はぁ 

2006年12月15日(金) 21時51分
ただのぼやきです。
気にしないでください。

見たい人は反転してください。




悪いのは自分

期待に応えられない自分が悪い



でも

私には無理

期待には応えられない

だって

そんなに私は強くない

代わりなら沢山いるでしょう



私にこれ以上何を頑張れと言うの

誰も信じられ無くって

小さな幸せさえも消えて

絶望しか残っていない私に

何をしろというの


どうすればいい

ワカラナイ


もどかしい

悲しい

頭痛い

涙しかでてこない

私なんて生まれてこなければよかった

誰か私を殺してくれればいいのに


キエテシマイタイ

なんで生まれてきてしまったんだろう

自分の全てが嫌い






塾の保護者面談。 

2006年12月14日(木) 20時43分
今日は、塾で親と塾長が1対1で面談するやつがあった。

塾長に何を言われたか聞いたら、

「このまま行けば、弥生も受かる。ずっとこのままなら、伊那北も受かる。」
だそう。

行くきないしなぁ。そんな所。
行っておけば後の方でいろいろ楽なんだろうけど、面倒だし。
というか、テストでこれからも400点取り続けるの無理だろうし…

今は勉強より恋に燃えてるしvv(うわ)
勉強そっちのけで、ずっと見てたい…
(ストーカーか!?)
ふふふvv(不気味)

でも、あんまり普段喋らないからね…

ふぅ。

明日は学校の三者面談だし…
担任と向き合って話すのとか嫌だし……

憂鬱…。

ふぬ 

2006年12月13日(水) 21時09分
修学旅行の班が決まった。昨日決まった。
女子の方は 納得できる。

けど 男子が微妙。この班でうまくやっていける自信は無い。

はぁ。



まずは1回目 

2006年12月06日(水) 21時50分
はじめまして(?)
いろいろな人の影響を受けて、ついにブログを作ることにしました。

ここは、私のストレスの発散場所にしようと思います。(おい

早速なんですが。
来年の4月だか5月に私の学校で修学旅行というものをやるんです。
で、今日はその修学旅行の班決めをしたというわけです。(女子のメンバーだけ)

先生が「自分たちがしたいような班にしていいよ。」という事で。
いつも一緒にいる友達と同じ班になろうということになったわけですね。はい。

班を決めるにあたって、女子は3人、3人、3人、3人、3人、2人という感じで分かれなければいけないんです。

私がいつも一緒にいる友達は4人いるので、2人2人に分かれたんです。
が、

私のクラスで一番のリーダー格の方が、

「今、留奈さんたち2人2人にグループ別れてるじゃん。
でさ、
どっちかの2人が不登校の子(なぜか嫌われている)と一緒の班になって、
あとの残りの2人がそのままでいれば(男子が5人もいる班)
他の班に移ったり、(私の)友達と離れなくてもすむから、
どっちかにしてもらってもいい?
その方が留奈さんたちもいいでしょ?」

と言ってきたわけです。
それは私には、
『私たち、不登校の子とは一緒になりたいし男子が多い班になるのは嫌だから
あなた達が代わりになってよ。
その方が私たち嬉しいし』
と言っているようにしか聞こえない。

私たちのグループは比較的あまり本音を周りの人に言わない方(内気)という事もあるのだろう、
周りから、嫌なことを押しつけられるような事が多い。
多分。『この人達に押しつけても、何にも言わないしいいじゃんv』
と思われてるからだと思う。

結局、その女子の条件をのむしか選択できない私たちは
(断れば後で何か言われるだろうから。それが嫌だから)
しょうがなく、私はその男子が5人もいる班に(女子と全く話さない男子。)
もう2人は、不登校の子と一緒の班になってしまった。

しかも、私たちは他の人と違い、同じ班になる男子が既に決定していた。
いきなり先生に
「男子は人数の関係で、5人になるんだけど…それでもいい?(その男子は不登校の男子・女子から嫌われている男子・全く女子と話さない意味不明な男子)」
といわれた訳。
「嫌です。そんな奴らと行ったら死にます」なんて事はさすがに言えないので、
もう1人同じ班の女子に「私はどっちでもいいけど…?」とその子に話をふったら
「うん。いいですよ」とあっさり承諾してしまった。(本当は嫌なんだろう)

多分最悪になると思う。修学旅行。
そもそもあんなクラスでいい思い出を作れるなんて一欠片も思っていないけど。でも、あれはないでしょう?

後でそのリーダー格のグループの1人が「みんな納得できたと思うよv班vv(まだ女子のメンバーしか決まっていない)」と言っているのを聞いたときは、その人を殴ろうかと思った。
人の気も知らないで…自分の思っていることを言わない方もいけないんだろうけど。

押しつけられるだけか…。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:risk-deep
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる