● ● ● 我が家のうさぎたち‘りり’と‘ニコ’の成長記録 ● ● ●

プロフィール
名前: ルビー(飼い主)

名前: りり
うさぎ(ホーランドロップ)・♀
カラー: リンクス
誕生日: 2006年8月17日
月還: 2015年5月21日
   (享年・8歳9か月)
出身:「うさぎのしっぽ」(東京店)
2006年10月8日、我が家に。
好奇心旺盛、物怖じしない、プライド高め(?)、 落ち着きがない、おてんばさん。淋しんぼうで、甘えんぼう。
破壊女王で、リアクション女王。
平均体重:1600 g

名前: ニコ
うさぎ(ホーランドロップ)・♂
カラー: ブロークンリンクス
誕生日: 2007年3月19日
月還: 2016年5月21日
   (享年・9歳2か月)
出身:「うさぎ舎」
2007年5月26日、我が家に。
おとなしめの、ぼんやりさん。何事にも興味薄だったのが、発情で豹変。オヤツよりカクカク?!
予測のつかない行動を取る天然系。
現在の体重:1550 g

〜 Riritter 〜
2009年11月1日スタート!

リリブロ3周年で新機軸☆
http://ririchang.blog9.fc2.com/
※現在お休み中です。
再開までしばらくお待ちください。
メール
メールはこちら ↓ から♪

メールは返信が
遅くなる場合があります
最新コメント
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年08月20日)
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年08月20日)
アイコン画像ひつじ
隠し子たちのご紹介 (2016年08月16日)
アイコン画像kabu
隠し子たちのご紹介 (2016年08月09日)
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年07月11日)
ギャップ顔写真コンテスト
第2回・ギャップ顔写真コンテスト

*投票結果(各賞)発表
*表彰状

第1回・ギャップ顔写真コンテスト

*投票結果発表
*「ピタリ賞」「参加賞」発表
*表彰状
アンケート

〔調査期間:終了しました〕
ご協力ありがとうございました!
* 投票結果を見る *
画像BBS

※現在、書き込みはできません




«2010年01月 | Main | 2009年11月»
3周年スピンオフ企画☆2009年ありがとうプレゼント / 2009年12月31日(木)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら





2009年も、リリブロにご訪問していただいた皆様
仲良くしてくれた皆様、どうもありがとうございました!




今日は、2009年最後の記事&2010年最初の記事として
リリブロ3周年記念のスピンオフ
『2009年ありがとうプレゼント』企画やっちゃいます(^ー^)/

今回は、どなたでもご応募可能です!
記事の最後まで、どうぞお見逃しなく!






2009年中の日常のいろいろなネタ、、、
ケージ引っ越しのこととかも、結局書ききれなかったワ。。。
その辺は、2010年にでも追い追いってことで
最後に、年末のいただきものをご紹介させていただきます♪





 ショコラママさんより

ショコラちゃんの‘DECOチョコ’と一緒に
ビワの葉や、六花亭のお菓子まで!
人間用お菓子、メッチャうれしいのです〜〜
ショコラママさん、どうもありがとうございました!


りりニコも、ビワの葉大好き!大喜びで食べていました☆


ビワの葉の記事は、Riritterでも♪⇒ りり ニコ





よこさんより



私も一度行ってみたい、
うさぎの神社として
うさ飼いさんの間では結構有名な
『調(つき)神社』のお守りです!


ちょうど、届いた日に
ニコちゃんの白内障記事を書いていた時だったので、
ものすごく感激!目がうるんだよ〜(ToT)

よこさん、どうもありがとうございました!


よこさんちのフィオちゃんは、ニコちゃんの親戚さん♪
…ってことで、このお守りは
ニコちゃんのケージに付けてあげることにしました

りりのケージには、昨年姉妹のモカちゃんからもらった
オニキスのお守りを下げています☆)







こちらは、秋のうさんぽで・・・
spurさんのゆきさんkuniさんチロルままさんより
(まとめてのご紹介になっちゃってスミマセン


皆さん、お気遣いいただき、本当にありがとうございました!






さて、
ここから、リリブロ3周年記念スピンオフ
この1年ご訪問していただいた皆様に感謝を込めて・・・



2009年ありがとうプレゼント




DECOチョコは、過去2回作りましたが
先日、プロフハイチュウなるものを作りました♪
まだ出来上がりがこれから届くのですが、
たぶん可愛く仕上がってるんじゃないかな・・・と


画像見本・・・

出来てからのお楽しみってことで、モザイクかけてます。(^^;)




こちらを、2009年にご訪問いただいた方の中から
ストロベリー味グレープ味を2個セットで
8名様プレゼントさせていただきます




応募方法は、こちら



当選者数・・・以下、8名
(※応募者多数の場合は抽選)

 ◆フレンド賞・・・3名
  *応募者で2009年にコメントしてくれた方対象。

 ◆いつもありがとう賞・・・1名
  *応募者で2009年にコメントはしてないけど、
   いつも見てるよ!応援してるよ!って方対象。
   (※該当者がいない場合は、フレンド賞の当選数を増やします。)

 ◆ベストコメンテイター賞・・・先着4名
  我こそは、リリブロコメンテイター!という
  ‘2009年’に‘30回以上’のコメントをしてくれてる方対象。
  こちらは応募の先着順4名決定。
  (※もし4名以上となる場合、5着以降は申し訳ありませんが
   ‘フレンド賞’の対象とさせていただきます。この賞の対象者が
   4名に満たない場合は、フレンド賞の当選数を増やします。)



実際、コメント数とか数えてないので、回数は自己申告ってことで・・・(^^;)
ちなみに2009年のリリブロの更新は、今日を含めても
たったの53回!Riritterより少ないって、どーよ。。。(笑)




 ◆応募の締め切りは、
  2010年1月5日(火) 23時59分までです!

 ◆当選者の発表は、
  1月上旬〜中旬の間

(※この商品は、賞味期限が早いため、当選発表より1週間以内に
発送先のお申し出がない場合は、ほかの方に権利を
お譲りさせていただきます。あらかじめご了承ください。m(_ _)m)



尚、応募方法の『Q1〜Q3』の1つでも回答抜けがあると
受付対象となりませんので、ご注意ください。


それでは、ご応募どしどしお待ちしております(^▽^)/





2010年も、皆様と愛ウサちゃんたちが健やかに過ごせることを
お祈りしています。(*^^*)



みんなの幸せを祈って…
そして、プレゼントも当たりますように!

ポチッ♪             ポチッと♪

               
 



今年は、年末年始のご挨拶はご遠慮お願いしております。(→※)
挨拶は控えてますが、年明けにリリブロ占い(今年、ややウケ^^;)を
持って、2009年交流のあった皆様のところに
ボチボチと参上する予定です☆



ご応募いただいた皆様、ありがとうございます!
アンケート、楽しく拝見させていただきました♪(*^^*)

〈受け付けは終了しました〉

応募受付チェック済(1月6日・0時更新)
・ショコラママさん ・チャイママさん ・perumamaさん
・のゆきさん ・ネコさん ・どもちゃさん ・ゆいなさん
・もこさん ・まるさん ・ぴーちさん ・モモママさん

(※もしお名前がないという方は、お手数ですがご連絡ください。)


ただ今、この記事へのコメントは
  プレゼント応募者専用にしております。

 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 18:22 / 雑記 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(16)
クリスマスキャロルが流れなくなった頃には / 2009年12月29日(火)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら




 ♪ クーリースーマスキャロルが〜 流れなくなった頃には〜

   りりニコの答えもー
   きーっと 出ているだろう〜・・・


(いつから、替え唄がオープニングに…?




はい、
今年のクリスマスプレゼントの話なんですけどね( ̄▽ ̄;)










今年は、この「うさぎボール」をあげました♪



夏頃から、うちにゴロゴロあったんですが、
すっかりあげそびれていた、この‘わらっこ うさぎボール’…
クリスマスプレゼントになっちゃいました。




こうやって、ケージに掛けていても・・・



まあ、関心の薄いこと、薄いこと!(・_・;)

キミたち、
オモチャに対する情熱大陸、沈没しちゃってるね・・・


リースは、Rabbit wishさんで購入した
はなママさんの作品です♪
Riritterにも、写真ちょこっとアップ☆




あ、ニコちゃん、気づいた




久々に新しいオモチャだよ〜(´▽`*)




でも、ニコが興味をひかれていたのは、


本体ではなく、紐の部分。。。


このあと、紐に齧りついたと思ったら、
一瞬のうちに(マジで3秒ぐらい)、紐を噛み切ってしまいました。




そうなってしまうと、




完全にお役目終了。。。

(このあと、牧草挿したりして、フィーダー代わりにしちゃってます)




りりちゃんはと言うと・・・





やっぱり、花よりダンゴの子でした。(^^;)





次回は、緊急企画があるかも?!
年末年始のリリブロをお見逃しなく!

ニコちゃんレポは、もうちょっと待っててくださいね〜
そして、至って元気はあるので、安心してくださいね☆(*^^*)




次回に期待

ポチッ♪             ポチッと♪

               
 

 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 12:45 / 玩具 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(8)
エンセ検査レポ / 2009年12月25日(金)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら





 ♪ ソー は 青い空〜

 ♪ ラー は ラッパの ラ〜

 ♪ シー は 師走の シ〜



・・・ってなワケで( ̄▽ ̄;)、頭のほうは‘書く脳’モードに
なかなか切り替えれなかったりするんですが
今回もニコちゃんの今年の治療・通院のレポートの
続きを書きます!


(2日前の通院後のニコちゃんです)



その前に、、、


前回の記事に、たくさんのコメントをありがとうございました!(*^^*)
気持ちにプラスになるメッセージばかりで、本当にうれしかったです。
私も、皆さん&皆さんの愛ウサちゃんたちが
健やかに過ごせることを、ずっと願っています。






(*今回の記事は、前回の記事からまず読んでください。)



ニコちゃんの白内障は、
のちに、エンセファリトゾーン症(*以下 Ez)の症状は
見られないということがわかりましたが、
白内障が見つかったその日に、血液検査とあわせて
Ezの検査をお願いしました。


Ez検査は、発症していない時の検査は
やってもあまり意味がないと聞きます。
ニコちゃんの場合は、はじめは白内障が何が原因してるか
わからない状態だったこともあり検査をしてみました。





Ezについて、以前からよく見聞きしていた話で、
うさぎの7割が感染している・・・と
思っている人が結構いるようなんですが、
コレってちょっと都市伝説的な話なんですね。(・_・;)

データが出ているのが、‘限られた枠の中’で検査を行った
うさぎによるものなので、これが、世界や国内全体の
うさぎの7割というわけではないそうです。


ここ↓のページにより詳しい説明がされていたので、リンクを貼っておきます。
http://www.vets.ne.jp/faq/mobile/slant002.html
(ページの日付が古いですが、ここ1年以内に
私が聞いた獣医師たちの話とさほどズレはないです。)




ただ、実際の話、掛かり付け先生のお話によると、
検査をすると、陰性以外の結果が出ることが、一番多いんだそうです。






ニコちゃんの場合ですが、
数日後に出た結果は、『40倍』でした。




40倍というのは、疑陽性(40倍〜160倍)の一番低い数値です。


昨年のりりたちの、白内障=Ez疑惑が浮上した頃に
上に書いたような話をさんざん聞いていたので、
ニコちゃんが40倍と聞いても
「あー、そうなんだ〜」ぐらいにしか思いませんでした。

たぶん、なにも知らなければ、
「えっ!もしかしてEzかもしれないのっ?どうなのっ?!
うああああああ!!!
・・・と、ものすごくアタフタしていたと思います。( ̄◇ ̄;)

昨年の話も、よかったら読んでくださいね。


さて、
疑陽性だった場合ですが、抗体の変化を見るため
2〜3週間後に、再検査を行うことが勧められています。

もし、Ezと疑わしい症状がある場合、
この抗体価が上がると、犯人がEzである‘可能性’も上がるわけです。
で、結果が変わらなかったり、下がったりする場合は
その可能性も下がる(※でも断定はできない)・・・ってなカンジです。

でも、再検査前に、症状がEzと疑わしいorわからない場合は
その時点で駆虫薬をスタートさせるといったケースが多いようです。





ニコちゃんの白内障の場合、
最初からEzの症状ではないかもしれない・・・というカンジでしたが
東大での検査を待つ間、3週間という期間があったので、
念のため可能性も考慮し、駆虫薬(フェンベンダゾール)の投薬を開始し
そのあとで、再検査することにしました。
(※この駆虫薬を飲んだとしても、もしEzによる白内障だった場合、
その診断の妨げにはならないということも確認した上で。)



駆虫薬の投薬期間ですが、昨年、お話を伺ったほかの病院では
だいたい2週間ぐらい飲めば駆虫できると言われている…
という話を聞いていたんですが、
実際投薬したうさ飼いさんたちの話を集めると、
この期間の判断も、病院・獣医によっては
1ヵ月だったり、2ヶ月だったり…と異なっている印象です。


駆虫薬は、特に体に問題ないとは言われているようですが、
やはり体質によるところもあるようで、あまり長期に飲むと
肝臓などに影響があったという話がある…というのを
耳にしたことがありました。




ニコちゃんですが、
まず2週間投薬し様子を見た上で、体に問題がなければ
さらに2週間続けましょう・・・ということになりました。

この投薬の途中で、東京大学動物医療センターの検査で
ニコちゃんの白内障が、‘Ezの症状は見られない’ことを確認しましたが、2度目のEz検査に挑む前に
もらった薬は、なくなるまできっちり飲みました。

フェンベンダゾールは液体なんですが、それを計りながら飲んでいたので、出されたぶんが完全になくなるまで、結局、約5週間投薬しました。




シリンジ好きなニコちゃん。
(これは現在の別の投薬中の写真。喜んで飲むので、スゴイ助かる…




中身が薬なのに、それを隣で、うらやましそうに見てるりり。







そして、4月上旬---
2度目の検査・・・


結果は、なんと、またしても『40倍』
んんん?変わらず。。。


1ヵ月以上薬飲んだのに、下がらないのかぁー
…と思いたいところですが、

掛かり付けの先生がおっしゃるには、
この結果は、いくら投薬を続けても、検査しても
ずっと変わらない子もいるんだそうです。




その話を妙に納得してしまったのは、私自身が
それを裏付ける前例を知っていたからです。




うさ友さんの、ネコさん宅のうさ吉くん

カレは、‘斜頚’がきっかけで、Ez検査をし、結果が『40倍』。
その後の治療で、斜頚も落ち着き
フェンベンンダゾールは‘2ヵ月’飲んだそうですが、
再検査結果のほうは、『40倍』で変わらなかったそうです。


うさ吉くんは、2ヵ月という期間の投薬でしたが、
掛かり付けの先生の当時の見解とネコさんから聞いたお話によると、

「(斜頚の原因がエンセだったと仮定して)(←ここ重要)
原虫(成虫)は1ヶ月で駆除されるけれど、卵として残ったものが
ふ化した場合駆除にさらに1ヶ月かかる」ということで
念のため2ヶ月の投薬でした。
またお薬が効いたとしても血液検査上は抗体として残るため、
40倍という数値が出るとのことでした。


・・・だそうです。

(※ネコさんのご協力・ご承諾の元、ご提供いただいたお話を
書かせていただきました。情報ありがとうございました!^^)





ニコちゃんは、白内障にEzの症状がなかった上に、
検査上ほかに異常もなく、何か発症しているというわけでもなかったので、2回目の検査結果が、初回と変わらなかった段階で
それ以上投薬する必要がない…ということで
投薬は終了しました。


エンセファリトゾーンに関する通院はここで終了です。




もし仮に、元々感染があったとして(キャリアだったとした場合)、
駆虫に必要と言われている期間以上の投薬は行ったので
ひとまずは安心しておいていいのかな、と思います。


ただし、昨年から獣医さんたちにいろいろと話を伺って
Ezは今も、謎の多い、曖昧な部分が多いといった印象なので
ここで絶対安心ってこともないかもしれません。


なんせ、2回、‘40倍未満’(陰性)の結果を受けたりりでさえ
白内障についてはEzではないとわかったものの、
Ezに絶対感染してないと言えるかどうかは、昨年の話の中では
はっきりわからないといったカンジでしたから・・・





ちなみに、2008年5月のりりの検査時
検査機関のモノリスさんの結果報告書の説明は、


・・・だったのが、


2009年の2月時は、こう変わっています。


(※こっちはニコちゃんの結果報告書)


‘40倍未満’でも、「感染は考えられないよ〜」と言いきってないし、
陽性と言われる‘320倍以上’でも
「疑わしい症状がなければ、
感染してるかどうかは、はっきり言えないなー」
ってカンジでしょうか…

うーん、、、曖昧。( ̄_ ̄;)



Ezに関しては、獣医さんたちの間でも
刻々と変化しているように感じます。
今、私が書いていることは、2009年の春までに起こったことです。
もし、愛ウサちゃんの病気の症状にEzと疑わしき不安を感じた時は、
ぜひとも、小動物に詳しい先生の‘現在の’ナマの声を聞くことを
おすすめします。





かつては、私も漠然と
Ezは恐ろしいものというイメージを抱いていましたが、
今は、発症さえしなければ、そんなにコワイものといった
イメージはなくなりました。

もし発症があった場合でも、
普段から、ウサたちのちょっとしたサインを見逃さなければ
Ez‘かもしれない’病気に対しても、早急に対処することができます。
すぐに治療を始め、それで大事に至らなかった子たちが
私のウサ友さんのうさちゃんたちにもたくさんいます。

Ezに関係した病気に限らず、
それはどんな病気に対しても言えますよね。(^^)
いろんなウサ友さんたちの経験を参考に、
私も、普段からうさたちの発するサインを見逃さないよう
これからも気をつけていこうと思います。



(発信しすぎて、宇宙人にさらわれないようにね〜・笑)




こういった話を見聞きすると、うちの子はどうなんだろう??と
心配になる飼い主さんもいると思いますが、何かきっかけがないと、
検査はする機会ってなかなかないかと思います。
一生そこに関わらずに元気に暮らす子もいるし。。。


でも、ある日突然、
「もしかして、コレってEzかもしれない!」・・・と、なった時に、
多くの方が慌てている様子を、今年も幾つかのブログで見ました。
私も、昨年眠れぬ日々を過ごしたので、
その時の気持ちが、わかりすぎるほどわかります。。。(T_T)




そんな状況になった時のために、お役に立てるかわかりませんが
ここから、私の経験を踏まえて、
もし、そういう状況になった時の心構え的なこと
チョロっと書いておきますね。



冒頭にも書いたように、
発症していない時のEz検査はあまり意味がないそうだし、
もし、疑わしき病気が起きた時も、陰性以外の結果が出ることが多い
という心構えで検査に臨めば、気の持ち方も変わってきます。

結果如何によっては、不安を引きずることもあるかもしれませんが、
そこはまず落ち着いて、うさぎ・Ezに詳しい先生にじっくり相談
一番大事なのは、その起きている病気に対して
適切な、するべき治療をきちんと(早急に)行ってあげることだと思います。




こういったことも、これまでのことがあった今だから
書けるけど、私も、Ezに対して漠然とした不安を抱えていた昨年までは
ずいぶんと情報に惑わされました。。。( ̄▽ ̄;)


こうやって私が書いている内容も、読む時期によっては
すでに古い情報になってる可能性だってあります。


とにかく、‘現在(いま)の情報を知ることが大事です。





我が家は、屋外に連れ出すことや
他ウサちゃんとの接触も度々ありますが、
Ezについては、ほとんどの子がキャリアだぐらいに思っとけば
気もラクです。
ほかにも、コワイ感染系の病気はいろいろありますから
そこは、しっかり気をつけて、我が家から外に発することがないよう
今後も日々の健康管理をしっかり行っていきたいと思います。





今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。(*^^*)





今年も残すところ、あと僅か。。。
どうも、文章を書く集中力が保てない日々になってるので(^^;)、
ニコちゃんの現在の通院レポは、間にユル〜〜いネタを挟みながら
書いていこうと思います。



(コレって、下ネタかしら?… ̄_ ̄)



クリスマスネタはこっちでね



りりちゃん&ニコちゃんに、メリークリスマス!

まだまだがんばってるニコちゃんに・・・

ポチッ♪             ポチッと♪

               
 

 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 00:39 / 病気 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(7)
もうひとつの白内障 / 2009年12月16日(水)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら





最初にりり「若年性白内障」のことを
このブログに書いてから、1年7ヶ月になります。

その後は、2ヵ月ごとに病院でチェックをし、朝晩の点眼
今年1月からはじめた
サプリメントを続けています。

りりの白内障の状態は、最初の状態から比べると、肉眼で見ても少し濃くなっているのと、病院でライトを当てるとモヤっぽいものが見えるようになってきたので、まったく進行していないわけではないですが、今も大きく広がってきてはいません。

この進行速度に、点眼やサプリが
効果を発揮しているのかはわかりませんが、
効いてると思って、この先もがんばって続けていきます☆




りりと兄弟たちの白内障のこと以降、何人かのうさ飼いさんから
「うちの子も白内障で…」というお話を聞かせていただきました。

その原因は、
‘老齢’によるものや、老齢以外だと、目の‘外傷’や‘膿瘍’、
‘エンセファリトゾーン’によるもの、、、、と、さまざま。
中には、最初にりりがそうであったように、
‘何が原因かわからない’…といった子もいました。




実は・・・


とても驚かれるかもしれませんが、
我が家のもう1ウサ、ニコちゃん・・・


ニコちゃんにも、今年2月
この‘何が原因かわからない’「白内障」が見つかりました。




それがわかったのは、りりと一緒に健康診断 に訪れた
2月21日のことでした。


りりの健診が終わり、ニコちゃんを診てもらっていました。
お腹、歯や耳・・・と順番にきて、先生が目を診ていたところ、
「あれ?この子にも白いものがありますね。」・・・と。


最初は、「先生ご冗談を〜・・・」と思いましたが、
そんな冗談を言う先生ではありません

光の映り込みの見間違いでなければ、牧草とか何かで
角膜に付いたキズなのかも・・・と思っていましたが、
診断結果は『白内障』でした。
ニコちゃんは、この時1歳11か月だったので、「若年性白内障」です。


ニコちゃんもりりと一緒に、2ヵ月に1度のペースで
健診に行ってましたが、どうやらそれまでは、わからなかったようです。

家でも全然気付かず、肉眼で見てもまったくわからないのですが、
ライトを当てると、黒目の中心に、楊枝の先でチョンとつけたような
とっても小さな白い点がポツンと…
両目ともにです。



その日のうちに、目を詳しく検査してもらいました。
(*掛かり付けの‘今川どうぶつ病院で’も眼科診療を行っています)
ほかに外傷や炎症などの異常もなく、眼底・眼圧も異常ナシ。
白内障の場所は、りりと同じように水晶体の浅いところです。




2月21日・・・。
この週は、りりたちの白内障関連で、ご存知の方はよくご存知の
私にとっては非常にダウナーな週だったのですが
ニコちゃんも白内障であると聞いて、今何が起こっているのか?と
その時は、一瞬頭の中が真っ白になりました。。。

しかし、これまでのりりたちのことで
私自身に白内障に関してのいろんなことがインプットされていたのと、
先生も、その辺をよくわかってくださっていたので
心の動揺とは裏腹に、必要だと思う検査の段取りを
驚くほどスムーズにお願いすることができました。



その日は、先に述べた‘目の検査’以外に、
ほかに白内障の原因となるような体に悪いところがないか?
といったことを調べるための‘血液検査’をし、
よりしっかりと目を診てもらうために、りりも行った
「東京大学動物医療センター」での検査も受けることにし、
すぐに紹介状の準備と予約の手配をしていただきました。

そして、念のため、
‘エンセファリトゾーン’(以下 Ez)の検査もすることにしました。
掛かり付けの目の検査でわかる範囲で、
水晶体が破裂したりといった状態は見られないので
Ezの症状ではなさそうだ…ということでしたが、
そこは東大で、より奥までしっかり診てもらって判断・・・ってことで
東大の診療がいつになるかわからないので、その前に
一応Ezの検査をしてもらうことにしました。

昨年りりたちの、若年性白内障=エンセ疑惑が浮上した時に
そういえば、ニコちゃんは、検査したらどういう結果が出るんだろう??
…と、気になっていたのですが、
ずっと健康に問題もなく、きっかけもなかったので
今回血液検査で採血するなら・・・といった感じでお願いしました。



白内障治療については、
りりと同じく、点眼サプリの療法をその日から開始することになり、
そして、それぞれの検査結果待ちと、東大の予約診療日の決定待ち
という状態で、病院を出ました。

(※翌日わかった血液検査結果は、‘異常ナシ’でした。
Ez検査については、次の記事で取り上げます。)





家に着くまでの道を、りりニコのキャリーを両手に持って歩きながら
いろんなことを考えました。


なんで、最初に迎えたうさぎと、2番目に迎えたうさぎの2ウサともが
若年性白内障になってるんだろう?とか。
アホな話ですが、2ウサとしか生活したことないのに、
うちに来る子、みんな白内障になる運命なんだろか?とか。

おそらく、りりの白内障の遺伝的要因の話が今もわからなかったら、
もっと突飛なことを考えて、頭がパニクっていたかもしれません。。。



しかし、こうして、早い時期にニコちゃんの白内障がわかったのは
りりと一緒に健診に行っていたお陰です!
先生にも、この時に見つけてくれて本当にありがとう!です。
いろんな段取りがスムーズだったのも、りりたち兄弟のことが
あったから!



どんな厳しい状況でも
人には乗り越えられる試練しか与えられないって聞くし、
きっと、これは私の宿命なんだわ。

Yes I can( ̄ー ̄)



…と、まあ、なんとか気持ちを上向きに持っていこうとしつつも、
正直、この日は夜まで、茫然自失でした・・・




でも、そんな気持ちも翌日には回復♪

だって、ニコちゃんが、とっても明るく元気だから


牧草にガッつくニコちゃん。



ゴン太に技をかけるニコちゃん。



カメラに寄ってくるニコちゃん。(^^;)




りりは、元々感受性が強いのか、私が沈んでたりすると
それを敏感に察知してしまうところがあるのですが、
ニコちゃんは、普段からのほほんとしていて
何事もなかったかのように、ゴン太やポンタといつもどおりに
遊んでいるので、その姿を見て、ホント元気を与えられました



りりニコのためにも、沈んでなんかいられないよね!(^ー^)






そして、それから東大動物医療センターでの予約日が決まり
約3週間後---
3月16日、受診の日がやってきました。

(ここでおさらいですが、
東大での受診は、ホームドクターの紹介状と予約が必要です。
アニコムの保険は適用されますが、後日適用額を払い戻しする形となります。)




担当の先生は、りりの時とまったく同じ
小動物専門の先生と、眼科の先生のお二人でした。


検査の結果、その白内障は、
まず‘エンセファリトゾーンの症状は見られない’ことがわかりました。

掛かり付けで診てもらった時と同じく、外傷や炎症などの
異常も見られず、ニコちゃんの場合、
本当にただ白内障の白い点がポツンとあるだけだそうです。

りりと同じようなタイプの白内障だそうで、位置は水晶体の浅いところにあり、水晶体をブドウに例えた場合の説明だと、実まで達していて
今後、進行していく(速度不明)白内障だそうです。

ただ、現状は、りりに比べたら視界を遮る障害物も
ずっとマシなようです。


結局、その時は原因はわかりませんでしたが、
そこまでの段階で、白内障以外の異常がないことが
早くにわかって、安心しました。(^_^)





ニコちゃんの白内障のことをブログに書くに辺り、
もし、りりのことがなければ、これまでの病気レポと同様に
その時点で特に何も考えずに、書いていたと思います。

しかし、2月下旬からの‘あの’さなかでしたから、
検査が途中の状態で、迂闊に書くことができませんでした。


最終の検査が4月に終わり、
いよいよ原因が何もわからないと断言できる状態になった時に
このことを、ニコちゃん出身ショップの「うさぎ舎」の店長さんに
報告しました。


うさぎ舎の店長さんとは、ニコちゃんお迎えの時から、今もずっと
一顧客・飼い主として良い関係を続けさせていただいています。

りりの白内障の時にも
りりのことはもちろん、私のことまでも心配していただいていまして、
ニコちゃんの成長の様子も、ブログで楽しみに拝見してくださってたので
尚更ニコちゃんの白内障のことは、ブログで知ってもらうよりも前に
知らせるべきだと思いました。



店長さんは、ニコちゃんの白内障のことを大変心配されて、
りりのことがあったからだと思いますが、
繁殖元さんのほうにも、すぐにこのことを伝えてくださったそうです。
(※ニコちゃんは、両親から先の代も、違うブリーダーさんです。→家系図
繁殖元さんも、とても心配してくださっていたそうで、
店長さんも、いろいろ確認されて、原因と思われることには
心当たりがないということでご連絡をいただきました。

私のほうが、逆に申し訳ないと思ってしまうようなお言葉もいただき、
その気持ちだけで本当に十分でした。


これからも、飼い主さん一人一人の言葉に耳を傾けて
真摯に正直な気持ちで応えていただけるお店であってくれると
私は信じています。





兄弟に次々と白内障が見つかったりりに続いて、
今度はニコも・・・という話を書くことで
いろいろ憶測が飛ぶかもしれないということも考えましたが
ニコちゃんは、家系もブリードの仕方自体、りりとは異なるものであり、
病院の先生方も、原因の推測や可能性的話には触れていません。
なので、りりたちとニコのことは、
今は切り離して考えるようにしています。


ニコちゃんの白内障の原因は、今もまったくわからないし、
この先わかるかどうかも、わかりませんが、
白内障以外のことで、体にも悪いところはなかったので(*その当時)
進行を少しでも遅らせられるよう、ほかの目の病気が起こらないよう
日々注意しつつ、治療に努めたいと思います。(^ー^)

幸い現在も激しい進行はなく、ライトを当てないと
容易に見つけられないくらい状態は小さいです。



ニコちゃんの白内障のことを書こうと思っていた矢先に
ブログが更新できない停滞状態となってしまい、
その後も、ずいぶんと時間が掛かってしまいました。。。

あの頃、定期的に健康診断に行ってなかったら、きっと今も
ニコちゃんの白内障には気付くことはなかっただろうな〜…

今回のことは、定期的な健康診断の大切さを
つくづく実感した出来事でした。





りりが、白内障の原因がわからなかった当初、
いろいろと参考になるお話を寄せていただきまして
本当にありがたかったです。(*^^*)
あれから、うさぎのケースや、犬のケース、人間のケース・・・
いろんな白内障に関する文献を目にしたり、話を聞き、今となっては
私も、ずいぶんと白内障に関することに詳しくなった気がします。(^^;)


もしこれから先、白内障に関して、
ほかに、あまり知られていないような情報をお寄せいただける方は
できるだけ裏付けの取れている話をお願いいたします。
文献名や著者、獣医の話なら病院名・獣医師名、専門店やブリーダーの話ならショップ名・ブリーダー名とあわせてお聞かせください。
(もちろんシークレット部分は、メールで…^^;)





ニコちゃんの白内障の話については、ここで‘一区切り’です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました





次回は、今回のこととは関係ありませんでしたが
Ez検査の結果とその後についての話をします。
そのあと、8月から始まった、
また‘別のこと’でのニコちゃんの通院の話を続けます。


再度書いておきますが、ニコちゃんはとっても元気があります
りりも私も元気です♪


長い話が続きますが、
うさ飼いの皆様の、もしもの時に参考になれば幸いです。(*^^*)

(今年中に書き終えれるかな〜?



ニコちゃん、がんばれ!!

ポチッ♪             ポチッと♪
               
 

 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 18:31 / 病気 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(20)
苦節2年の奇跡 / 2009年12月11日(金)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら





ニコちゃんファンの方、おまたせいたしました!(^▽^)/

ここ数回出番のなかったニコちゃんでしたが
今日はニコちゃん特集」です



(今回の話は、今年8月の話なので、
写真のほとんどは、その頃撮ったものです。)






子供の頃は、(カクカクの時以外は)ぼんやり・おっとりした
性格のニコちゃんでしたが、


2歳の誕生日を過ぎて、どんどん変化を見せるようになってきました。




以前より、甘えてくるようになり
男の子らしいヤンチャっぷりは、エスカレート!











相変わらず、行動が読めない
突拍子もないことをするってのは、変わってません。(^▽^;)





さらに、自己主張も強くなり、アピールっぷりもスゴイ

食欲も増し、以前は1食を時間をかけてダラダラ食べていたのが、
スピードがものすごく早くなりました。


ご飯の催促時は、ケージガタガタ!



こういった場面は、わりとどこのおうちでも見られるかと思いますが、
かつてのニコちゃんなら、こんなスゴイ顔でケージを噛むことは
なかったんですよ・・・( ̄▽ ̄;)


まるで、りりが乗り移ったかのよう・・・







そんなニコちゃんが、この夏ついに‘アレ’をやってくれました!!



‘アレ’とは、、、




はい、自らの‘膝乗り’です♪





りりの場合は、うちに来て1ヵ月(生後3ヶ月)でこれを覚えました。


(*2006年11月のりり。パパの膝の上にて。)


「おいしいもの=膝の上」という図式が、早い時期で定着したせいで
何か見せると、自分から乗ってきます。
(※今現在、与えてるオヤツは、ほぼ乾燥パパイヤのみ。)



我が家では、ケージから出る時は
必ず‘膝の上に出してから’…としていますが、
ニコちゃんは、膝の上に1秒もジッとしてなくて
ケージから膝の上に乗せても、
ご褒美などのオヤツを‘食べる前に’膝から降ります


つい甘やかしてしまい、膝乗りを覚えさせることもなく
月日が経っていたのでした。。。





それが、今年8月、
オヤツを手に持って、正座をしていたら
自分から私の膝に乗ってきたんです




その時の写真が、コレだっ




ワン

ツー

スリー






 感無量の瞬間〜


(*デカく見えるけど、1500g未満です。^^;)


これを撮ったあと、パパに自慢げに見せびらかしたのは
言うまでもありません。( ̄ー ̄)☆



でも、
りりは、ある程度高さがあっても、ピョーンって乗ってくるんだけど
ニコちゃんは、かなり膝を低くしてあげないと
乗れないみたいです
前脚を乗せた後に、限界まで体を伸ばして、後ろ脚を
よっこらしょって乗せます。(^^;)
こんな不器用なところも、ニコちゃんらしくて可愛いのです


その後も、ご褒美さえあれば、膝乗りをしてくるようになりました♪






いろんなことを覚えてくると、
あまりやってほしくないことも、覚えてしまいます。


最近は、牧草キーパーに入ることを覚えてしまいました。。。



(*これは今月撮った写真)



ニコちゃんの座高より高さがありますが、うまく乗り越えます。

牧草補充で、フタを開けていると、必ず入って直食いするようになり
とうとうチビられたので(もちろん中の牧草は全部処分
今は入って来られないよう、しっかりガードしています(^^;)





なんだか、生後数ヵ月の子のことを
話しているみたいになっちゃってますね。(^▽^;)

ニコちゃんは、本当にまだまだ赤ちゃんっぽいところがいっぱい。
男の子って、こういう子多いのかな〜


(*これは、今年9月に撮影)





そんな元気いっぱい、天真爛漫なニコちゃんなんですが、
今年は、病院と仲良しでした。。。




(写真は、アニコムさんの保険カード。
今年の通院日付を記したもの。)




ブログ停滞期間もあった関係で、
なんだか‘書く’という気合いが埋もれて
ズルズルと書くタイミングを見失っていましたが、ここで腰を据えて
次回から、今年ニコちゃんに起こった
2つの病気と通院報告を書いていきます。



今も投薬と通院が続いていますが、ニコちゃんは元気はあって
食欲ものほうもずっと快調なので
その点はご安心くださいね。(*^^*)



よっしゃー!Σ(ノ□ ̄)ペシッ
気合い入れて書くゾ〜


りり不足の際は、Riritterへ♪
     



気合いの応援クリックお願いします!(・_・)/

ポチッ♪             ポチッと♪
               
 

 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 19:57 / 成長 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(16)
みんなでうさんぽ in 水元公園(3) / 2009年12月07日(月)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら





前記事のつづき。「みんなでうさんぽ」レポのPart3(最終回)です。》



りりちゃんと男の子うさちゃんたちの交流は、どうなった?!





〈CASE・1〉 こころくんとりり



(↑*photo by ぴーちさん
積極的なこころくん。



・・・に対して、そんなに嫌がってる様子はないりり



ちょっと興味を示したようですが、、、



急に、





押せ押せで来られると、やはり引き気味に・・・( ̄▽ ̄;)




(※ネタ元・・・Wエンジン
こころくん、イジっちゃってゴメンね〜






〈CASE・2〉 くんとりり





くんは、見てると結構紳士的。





何をするでもなく、そばにいるカンジです。




あれ?・・・


(*photo by ぴーちさん)
なんだかいいムード?





おおっりりが気を許してる?!



(*photo by ぴーちさん)

だけど、くんは、おそらく草食系の中の草食系男子



(*photo by ぴーちさん)
結局発展がないふたりなのでした。。。






〈CASE・3〉 コウくんとりり




出会ってすぐに、おでこを寄せるふたり。




なんと


あの(プライドの高い)りりが、
コウくんの頭を舐めています!( ̄□ ̄;)




りりちゃん、もしやコウくんみたいな子がタイプかな






ちなみに、うさぎの世界では
頭を舐めるほうが下位だそうなので、


りり基準の力関係(*好きキライ感情は置いといて)は、

 コウくん りり
 こころくん (?) りり
 くん  りり

どうやら、こうなカンジなのかな?…と思いました。(^^;)



くぅくんと、ぽぽくんは、りりにはあまり興味がない様子でした
アウトオブ眼中です…
前回のうさんぽで、もこすけくんも、そんなカンジでした。
(※ふくくんとは、今回接触ナシ)




何度かうさんぽ会を経験するうち、りりも少しは
ほかのうさぎさんに慣れてきたかな?ってカンジもしますが
次に会う時は、どうなることやら。。。(^▽^;)






そろそろ、陽も落ちてきて
みんな帰り支度。






最後の方では、チロルちゃんと
ツーショットを撮る気マンマンになってきてたりりです。(^^;)


(でも、チロルちゃんにソッポを向かれてます






また、暖かくなったら、みんなでうさんぽしようね




今回、ご一緒することができた皆さん、
楽しい時間を、ありがとうございました(*^▽^*)/



未公開写真を含む、今回のうさんぽアルバムをこちらにアップしました♪
 ぴーちさんからご提供のアルバムにも、りりの写真がいっぱい♪→こちら


     



うさぎたちの、さらなる出会いに期待!

ポチッ♪             ポチッと♪
               
 


 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 22:28 / 散歩 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(14)
みんなでうさんぽ in 水元公園(2) / 2009年12月02日(水)

『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら




前記事のつづき。「みんなでうさんぽ」 レポのPart2です。》





この日は、うさんぽ開始から、キャリーから出て来ないりり


のゆきさんに撫でてもらってるところです。)



でも・・・

不機嫌顔のりりも、カメラを向けられると、、、



つい反射的に顔を作っちゃってます。( ̄m ̄*)

(*photo・・・ のゆきさんからのご提供)



そのあと、ようやくキャリーから出てきました


くぅくんが、ご挨拶に♪




とっても小柄なくぅくん。
カッコいいスタジャンが、良く似合ってます





せっかくキャリーから出てきたりりですが、



今度は、サークルの周りに自縛・・・





りりのスイッチが、なかなか入らない頃、
ほかのうさぎさんたちは、どうしてたかと言うと・・・




この日9ウサ中、女子3ウサの中のひとり、ちゃん


春のうさんぽ会では、マイペースながらも遊んでいたんだけど
この日は、目を真ん丸くして、サークルの中で固まっています。



あらら。。。お兄ちゃんのくんの陰に隠れちゃいました。(^^;)
まだちょっとキンチョーしてるかな?



逆に、くんは、初うさんぽ会で
周囲に対して好奇心いっぱいの様子


何度もタッチして、辺りを見回していました。
(タッチ写真がいっぱい撮れました


キラキラ天使こころくんが誘いに♪





コウくんふくくんは・・・


男同士でハッスル中。。。( ̄▽ ̄;)


くんが不思議そうに見ていました。




コウくん&ふくくんが
‘グルグル兄弟’と言われる由縁の動画
(*音出ます)



2ウサちゃんとも、とってもベビーフェイスなのに、
中身は立派なオトナです
いつかこの中に、ニコちゃんも混ぜてもらいたいです(笑)





くん、りり(※新たな場所に自縛中)にも声を掛けてくれています。


コワイもの知らず・・・いや、やさしい子だね。(^ー^;)





チロルちゃんは、初うさんぽを思いっきり満喫していました♪
あっちに行ったり、こっちに来たり、ほとんどずっと動いていました。


初めての人にも撫でられに行くという、めずらしいタイプです

うーん、、、りりちゃん、どうよ?(^▽^;)






ふと気付いて辺りを見回すと、、、


あれ?ぽぽくんがいない

おーい!(o゜◇゜)ゝ どこに行った〜?






あ、あれは





木の精の再来?!




春のうさんぽ会で、木の精とみんなに呼ばれていたニコちゃんのように
ぽぽくんも、ずっとこの木の根元でジっとしていたのです。


ぽぽくん、この日一番体が大きくて、モフっとぬいぐるみのよう
おっとり癒し系です。
その風格は、もはや木の仙人さま



spurさんはハーネスを作ってらっしゃるのですが、
この日のぽぽくんのハーネスも、フード付きダッフル風ですごくステキ!


今度ぜひ、うちにもお願いします






こんな風に、9ウサ9様、
みんなそれぞれのスタイルで、うさんぽを楽しんでいました☆


(こんなキャラにしてしまってゴメンね〜^^;)






さて、少しずつ活動しだしたりりの元へ、


こころくんがやってきました。
が・・・





次回は、りりちゃんと男の子うさちゃんたちとの
新鮮交流をお届けします。(*^^*)

りりの新たな一面が垣間見えるかも



うさんぽレポ(3)最終回へつづく 〜





なんとリリッター に抜かれったー
リリブロの応援もよろしくね!

ポチッ♪             ポチッと♪
               
 

 
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 12:55 / 散歩 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメントを書く(13)
from リリブロ


もしも、あなたのうさぎや
あなたのお友達のうさぎが・・・

(*この記事へのリンクの詳細


〜りりと兄弟たちの白内障の経緯〜


手術を受ける前に読んでください
ブログランキング参加中
りりとニコの応援してね♪



2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
******************************
※トラックバックは承認制です。
当ブログ記事に関連があるものであれば、各記事のトラックバックURLへ
お役立ちリンク
多くのうさ飼いさん、そして、これからうさ飼いになりたい人に

もっぷろぐさんのサイトへ飛びます

もしも、あなたのうさぎや
あなたのお友達のうさぎが・・・

*長寿うさぎの会
*うさぎの健康手帳
*愛するうさぎのために
*「あなたの可愛いうさぎを守るために ぜひ読んで下さい。」
リンク


しろくろちゃいろ
たかぽんの気まぐれ日記
たれmimiひめ
楽天づくしな我が家
Tentecoten
立ち耳わんこと垂れ耳うさぎ
チョコとモカの湘南物語
モモヤンルーム
部屋とYシャツとうさぎ
うさ奥 糞の乱 〜見るは極楽、抱くは地獄。〜
女一匹・仔うさぎ一羽
うさぎ生活
ウサギのちゃり.COM
one day
大阪でもうさぎのおかん
ふわふわ“ふう”の成長日記♪
うさぎ日和
ミュウの日記帳
うさ☆Lunch 成長日記♪
シロクロ王子
六畳兎間
かばいいむさぎちゃんぴょんぴょんの雄叫び
室内飼いうさぎの生態
うさぎとカメ
てとてとおてと
週刊 うさちゃま U^ェ^U
☆★アッシュのおうち★☆
★のほほん気分★
unicoのにっき
そらたんの時間〜ときどきマック〜
光ちゃんといっしょに(*^(ェ)^*)
【silk-ringo】
手をつなごう
チッチの日常
我輩はウサギである
Atelier de Soleil〜羊毛の優しさに囲まれて
Jiji's Cafe 〜ブログ店
Arolog+
おひなたぼっこ♪
うさぎの権造の生活デラックス2
豆大福
のんびりヶ丘
すばる王国
ひめ&まろのお部屋
アオイsora
世界はみく中心に回るのである
ごんちゃん
☆モカ色日記☆
もこモカ日記
らび☆らび
ゆきぼうと子供たちの気まぐれ生活
うさぎの杏☆チャイ☆めろん
*。.・*りりっぺと仲良し*・.。*
くうちゃんMagic
うさぎの飼い方
ジャージーうりの日々
あんず的日常。
うさぎのおなら
ゆずりん
♪うさぎ♪Family♪
ぽぽたん日記(うさくん付き)
幸せラビットファミリー
ラビ★チロ日記
兎兎のお庭
うたたね風ちゃん
ON MY MIND
なっつママのHappiness-Healing♪
ろでぃといっしょ
きなこもち
我が家のうさぎ
ひまりんのZZZ
ほわほわ〜たれみみうさぎと羊毛うさぎ
うーちゃん闘病記
ししゃも、もじゃよ??
時の扉♪心の兎びら
clarity in blue...
ふりこ〜たれ耳うさぎ3兄弟〜
ロコモコなもこすけ
うさぎと花とクラシックと..
BUNNY COOKIE
へたれ耳うさぎ
へたれ耳うさぎパート2
******************************
*「リリブロ」はリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は、注意事項がございますのでご確認ください。
******************************
ギャラリー

うさ奥 糞の乱 母上様より


らび☆らび ゆきなさんより
会員証
『シャボンヌ友の会』

きち太さんより

『ハカイダーラビッツユニオン』

春香さんより

『のっけ隊』

わに姫さんより

 
 Powered by yaplog!