無題 

2006年01月24日(火) 5時05分
嫌なことあった
また同じことだ
相手の言うことももっともだ。私が期待しすぎなんだ
でも、自分も変だな
嫉妬が過ぎて、こんなことになる
それって、相手をちゃんと信用できてないからということもかなり大きい
それだけそういうことをしてるんだよ、相手も
私の悪いところ、同じことをするところ、ウジウジ相談するところ?人を巻き込むところ?
それって、あの人が誠実ではないから・・
でも人のせいにしてはいけないこともわかっている。
そんな人を好きになってるのだし。
相手に合わせてるのだし。
だから、一番自分がしっかりできてなかった。
うざいって・・何度か聞いた言葉
それも真実だな
相手にとってはうざいんだ
相手を好きになるということは・・あの人は・・
かなり難関だろう・・
道のりはずっと厳しいのかもしれない
しかし、優しいという人ではない
真実の優しさってなんだろう
「不誠実な人に誠実さを求めるのは、傲慢だ」
これは、とある人から言われた言葉。
都合のいい女と思わせる
=手の上で彼をころがす=しかし、表面上は言動もすべて彼に従っている
=女性にとって屈辱と思うか、不誠実な人から尊敬されなくてもいいと思えるか
結局、相手への想い<自分にされたことの苦しさ、人間としてのプライドを傷つけられた事
これになれば、別れることになるんだろうな・・
まだ、今は、相手への想いが強い・・
やっかいだな

神様にお願いしている。
これだけは絶対!っというお願い
彼と離れるときは、絶対、私から離れるということ・・・

彼から別れられたら・・・
もう自分の傷を埋めることはできない

それだは、ささやかな、そして、絶対のお願い事なんだ。

とある・・・2 

2006年01月08日(日) 22時03分
さきほどの文章はとある人気エッセイストさんの日記です
なるほどと思い、載せました
男女の心境ですね
ただ、私は、まだ、すがりついたりしない・・ってことが自信ない
執着心と依存が抜けないままなのかな
成長したい
どうしたらいいのか、また、トンネルに入ってしまったようです
抜け出すのはもうすぐと、思いたい

ただ、好きな気持ちはどうしても取れない
仕方ないよ
年があけても相変わらずしんどい日々がある

とある、ブログから 

2006年01月08日(日) 21時53分
男と女の言葉になる関係・ならない関係
愛する人との時間が愛と幸せに満ちて涙が出そうなときは
それを言葉にするすべも見つからなくて
ただ沈黙に浸っていることもある
それはお互いが同じ気持ちで同じくらいその瞬間の幸せに
漂っていたいとき・・・とても素敵な沈黙なのです

そして今度は もっと関係が親密になって完全に打ち解けあうと
うれしいことや楽しいことだけじゃなく
その相手に対して腹の立つことや 気にいらないことも
言えるようになって けんかするくらいになる
けんかしていても本当は好きだからこそわかってもらいたくて
どうしてこういうことを言っているのか
なんでこんな気持ちになっているのかを一生懸命相手に訴える
わかってほしくて もっとわかりあいたくて・・・・
でもでも そんなけんかをしあっても
何度同じことをいっても
いつも「わかった、わかった」と口だけでこちらをなだめて
そのことを忘れさせようとしたり 無視しようとすると
こちらは そのことがよけいに腹立たしくて 
口もききたくないし 顔も見たくないとなってしまう
その原因の一部に 少しでも他の異性のことがからんでいたりすると
完全に信用はなくなるし 愛情は急激に冷める
女性は 泣いたり わめいたり ぐずぐずいうけど
「この人は私を大事にしない人」「この人は私を傷つけた」となると
気持ちは遠のき 愛のうらがえしの憎しみさえわいてくる

 

2005年12月17日(土) 4時54分
心から 大切なあなた
愛してます
とても、とても・・・
いいところも、短所もすべてひっくるめて
あなたを愛しています。
この世で知り逢えたことを
大いなるものに、感謝します。
苦しいことも多いけれど
愛してます・・・この気持ちは
変わらないようです

とある役員としての愚痴 

2005年12月11日(日) 23時26分
私はとある子供のクラブの役員を今年している
昨日の出来事だ
朝、長女を送っていって帰宅したら、次女がおなかが痛いとトイレでうずくまっていた
風邪か!?冷えたのか?!次女にしてはあまりないことなので様子を見ながら今日の練習は休みなさいと言った。実はその日の夕方から練習を切り上げてとある演奏会へ部員たちは行く予定になっていた。次女は行きたがったが、仕方ない
私はその日の引率役員にあたっていた。夫は前日から泊まりで慰安会、しかも夜遅くなると連絡があった。夫はあてにできない。長女はあと2日、期末試験が残っており、それどころではないだろう。
そこで、引率できない旨を部長に連絡した。仕方ないとのことで休んでと言ってくれた。
しばらくして、携帯にメールがきた
〇〇ちゃんが具合わるいそうだ、休んでもいいと言ったが、あてにならん奴やなあ。。マッタク・・
とのメール!
おそらく、他の人に回すはずだったのが、私のところに間違えて送られてきたのだ
なんだかショックと怒りで、引用返信で、次女の具合が悪いのをほっておいたまま出かけられないと
お詫びのメールをした。
相手はびっくりしただろう
返事は、朝からメールがいっぱいで、人数確認との件でイライラしててつい愚痴ったと、ごめんなさいとの件だった
それ以来、連絡はない。

距離続き2 

2005年12月11日(日) 6時47分
返事は返したがその後もずっと寝ていた
昼ごはん食べたメールもきた
その後1回と、帰りにメールがきた
けれど、みんな、文字数の少ない簡潔なメールだ
返信したら、それでおわり・・
その返事はこない。。もっとも、それはいつものことだけれど。

私は帰りのメールのあと、電話がかかってくるかもしれないって、期待を少ししてたけれど、反面、かかってくるわけはないって思ってた
案の定、かかってこない
わかってた。
なんとなく、メールはしておこうと思ってるんだろう
しかし、私に疲れてるのもあるんだろう

なんだかしんどそうな気持ちが伝わってくる

私も今が最近で一番苦しいよ

だからこそ、こちらからメールしないでおこう、もしきてもすぎに返事しないでおこうって思うんだ
けれど、返事だけは、すぐしてしまう

私って、意志が弱い
何かを打破しないと、関係は変わらないのにね

私の存在が彼にとってどうなのか
私は、ずっと連絡しない、返事もしない、ネットもしない、そうなったら、一番彼の気持ちがわかるって
それを実行したいのに、勇気がなくてできない

夜中、やはり、こちらからネット連絡をとってしまった
少し話ししたが、すぐおちた

今は、自分のことでせいいぱいのようだ
わかってる
私も自分のことで精一杯がんばるしかないのも、わかってる

神様、どうか、私にエネルギーをください

彼のことを中心に思う生活から、自分を中心に考えれる生活ができますように
どうか、力を貸してください。

今日も朝までおきていた
明日(もう今日だね)、絶対、部屋の片付け、なんとかやってみよう

距離続き 

2005年12月11日(日) 6時45分
昨日、あなたが朝から機嫌が悪く、夜までとうとう、それが引きづった形になって、夜中に話できたとき、今までと同じような話になったよね
私、最後に、自分から、「わかってたよ、そうなるような気がした」と言って別れの予感を言ったら、
勝手に暴走してるって、言ったよね
でも、そういわないと、あなたは、つかれた、しんどい、って言ってたから、こわかったんだ
今後ね、あなたからの別れを言われるほど、自分がだめになることはないほど、傷つき立ち直れないんだよ
だから離れるなら、私からって、神様にお願いしてる。
だから、自分から言おうと思ったんだ
離れたら、もっとしんどいのも予想できるけれど、それしかないと思ったんだ

でも、とりあえず、話は終った

私は薬を倍飲んで、泣きながら、布団の中で朝まで叫んでたよ
執着心、依存心、のアホ〜〜〜〜〜!!出て行け!よ!おまえらのせいで、私はめっちゃ苦しいんだよ、あほか!
私もあほやけど、なんとか頑張ろうとしてるのに、なかなかしんどさから抜けれない
自分のあほ。そして、弱い心もあほ。メールや連絡を待つ気持ち・・これが一番苦しい元凶だ!
メールを待つ気持ちのアホ〜〜〜〜私から出て行け!!!!
そして、涙を流しながらいつの間には眠っていた。

朝、長女を起こし、駅まで送っていった
帰宅すると次女がおなかいたいといって、トイレにいた

朝、いつものように仕事に行くってメールがきた

距離 

2005年12月11日(日) 6時09分
距離を置こうと思います。逢いたいけれど、どうしても毎晩泣いてしまうような付き合いって、どう考えてもおかしいよ。でも気持ちは、愛情は、好きな気持ちは変わらない。
なのに、辛いことばかりだよ
あなたは、もてるし、一人の女性では満足しないよね
私のことは多分、いろんな意味であなたの心には存在してるとは思うけれど、あなたの心の波の激しさに、いつも振り回されて、すごくつらいんだ
あなたのそんな性格や行動は、もうとっくにわかってることなのに、いざそうされると、どうしていいかわからなくなり、パニックになる。
私が1番だと言ってくれたことも、どうしても心から信頼したくても、なぜか不安がつきまとうあなた。
これってとても不幸だよね
ずっと想ってきて、そばにいれるだけで幸せで、あなたの悪いところもいいところもすべて受け入れて、母のようにあなたを許して広い心でいようと、決心していたけれど、それがなかなか自分の中に根付かない。
これって、私はそこまでできる女性じゃないっていうことなのかな
10月11月は、心が安定してて、とても楽しかったよ
それでも、まったく何もなかったわけではないけれど、不安が的中して一波乱あったこともあったね
でも12月に入り、直前に、偶然また、とある女性とのメールを知ってしまって、それ以来、疑心暗鬼が消えない。
そういう人だって、百も承知なのに、自分を抑えられない。

それって不幸だよね
こんなに好きなのに、ずっと不安がつきまとう
そして、彼は私には、ひどいこといったり、キレタ行動とったりする
私にすごく尽くしてリアルでいろんなことを頑張ってると言う
それを私が感謝していない、オレがどこまでやってもキリがないと言う
そうじゃないんだ
そうじゃなくて、不安なんだよ
自分の存在、あなたのとっての存在に、自信がもてないんだ

何度も今まで、別れを言われそうになったり、実際、あなたから離れていったこともあるね
でも、ここまで一緒にやってくれた

いろいろ言いたいことはやまほどあるけれど、あなたを前にすると、いえないよ
ありがとう というのは、本当だよ
感謝、これも、心から思ってる

多分ね、執着、依存、そして、あなたからのコントロールが元凶だと思う。

P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ririka1123
読者になる
Yapme!一覧
読者になる