(無題) 

2010年03月22日(月) 5時51分



久しぶりに更新。
もやもやしたときは、なんとかしてこの気持ちを鎮めねばならん。
















貞操観念。

あたしにはそれが、無さ過ぎるんだよ。



最近ほんとに、ひどい。
ひどすぎるわ。






一番振り向いてほしい人に振り向いてもらえない一番の理由は、きっと、それ。



大切な、重要なツールであることはわかっている。
でも、それだけで繋がっているのは何か違うよね?

それがあるから急にややこしくなる。
たったそれだけなのに、全部がわからなくなる。

それがなくても、あたしを必要としてほしい。
それがなくても、大切にされる存在で在りたい。



はっきり言うけど、行為自体、あんなに気持ちいいものはないし、あたしは大好きなんだよ。
事実、あたしは拒んでいるわけではなく、自ら望んでいるのだもの。



でも、これからはもう少しやり方を変えなきゃいけないな。
もう二十歳だし、大人になろう。

これは、自分の本当の価値を知るために必要なんだよ。
大人になりなさい、あたし。

あたしは、大人の女になる。
これからは、大人のやり方で、男の人と向き合っていく。

それでこそ、自分にとって本当に必要な人が、自分に一番ふさわしい人が、見えてくる。



選ばれるんじゃない。
選ぶのは、あたし。
















よくわからない罪悪感。
誰に対して、とかじゃない。
おそらく、自分自身に対して。

この感情が一番気持ち悪い。
ずるずると後をひく。



一夜我慢すればいいだけじゃない。
その一瞬、乗り越えればいいだけじゃない。

この重たい塊を抱え続けるより、ずっとマシなんだから。












あーあ

もうどうせ取り戻せないなら
いっそのこと
全部手放してしまいたい




(無題) 

2009年09月01日(火) 12時22分


もしかしたら
彼は
神様があたしにくれた
贈り物なのかもしれない



もう少しだけ
彼のそばで
頑張らせてください

まだ諦めてないから
諦めないから

お願い



(無題) 

2009年09月01日(火) 1時23分



もう無理なのかなぁ。

諦めなきゃ、いけないのかなぁ。



会いたいなぁ

もっと色んな話がしたい
いつかはちゃんと
あたしの気持ち伝えられるかな

ちゃんと
伝わるかな




(無題) 

2009年08月03日(月) 1時03分



読み返してみたら

あたし
ずっと
この人だけは
忘れられずにいたんだなぁって



でもちょっと
それがうれしくて










特別なことなんていらないから

これからも
ずっとずっと
一緒にいられたらいいなぁ












あぁー

好きぃ



(無題) 

2009年07月05日(日) 2時09分



本当に
いてくれてよかった

ただそばにいてくれるだけで
それだけで

いつでも気付けば
あたしを優しく包み込んでくれている






疲れて
となりで眠るきみを見て
愛しくて

涙が溢れそうだった

この人だけは
何があっても
何が何でも
大切にしなくちゃって

もう
揺れちゃいけない

いや
揺れようが無い

ただ純粋に
好きで
好きで
しょうがない

きみ以上の人なんて居やしない
居なくていい



いつも
ありがとう

わけもなく
うれしくて
幸せだ
















あたしがんばれる
大丈夫

しっかり、あたし。




(無題) 

2009年06月02日(火) 3時32分


世界中の誰も知らなくていい
たった一人あなただけは知っていて
こんな私のこと


世界中の誰も知らなくていい
だって私達はちゃんと知っている
こんな二人のこと



(無題) 

2009年05月13日(水) 2時06分



驚いた
振り返れば
あたしの大好きなグレーのスーツを着たあなた



ほんとに‥
あんたはエスパーか。笑



言葉では説明できないけれど
偶然ではない
必然に導かれてるみたい
















比べるんじゃ、なくて



ただ純粋に
あの人が好きで
好きだから一緒にいるんだと
惹かれるんだと






その胸に引き寄せられるように
気付けばすり寄っているあたし

心地好くて仕方ないんだね
あたしをすっぽり包み込んでくれる
その温もりと優しさが













いい加減
振り返るのはやめよう



先のことはわからないよ

でも
それでいい



いくらでも待つわ

あなた以上の人なんて
そうそういない









あたしは決めたの

握ったその手は
もう離さないって




(無題) 

2009年04月28日(火) 4時52分



泣きじゃくるあたしを

ただただ黙って
抱き締めてくれた



この温もりが
この背中が
どれだけあたしを支えていてくれていたのか
守ってくれていたのか






「遅すぎた。
 でも俺は、ほんとにりさのことが好きだった。」



自分でも不思議なくらい
涙が溢れた

でも
悲しくはなかった

むしろ
うれしかった
幸せだった






最後まできみは
男だった

本物の誠意とは
こういうことか
















大きな片想いでした


そこに後悔は無い

残ったのは
沢山の思い出と
湧き上がる愛情

全てきみがくれたもの
大切な宝物









ありがとう
本当に ありがとう



今までも
これからも

大好きです




(無題) 

2009年04月22日(水) 10時28分

タリラリ聞いてたらテンションあがってきたw


やはり

別れは常に視野に入れとかなきゃなりませんなw

執着すっからいけないのよね〜
だからどんどん相手が甘えるのよね〜
今のままでは彼を増長させることにしかなりませぬ。

誰のため?
きみのため。
そして、あたしのため。

あたしにとってマイナスにしかならないのなら、それは手放さなきゃ。
一緒にいる意味などない



もう決めた!
しばらくほっとくw

いないものとして生活すればいいのよね。
そーよね、そーよね。
頭の中から追いやってしまえばいい。笑



どうにでもなってしまえ(。∀゜)
てゆか
なるようにしかならんw
















てゆかあたし。
ほんとに好きなのか?笑


(無題) 

2009年03月11日(水) 23時53分



男の人が
女の子よりも
ずっとずっと繊細で弱い生き物なんだということは
なんとなく感じるけれど



それでも
やっぱりあたしは
男の人には強く在ってほしいんだ

きみの傷は
あたしが癒すから
何も心配しないで闘えばいい




男は女を守ることで強くなり
女は男を支えることで優しくなる

のだと思う




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:risanko222
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像jally
» (無題) (2010年06月11日)
アイコン画像jally
» (無題) (2009年08月04日)
アイコン画像jally
» (無題) (2009年03月18日)
アイコン画像jally
» (無題) (2009年03月03日)
アイコン画像jally
» (無題) (2009年03月03日)
アイコン画像紗央里
» 名古屋港水族館3 (2007年09月29日)
Yapme!一覧
読者になる