩医官貝原寛斎の四男、名は篤信、字は子誠、通称を助三郎、のち久兵衛、別号に損軒・柔斎。父や兄存斎に医学・漢学を学び、後に藩医となり京都に遊学、学問は初め陽明学を好み、のち朱子学を、晩年にはその朱子学も批判するに至った。その探究するところ極めて幅広く、子女の教育法を説いた『和俗童子訓』等著書も多い。正徳4年(1714)死去、85才。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『よろづの事はその元を正しくするにあり』貝原益軒【受注後制作】
名言『よろづの事はその元を正しくするにあり』貝原益軒【受注後制作】
貝原益軒貝原益軒は江戸前・中期の儒者。福岡藩医官貝原寛斎の四男、名は篤信、字は子誠、通称を助三郎、のち久兵衛、別号に損軒・柔斎。父や兄存斎に医学・漢学を学び、後に藩医となり京都に遊学、学問は初め陽明学を好み、のち朱子学を、晩年にはその朱子学も批判するに至った。その探究するところ極めて幅広く、子女の教育法を説いた『和俗童子訓』等著書も多い。正徳4年(1714)死去、85才。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『老後一日楽しまずして空しく過ごすは惜しむべし〜』貝原益軒【受注後制作】
名言『老後一日楽しまずして空しく過ごすは惜しむべし〜』貝原益軒【受注後制作】
貝原益軒貝原益軒は江戸前・中期の儒者。福岡藩医官貝原寛斎の四男、名は篤信、字は子誠、通称を助三郎、のち久兵衛、別号に損軒・柔斎。父や兄存斎に医学・漢学を学び、後に藩医となり京都に遊学、学問は初め陽明学を好み、のち朱子学を、晩年にはその朱子学も批判するに至った。その探究するところ極めて幅広く、子女の教育法を説いた『和俗童子訓』等著書も多い。正徳4年(1714)死去、85才。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『我事において後悔せず』宮本武蔵
名言『我事において後悔せず』宮本武蔵
宮本武蔵宮本武蔵は、1584年〜1645年の江戸時代前期の剣術家。天正(てんしょう)12年生まれ、播磨(はりま)(兵庫県)または美作(みまさか)(岡山県)の人で、父は一説に新免無二斎、二天一流をひらく。生涯六十余度の試合に不敗をほこり、吉岡一門、佐々木小次郎との決闘が有名で、晩年は肥後熊本藩の客分となった。水墨画にもすぐれ、代表作に『枯木鳴鵙(こぼくめいげき)図』など。正保(しょうほ)2年5月19日死去62歳、名は玄信、号は二天、著作に『五輪書』など。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『ふるさとは遠きにありて思ふもの』室生犀星【受注後制作】
名言『ふるさとは遠きにありて思ふもの』室生犀星【受注後制作】
室生犀星室生犀星は1889−1962大正−昭和時代の詩人、小説家。明治22年8月1日生まれ、逆境の幼少期をへて詩人をこころざし、大正2年北原白秋の主宰誌に「小景異情」を投稿、生涯の友萩原朔太郎と知りあった。7年「抒情小曲集」を刊行、30歳代から小説に転じ、「あにいもうと」、「杏(あんず)つ子」(昭和33年読売文学賞)、「かげろふの日記遺文」(34年野間文芸賞)などの代表作がある。芸術院会員、昭和37年3月26日死去、72歳、石川県出身、本名は照道、作品は他に「我が愛する詩人の伝記」など。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『是非に及ばず』織田信長
名言『是非に及ばず』織田信長
織田信長織田信長は室町後期の戦国大名で、尾張生まれ。今川義元、ついで美濃の斎藤氏を滅ぼしましたのち、足利義昭を擁して上洛、浅井・朝倉氏およびこれと結ぶ比叡山を撃破、のち義昭を追放して室町幕府を滅ぼしました。さらに武田勝頼を破り、石山本願寺と和議を結び、毛利氏征討を進めましたが、明智光秀に本能寺の変で攻められ、全国統一の業半ばで倒れました。安土城を築き、また関所の撤廃・楽市楽座・検地等の革新政策を行なった武将で49才で亡くなりました。

【この名言・格言・言葉について】
織田信長は、普段は口数が少なかった人物だったといわれています。信長公記の中で、『是非に及ばず』は、本能寺の変での信長の最後の言葉として書かれています。また、それ以前の1570年、越前朝倉攻めの際に、浅井長政の謀反を知ったときにも、『是非に及ばず』と言ったそうです。彼らが生きた世界は言葉よりも力がものを言う戦場。武将、軍人に言葉など必要ないのだ、ということなのでしょう。現代の言葉に直すと『議論などしても意味はない』ということになるのでしょうが、この姿勢を貫いたからこそ、信長は『言葉よりも力がものを言う時代』を制することができたのでしょう。現代社会では議論議論で前に進まないことも多々あります。だからこそ、このような名言には非常に力を感じます。

【作品の仕様】






名言『敬天愛人』西郷隆盛
名言『敬天愛人』西郷隆盛
西郷隆盛西郷隆盛は明治維新の指導者。薩摩鹿児島藩の下級士族の出身、通称を吉兵衛、吉之助、号は南洲。藩主島津斉彬(なりあきら)に取り立てられ江戸詰となり、将軍継嗣問題で一橋慶喜擁立運動に東奔西走するが、井伊直弼大老就任とともに始まる安政の大獄で幕吏の追及を受け、僧月照とともに帰藩しました。(1827−1877)西郷隆盛は現在にも伝わる素晴らしい言葉(ことば)・名言を数多く残しており、この名言を”座右の銘”にしています人も多くいます。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『後へは引けぬと決めたからには、己を貫き戦うまで』直江兼純
名言『後へは引けぬと決めたからには、己を貫き戦うまで』直江兼純
直江兼純直江兼純は安土桃山時代の武将。越後の戦国大名。上杉景勝の執政。関ヶ原の戦い後、減封となった米沢藩上杉家の藩政確立に努めた。また、直江版を刊行。米沢藩学問所禅林寺を創設。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『不自由を常と思えば不足なし』徳川家康【受注後制作】
名言『不自由を常と思えば不足なし』徳川家康【受注後制作】
徳川家康徳川家康は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名、江戸幕府の初代征夷大将軍です。徳川家康は、織田信長と同盟し、豊臣秀吉に臣従した後、日本全国を支配する体制を確立し100年以上続いた戦乱の時代に終止符を打ちました。家康がその礎を築いた江戸幕府を中心とする統治体制は、後に幕藩体制と称され、17世紀初めから19世紀後半に至るまで264年間続く平和な江戸時代をつくりあげました。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『人生にとって健康は目的ではないしかし最初の条件なのである』武者小路実篤【受注後制作】
名言『人生にとって健康は目的ではないしかし最初の条件なのである』武者小路実篤【受注後制作】
武者小路実篤武者小路実篤は小説家・劇作家で東京の生まれ。トルストイに傾倒し、志賀直哉らと雑誌『白樺』を創刊し、人道主義の実践場として『新しき村』を建設しました。文化勲章を受章し、著書には小説『お目出たき人』『幸福者』『友情』『真理先生』、戯曲『人間万歳』などがある。武者小路実篤は、現在にも伝わる素晴らしい言葉(ことば)・名言を数多く残しており、この名言を”座右の銘”にしています人も多くいます。

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『世界中の人が、ことごとく、ほめるような人間などいない』
名言『世界中の人が、ことごとく、ほめるような人間などいない』
--

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】






名言『忍耐のなかから価値を見出す』
名言『忍耐のなかから価値を見出す』
--

【この名言・格言・言葉について】

【作品の仕様】





P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ritashindo/index1_0.rdf