賃貸運営管理

January 13 [Thu], 2011, 11:11


 転勤などの期間限定の一時的な諸事情により自宅を空けなければならない時に有効なシステムとしてのリロケーション


?このサービス内容として賃貸運営管理があるが、この賃貸管理は入居者の募集や賃貸借契約締結代行、家賃送金・催促、クレームの対処、入居者退去時の原状回復による敷金清算などを行うものである。


なお、メリット・デメリットは下記のとおりである。


@メリット:


比較的短い期間戻ってくることが予想される場合、契約で定めた期間が満了することにより更新されることなく終了するリロケーションのサービスを利用することで、賃貸借における契約の更新手続きが発生しません。


このため、一般的な賃貸借契約で発生しやすい賃借人の立退き料や煩わしい手間がなく、賃借人が退去するまで仮住まいをして待つことなく入居できます。


Aデメリット:


期間限定での契約であることから、通常の建物賃貸借と比べ、賃料を下げて入居者募集をする必要性が生じやすくなります。


また、貸し出すために最低限必要な体裁を保つための畳や壁のクロスなどの補修、ハウスクリーニングが必要になること、貸し出ししている期間に比例して、壁面やドア等の損耗しやすくなり、貸し出す前後で補修費用が掛かります。


以上のメリット・デメリットを考慮した上で、貸し出す期間や貸し出す邸宅の初期費用・補修費用等トータルコストと家賃を考慮して決定することが肝要だと思います。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:riro195
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/riro195/index1_0.rdf