遅く起きた朝は 

April 18 [Tue], 2006, 13:05
仕事を辞めてから彼氏の元へ行くまで、
グータラな生活&半引きこもり生活をしているため、
生活習慣が乱れまくってる。
彼氏と一緒に暮らしていたときは、お互い仕事で疲れているので、
帰ってきてご飯を一緒に食べてお風呂にはいってすぐに寝ていた。
理沙が実家に戻ってきてからも、彼氏はもちろん仕事を続けているので
同じような生活をしているものと思われる。
前と変わったのは、早く帰ってこれたら、理沙と少し電話をして、
寝る。といったところだろうか。
一緒にいたときには、理沙の仕事が速く終わる事が多かったので、
疲れていないときは、きちんとご飯を作って、疲れてる&寝てしまったときは、
彼氏に帰りにコンビニ弁当を買ってきてもらっていた。
後半なんて、ほとんどコンビニ弁当だったけど・・・
今、彼氏はきっと毎日がコンビニ弁当。大丈夫だろうか・・・。
めんどくさがりで、だらしない理沙ではあるけど、
日曜日から彼氏の所でまた暮らし始めるので、
それからはきちんと夕飯を作ってお風呂もわかして疲れて帰ってくる彼氏を
待っていてあげたいと思う。
今まで、今帰る。と電話があってからご飯はさすがに間に合わない。
けど、お風呂はお湯をためるだけなので、毎日お風呂はわかして待っていた。
これからも、こんな生活がずっと続くけど、それに加え、夕飯の支度もきちんと
しようと思う。
結婚を考えているから。

おひょひょひょ 

April 17 [Mon], 2006, 23:07
ふーーーー
なんか疲れたー
今日、母様が、理沙が勤めていた会社に行ったそうな・・・
まぁ、住民票の移しとか、荷物のこととか。
理沙もいくつもりだったけど、お金がかかるから一人で行くと。。。
まぁ、帰ってくるなり愚痴愚痴いわれますわ。
まぁ、向こうの会社の常務取締役もご立腹はまだ健在のようで。
300万請求したいくらい腹立ってるんだとか。

別に気にしないけど〜
もともとあの人性格悪くて嫌いだったし。
なんか、いやだったんだよね〜

まぁ、明日いまさらながらにも退職願を書かなくてはならない・・・

荷物はすぐに届くと思ってたけど、土曜日に届くらしく、
木曜日に彼氏の元に行くというのは延期。
日曜日になりました。

はー、早く解放してくれ・・・

って、もしこれ会社の人が見たらすぐに私のことわかるだろうな・・・
ごめんなさい。
でも、本当に嫌いなんです。仕事は好きだったけど。
人間関係が原因ってのはあっちは思ってもいないでしょうね。
チャンチャン

変な終わり方・・・

今現在 

April 16 [Sun], 2006, 19:04
まぁ、そんなゴタゴタがあって、失業してから約1週間。
今は実家にてグータラな生活をしているわけです。
でもね、まだ住民票も会社のある町の役場にあるし、
そっちで住む家も決まってなくて、民宿で生活してたんだけど、
家具類などの荷物はまだ会社の倉庫に保管してあるのよ・・・・
だから明日、朝一のフェリーでまたいかなきゃなんないの。
もう顔も見たくないし、向こうも見たくないだろうけどね。

めんどくせー
滅茶苦茶めんどくせー

まぁ、行かないと彼氏にも会えないんだ
って考えて頑張りますが。
荷物が実家に届いて、住民票も彼氏の家の住所に修正して転出願いを出して、
荷物の整理をして、来週末には彼の元へレッツラゴォォォ!!!
まぁ、彼氏、仕事が忙しくて、毎日帰ってくるのが24:00なんですが・・・
かわいそうに。でも、私はバイト探しをしながら夜食を作って待つわ・・・!
私まーつーわ〜♪いつまでもまーつーわ♪ってね。

てか考えてみれば、このブログ見る人はきっといないだろなあ・・・
書きなぐってるだけだし、見てて気分悪くなるよね・・・ごめんなさい。
でも、自分のストレス発散と、賭けのために続けたいんです。
もし見た人は、
「こんな馬鹿な生活してる人もいるんだな〜」
って、流してやってください。

そしてね 

April 16 [Sun], 2006, 18:59
まぁ、そんなこんなで、入社1ヶ月と2〜3週間が経ちまして、
お互い色々と話が合って、一緒にいて楽しくて安心できる存在になった理沙と彼氏は
両思いだったみたいなのですが、奥手でなかなか言い出せない日が続き、
思い切った彼氏からの告白で付き合うようになったわけです。

ま、それで仲良く喧嘩もせずに今に至る。
優しくてさー、でもちゃんと悪い時には叱ってくれて、気持ちを表すのに不器用な人で、
すっごい愛しいわけなんです。

で、彼氏が出来たという情報を聞いた自社の上司が「これはまずい」と思い、
1年で私の研修期間は急遽終了。自社に強制連行させられたわけですが。
まぁ、だめだよね〜
恨むなら、理沙を都会に行かせた自分を恨んでくださいって感じです。
まぁ、やる気がなくなって精神的に参って急性胃腸炎なんかになった
自分も弱くて、かっこ悪いんだけどね・・・

仕事について 

April 16 [Sun], 2006, 18:40
高校3年生の時、本当は保育士の資格が欲しくて、理沙は進学したかった。
でも、家庭の金状況がちっとばかり不安定で、親には反対されたので、
少し反抗して、わざと専門学校や大学の資料を請求したりもしたが、
段々地元に残りたいと思うようになり最終的には就職希望として、就職活動に励んだ。
試験、面接も終わり、後日学校に採用通知が届いた。
地元からフェリーで2時間の小さな離島。
IT関係で、色々な施設のシステム開発などを担当している会社だった。
プログラムの知識は全く無いが、試験と面接での態度が、
他に受けた人よりも優れていたために採用してくださったらしい。

理沙はこの小さな島で一生懸命働き、たいしてかっこよくもない人と付き合って
結婚して、この島に永住するのだろう・・・まぁ、いいや。幸せならいいや。

そんなことを考えて、卒業式を終え、数日後、会社の人が家に来て説明をする
というので、説明を聞いた。
そうしたら・・・
「1〜2年、大きな企業での社会勉強とプログラムを学んでもらうために
○○市の○○会社で働いてもらう。」

ふーん。

・・・・・・・・・はぁ!?!?!?
あーあ、都会になんかいったら楽しくて戻ってきたくなくなるんじゃねぇの??
とか思って、まぁ、大企業で研修にいったわけだが。

楽しい・・・楽しい!!その大企業の新人約10名は、みんなとてもフレンドリー
おちゃらけた人、クールな人(後に彼氏になる)、可愛い人、背の小さい人、
優しい人、など、みんなとっても面白い。
新人の頃は退社時間が早かったので、平日にも関わらず、みんなで朝まで遊んで、
そのまま次の日に出勤したりもした。

それでね 

April 16 [Sun], 2006, 18:39
まぁ、またいつものごとく、なぜ今ブログを再び始めたか、というと。
理沙には付き合ってもうすぐ1年になる彼氏がいらっしゃって。
研修先の会社の新人で、同期として仲良くなって、研修中の一年間の後半半分は
一緒に暮らしていたようなもの。
そして研修期間が終わって、私は地元の自社に戻ってきたんだけど、
まぁ、出勤2日目にして急性胃腸炎で仕事への情熱が冷めてしまい、
辞めちゃったんですwまぁ、実際1年と2日。なんだけど、研修で都会に行ってたので、
2日しか出勤せずに終わったということで、従業員の少ない小さな会社の
常務取締役はもうご立腹。まぁ、覚悟の上で退職願いを申し出にいったわけで。

まぁ、それで、来週には再び彼氏の家に、今度は正式な同棲として引っ越すのです。
お互い結婚前提と考えての交際なので、これから結婚しても、
飽きずに家事、炊事、仕事、育児・・・etc
などなどを、きちんとこなしていけるかという賭けに出たわけです。

次は仕事について詳しく書こうっと

今日から真面目に頑張ろう 

April 16 [Sun], 2006, 18:14
今日から真面目にブログ更新をしようと思う。
とは言うものの・・・理沙は今まで日記という日記を成功させたことがない。
このヤプログのIDも何度登録しては削除したものか・・・
一番長く保つことのできたのは、ブログではないが、高校3年生の時。2年前かな。
その時はイラストを描くのにハマってて、ドヘタ!ってわけでもなかったので
自分のイラスト搭載中心のHPを持っていた。
元々WEBデザイナーになるのが夢だったので、飽きやすい理沙でも、
HPの運営はそこそこできて、HP更新=日記更新ってかんじだったから
それはそれで、学校での出来事や、色々なイラストサイトさんのことなど、
ネタも尽きずに更新できた。だが、高校卒業と同時に時間が無くなりサイトは閉鎖。
仲良くなったネッ友とも今は普通に連絡とってるし、HP閉鎖は別に何とも思わなかった。

それから、すぐにこのブログと出会い、やってみよう!って感じで
一度登録したが、まぁ、仕事(仕事については後ほど)が思ったよりも忙しく
ブログ更新のことは頭からすぐに消え去ってしまった。
それから、気まぐれな理沙は何度も何度も同じことを考えてはヤプログのIDを削除し、
また登録し・・・を繰り返した。

まぁ、いつも同じ結末を迎え、「やっぱりか」のごとく忘れ去られるブログさん。
ごめんね。今までのブログさんたちよ。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:risajun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる