● ● ● 我が家のうさぎたち‘りり’と‘ニコ’の成長記録 ● ● ●

プロフィール
名前: ルビー(飼い主)

名前: りり
うさぎ(ホーランドロップ)・♀
カラー: リンクス
誕生日: 2006年8月17日
月還: 2015年5月21日
   (享年・8歳9か月)
出身:「うさぎのしっぽ」(東京店)
2006年10月8日、我が家に。
好奇心旺盛、物怖じしない、プライド高め(?)、 落ち着きがない、おてんばさん。淋しんぼうで、甘えんぼう。
破壊女王で、リアクション女王。
平均体重:1600 g

名前: ニコ
うさぎ(ホーランドロップ)・♂
カラー: ブロークンリンクス
誕生日: 2007年3月19日
月還: 2016年5月21日
   (享年・9歳2か月)
出身:「うさぎ舎」
2007年5月26日、我が家に。
おとなしめの、ぼんやりさん。何事にも興味薄だったのが、発情で豹変。オヤツよりカクカク?!
予測のつかない行動を取る天然系。
現在の体重:1550 g

〜 Riritter 〜
2009年11月1日スタート!

リリブロ3周年で新機軸☆
http://ririchang.blog9.fc2.com/
※現在お休み中です。
再開までしばらくお待ちください。
メール
メールはこちら ↓ から♪

メールは返信が
遅くなる場合があります
最新コメント
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年08月20日)
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年08月20日)
アイコン画像ひつじ
隠し子たちのご紹介 (2016年08月16日)
アイコン画像kabu
隠し子たちのご紹介 (2016年08月09日)
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年07月11日)
ギャップ顔写真コンテスト
第2回・ギャップ顔写真コンテスト

*投票結果(各賞)発表
*表彰状

第1回・ギャップ顔写真コンテスト

*投票結果発表
*「ピタリ賞」「参加賞」発表
*表彰状
アンケート

〔調査期間:終了しました〕
ご協力ありがとうございました!
* 投票結果を見る *
画像BBS

※現在、書き込みはできません




« リリブロを読んでくださっている皆様へ | Main | 草泥棒 »
私たちの愛うさは、大切な家族です。 / 2009年02月25日(水)
--------------------------------------------------
2月28日に非表示となっていたこの記事ですが、
その後、ヤプログさんに確認が取れまして
再表示を行うことができました。(*^^*)
*詳細↓

☆【3月14日】追記・・・ヤプログ確認後の報告。⇒こちら
--------------------------------------------------



りり




ニコ



食べて、遊んで、して、眠って・・・
毎日元気に過ごしています♪


先日健康診断に行った時も、
先生から「りりちゃん、最近お腹イイですねー」と言われ
それがとってもうれしかった…(´-`*)





今、お友達うさちゃんで、大変な病気を抱えている子がたくさんいます。
病院でも診断が難しかったり、これといった治療法がわからない
中には命にも関わる病気で、うさちゃんも、飼い主さんも
症状を抑えるため、毎日必死にがんばっています。

この先、大変な思いをするうさぎさん、飼い主さんが減るよう
これからも、うさぎの医学の進歩を願って止みません。。。






りりむくくんの白内障のことがわかって、
もう9ヶ月になります。
この9ヶ月間、本当にさまざまな想いの中過ごしてきました。

これまでの出来事、、、振り返ると、
良くも悪くもいろんな感情が甦ってきます。




むくくんの飼い主・ころもさんは
りりむくくんのことがわかった当初

〈ころもさん〉
『同父母のりりちゃんとむくが同じ病気であるという事実から、
お店にいる子、新しいおうちにすでに迎えられている子関係なく、
少しでも可能性のある子は調べて、その子の為にも飼い主さんの
為にも、今後の繁殖の為にも、早期発見をしてあげてほしい』


〈私〉
『今回のりりむくくんの白内障が遺伝だという確証はないが、
この話を聞いて、白内障の遺伝の可能性が考えられる、
もしくは何か思うことがあれば、良識あるうさぎ専門店として
これまで産まれた子たちと、この先産まれる子たち、
そして、その子たちの飼い主さんたちが
安心できるように最良の方法を考えて欲しい。。。』



このような気持ちの元、ころもさんが代表し、
出身店・うさぎのしっぽに電話をしました。


しかし、こういった願いの中、
代表者とは対面には応じてもらえず、私たちの願いにも曖昧な
返事しかされず、うやむやなままそこで終わりにされそうになった時
もう一度、私たちの気持ちと願いを伝えるべく
が代表し手紙を書き、長く気持ちを綴った中で
このようにお願いしました。


(*原文のままです)
『私は、今回のことで、しっぽさんが良識あるうさぎ専門店として、
すべてのうさぎたち、飼い主さんたちが安心できるような最善の対応を
してくれるはずであろうと、最初は判断を委ねていましたが、このままですと、何も変わらないだろう…と感じてきました。
なので、この手紙ではっきりとお願いします。
例え飼い主がブリードする予定がなくても、遺伝子疾患を持ってる可能性がある子はそのことを飼い主さん(もしくは、これから飼い主になられる方)に伝えるべきだと思うのです。
いえ、伝えてください。』

りりむくくんも2歳に満たないうちに、若年性白内障になっています。
もし、少しでも可能性がある子たちには、早く教えてあげたいのです。』





(点眼中のりり







今日この記事を書くにあたり、
とにかく気持ちをニュートラルにしよう…、これまで起こったことや
自分や、関わってきた飼い主さんたちの気持ちを客観的に見つめよう…と努力しましたが、どうしても感情的なことを書かずにはいられませんので、この先読む方、どうかご了承ください。m(_ _)m

これまで連絡を取ってきた当事者飼い主皆の気持ちを
ここに書きたいと思います。



--- これから書く内容・名称は、今回関わりのある飼い主さんの
   ご協力と賛同の元、記事にさせていただいております。
   また、私が見聞きしたこと、すべて実際に起こった話です。---






すでにご覧になられた方もいらっしゃることと思いますが、
うさぎのしっぽホームページより
白内障のうさぎの話が公表されました。


HPなどは、該当するすべての飼い主さんの目に留まらないかもしれませんが、それでも、このことを多くの方に知っていただくこととなり、
ころもさんとあやかさんが約束していただいていた
‘HPで取り上げる’といったことをようやく果たしてもらうことができ、
本当なら安堵すべき・・・なのでしょう。



しかし、
この内容を読み進めていくうちに、、、、、



・・・はっきりと書きます。



私たちは、怒りで体が震えました。


私も私と連絡を取っていた白内障うさぎの飼い主全員が、です。


これが、どういった意味かおわかりになるでしょうか。



都合のいいことだけが、都合のいいように書かれた言葉の羅列、、、
そのHPで初めて目にするような発言もあり、、、

これまであったことを本当に申し訳ないと思うなら、
直接言うべきなのではないでしょうか。
私たち白内障うさぎの当事者飼い主たちには、
まったく何も伝わってきません。



一体、どれだけ私たちの受けた傷を広げる気なのか・・・
これ以上、私たちの傷を広げる必要があるのでしょうか・・・



【追記】
私たち当事者飼い主たちを、最も怒らせることとなった
うさぎのしっぽHPにリンクされていた‘代表者様のブログ’が、
その後3月に入って、いつまにかページごと削除されていました。

私たちが何をそんなに怒っているのかわからない、…と、
何度も同じことを聞いてくる方のために、書いたページがこちら






さらに、このHP発表の日付けの前日
2月16日のこと---


私の家のポストに、一通の郵便物が投函されていました。
宛名が印字されたラベルに、料金後納のスタンプ…

一見、どこかからのDM?・・・と、裏を見ると
押されていたスタンプで、どこから送られたものかわかりました。


中を見て驚きました・・・


‘生体購入価格を支払う’という内容だったのです。

それについて、どこの誰と、どういった話し合いで、どういった理由で、
…という明確な説明もなく、
そういう話になっていますが、どうでしょう?という確認でもなく、
同意書に、署名・捺印し、口座を書き、返送を求めるという
一方的なものでした。


ほかの飼い主さんから、何か文書のようなものが届くらしいという話が
チラっと耳に入ってはいましたが、
こういったことは一切望んでいなかっただけに、
中を見て驚嘆しました。。。


「購入、、価格、、支払う、、、生体、、価格、、支払う、、、」

なぜかこの時、私は、某電気メーカーの石油暖房機の
回収・返金のことが脳裏をよぎりました。

文書の中には「誠実に対応…」ともあり、それゆえ
‘購入価格を支払う’とは、、、これは一体どう捉えればいいのか??

中には、‘債権 債務’という文字もあり、
いつの間に、貸し借りが発生した?…と真剣に悩みました。
書かれている内容の意味が、もうまったくわかりません。


考えているうちに、頭の中がグルグルし、
激しい頭痛の波が押し寄せてきました。。。






お金に絡む話は以前にもありました。

11月にうびさん宅が
チロルちゃんのことをうさぎのしっぽに連絡した後、
代表者様から「治療費を払う」と電話で言われたそうです。

(*まだ代表者様が、爪切りで洗足店に訪れたチロルちゃんの目を
直接見ることになる10日前の話です。
ちなみに、それ以外の私も私と連絡を取っている飼い主さんたちも
これまでに‘目を見たい’と言われたことはありません。)



それを聞いたころもさんも驚きました。
もちろん私たちは、まさか店側から治療費をといったことは
まったく思ってなかったので、なぜ突然そのようなことを
ここに来ていきなり口にされるのかと、疑問に思いました。


何度か話題に出していますが、
11月28日うびさん宅経由で代表者様に渡してもらい
故意に返事をしてもらえなかった、質問の中にも
このことを書いています。↓

『チロルちゃんの飼い主さんの○○さんに、「治療費を払う」とおっしゃられたのは、どういうお考えからですか?
この先ほかに同じ病気の子が出てきた時、みんなに同じことをする気持ちもおありなのですか? 』



しかし、今回届いた文書の
「生体購入価格 支払い」の文字を見た時、
もう代表者様のお考えや気持ちを聞くまでもないと思いました。

私たちが、‘誠実な対応’‘誠意’と思うことは
そういったことではないのです。

そのことは、最初にりりむくくんのことを公表した頃から
ずっと記事をご覧になられている方には、
理解していただいていることと、信じています。


うさぎのしっぽ代表者様には、いまだに私たちの気持ちを
わかっていただけてないことが 、本当に本当に残念でなりません。。。



ちなみに、この文書が届く前、
代表者様から連絡が来たという飼い主さんたちの話を照合したところ
ずいぶんと対応が統一されていない感じでした。
今回、すべての方に同じ文書が届いているのかは、私は把握していません。
私の家では、この支払いについて辞退することを決めています。






今、私たち連絡を取っている飼い主たちは、
これまでのうさぎのしっぽの対応について、話し合いを進めています。


前回の記事を書いた頃、皆こう↓考えていました。

うさぎのしっぽには、もうこの先何も期待しないし、
私たちは、愛うさたちのことを一生懸命やることを優先しながら
その中で、できる情報発信なりしていこう、、、と。
もちろん、ここで情報を発信している以上は、
尋ねて来られる白内障うさぎの飼い主さんには、
できる限り協力を惜しまない気持ちです。


しかし、前回記事をアップした数日後に、しっぽ側で動きがあったらしく
挙げ句、先週の出来事です・・・。
呆れるのと怒りとで、ゴチャマゼの感情が、今もくすぶっています・・・


私がお店のことを考え、これまで良心を残してブログには書かなかった
‘これが本当に命に携わる職業の人が発することなのか?’と
目や耳を疑ってしまうような言動の数々・・・
ころもさんや私やほかの飼い主さんたちが受けた対応、
送った手紙やメール、それらのことすべてを公表すべきかと
今考えあぐねています。。。

過去に起こった腹立たしいことを再び掘り起こすことは
精神的にもよくありませんし、
読んでいただく側にも、不快な気持ちにさせてしまうことでしょうし、
私もできればしたくないのです。
しかし、それをも通り越してしまうほどの憤りの感情とでも言いましょうか…


16日に届いた文書から1週間以上経ち、ようやく少し平静を取り戻し
これを書いています。



せめて、ここを目にされた方だけでも、
私たちがどうゆう気持ちでいるのか、わかっていただけると幸いです。



【追記】
この記事を書いたのは、2009年2月25日ですが、もうこの3週間後ぐらいに
私も、このブログに名前の出ている白内障うさぎの飼い主さんたちも、
この店の代表者様と関わることをやめようと、意見が合致しました。
もちろん、金銭受取についても同意はしませんでした。





今回の白内障のことが
うさぎのしっぽHPしっぽ通信に掲載されてると
メールやコメントでお知らせいただいた皆様、 ありがとうございました。
これまで成り行きを見守って心配してくださった皆様に
一言お礼を申したく、ここにご報告させていただきました。
本当にありがとうございました。


私たちのことで、力になりたいとおっしゃってくださっている方々にも
本当に勇気づけられています。ありがとうございます。 (*^^*)
今後も、また何か新しくわかったこと、伝えるべき真実は
ここに書いていきます。


どうか見守っていてください。




バナーリンクを貼ってくださっている方も、どんどん増え
それを経由して、このことが広く知られ、
皆様の願いで、何か見えない力が働いたと思っています。

しかしながら、まだうやむやになっていることがあることを
ずっと記事を追ってらした方は、気付いてらっしゃるかと思います。
りりたちの白内障に限らず、今後も
飼い主さんたちやブリーダーさんたちが
けして忘れてはならないことへのメッセージとして
この話は、まだまだ多くの方に読んでいただきたいと思っています。

どうぞ引き続き、リンクしていただける方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願いいたします。m(_ _)m



今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





オマケ
動画を撮ってる私を見つけて駆け寄ってくるりりです♪




2歳を目前に、最近‘甘えん坊度’がアップしたニコちゃん☆





次回は、ニコちゃんほのぼの劇場をお届け…(できるかな?)
クリック♪             クリック♪

               
 




(*前回2月15日記事へのコメントのお礼)

はなママさん、のゆきさん、チャイママさん、ちゃりパパさん
ころもさん、ネガ∩_∩さん、ぴーちさん、がめらママさん
かぁちゃんさん、まりうりさん、かざきさん、まるさん
ブロッサムさん、もこさん、りんさん、さとさん
しろんママさん、ゆうさん、satomicottonさん、きのこさん
perumamaさん、malurakoさん、東京ファームさん
ジャスマムさん、ショコラママさん、ごーせーさん
ナタリーさん、eikoさん
                          ・・・ありがとう!!



《この2月25日の記事のあとに続く関連リンク》
●2月28日 リリブロを読んでくださっている皆様へ
その後(2月28日記事への追記)

ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 18:43 / 病気 / この記事のURL
(*お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪)
コメント(33)
コメントする
(※コメントは承認機能により表示に時間がかかります)
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

★皆様へ

一度非表示となってしまったこの記事ですが、原因が確認でき、3月14日に再表示を行うことができました。(^^)
今回この記事に関して、たくさんのコメントをありがとうございました!この記事のコメントのお返事は、こちら(2月28日の記事)で述べさせていただいております。
お一人ずつのお返事を割愛させていただきまして、本当に申し訳ございません。

今後、この記事へのコメントは、関連リンクと上記リンク先のコメントへのお返事をご一読の上、ご一考くださいますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
尚、当初より記載していますが、この件に関しての、リリブロへの質問はご遠慮願っております。その旨ご了承ください。
状況に応じて、開示の必要があると判断した際は、そうさせていただきます。
Posted by:ルビー at 2009年03月14日(土) 17:20

・・・前の続きです

期せずして同じように先天性の疾患も出てきた子と暮らす私は今、ルビーさんの立場に自分を置き換えて考えてしまいます。。
もし最初に不安を伝えた時、事の深刻さを理解し、愛情を見せられたならきっと違っていただろうと。この愛情とは他でもない送り出した「うさぎ」への愛です。それはお金でも引取りでもない、この子達の行く末を心配する気持でいいのです。
きっとルビーさんたちも同じ気持なのではないでしょうか?
そして同じような辛い運命を背負うことになる子が一人でも減るようにという願い。。
むやみに知らされることも不安を煽るということもあるのでしょうか?
でも私ならそうは思いません。二番目の子の疾患も、まだ何かあるとしたら不安ですが今や知るすべはありません。
近親でこういう例があると教えられたなら、出来る限りの予防や幸せな時間を持つことを頑張りたい。
勿論どれほど遺伝子管理されても病気は防げないことは誰しも承知しているはずです。ただ少しでもそういうことを防げることができる立場にいる人なら、その力を振り絞って欲しいと願うばかりです。。

皆様のこと、これからも見守らせていただきます
Posted by:「ラヴィ・リー」まま at 2009年02月28日(土) 00:22

前コメントの「ラヴィ・リー」ままです。

私も二人の子供(うさぎ)と暮らしています。
最初の子は4年前ある有名店から。迎えて直後少し歯に異常を感じ店主に不安を打ち明けました。店主はまだお客様などいる前で見て「すぐ病院へ」と一緒に急行。症状はまだ軽度という段階でしたが、その後も心配の電話が何度も。。私は動物に触れることさえ未経験でしたので、これでちゃんと育てていけるかが不安でいっぱいでした。ある日店主が「本当にごめんなさい。。とても不安でしょう。。その子は私が」という引取りの申し出を。。すでに可愛くて離れがたかった私は、その一言で頑張ろうと決意しました。店主は「私も第二の母として頑張るから」と約束して下さいました。でも、その半年後病で他界。。
そしてこの子はその1年後から今に至るまで、生まれつきの消化器系の弱点やEZ疑惑などと限りなく苦しい戦いを続けています。

二番目の子は3歳。昨年春里親として迎えました。親しい友が東奔西走していることを知り、その中の子であまりに暗い瞳が衝撃でした。当然です。専門店廃業で遺棄された子でしたから。その子は遺棄されたのみならず、迎えて判明したもっと辛いこと。。粗悪な環境。先天性の心臓肥大。遺伝性らしい不正咬合。。慢性的鼻涙管閉塞等等。

そうです、この子達も責任ある専門店出身なのです。でも私は批判する意はありません。なぜなら前者は信頼できると信じられる「真心と誠意」があったからです。そして後者は「廃業」。もし再度営業を開始など聞き及べば、また違ったでしょう。。

・・・文字制限のようなので次に続けさせていただきます
Posted by:「ラヴィ・リー」まま at 2009年02月28日(土) 00:18

初コメントです。
りりちゃんのことを、ふとしたことから知ったのは昨年の夏過ぎでした。
以来ずっとその戦いを見させていただいておりました。。

まず、ルビーさん、そしてルビーさんと同じ思いをされている方たちのご努力に、大変感銘しています。
これからもその尽きることの無い熱い愛情を、見守らせていただきますと共に、私自身の励みにもしていきたいと思っています。。

そして一連の「名無し」さん達の思いには悲しみと憤りを感じます。
ここは「トピ」でも「コミュ」でも無いはずです。ルビーさん達の長い長い時間との戦いを知っているのでしょうか?
おそらく「しっぽ」さんを批判しているという事実のみにとらわれているのではという気もします。。
「うさぎと暮らしている」「動物にとても近い場所にいらっしゃる」とのことでもあるようですが、もし本当にルビーさんのような事態に遭遇すれば、きっとその思いも変わるのではないかと思います。。いえ、変わって欲しいというのが願いかもしれません。。

でもそれに勝る、当初からの推移をご覧になっている多くの方の温かい思いに救われた気持です。。
どうかこれからも、少しでも多くの辛い思いをせず幸せな子達でいられるうさぎのために、ルビーさんたちの思いが尽きることが無いようにという気持ちでいっぱいです。。
Posted by:「ラヴィ・リー」まま at 2009年02月27日(金) 23:55

何かが間違っていたのだと思います。
ウサギ専門店としてそれなりの地位を確立してきたのかもしれないけど・・・その過程で何かが。。
それを今、気づかなければいけない時期なのです。
このまま進んではいけない。。そう思います。
まず正さなければならないのは、その生きざまです。
解決策として、アメリカのブリーダー、獣医師、弁護士ではなく、まず一人のウサギを愛する人間として、ウサギと向き合うべきではないでしょうか?
先端を走っているという自負が大切なものを見失わせているような気がします。
経営者として、また業界の先駆者として、失えないものがたくさんあると思っているようですが、、、
心のない儲け主義に走ってはいけないのです。
お店の代表者という肩書ではなく、すでにウサギ業界の代表者といっても良いような存在の人だから、どうか誠実であってほしい・・・ただそれだけなのです。

私がルビーさんと店長さんのブログを読んで感じたことです。
Posted by:atom at 2009年02月27日(金) 23:49

はじめまして。
いきなりのコメント失礼します。

白内障の件は全て目を通させて頂きました。
確かに最初のお店側の対応はいかがなものかとも思いました。
リリちゃん達もかわいそうだと思います。
ただやはり生き物なので完璧な物はないでしょう。

読んでいるとルビーさんの気持ちもわからなくもないですが、お店側も最初は良くなかったかもしれませんがきちんと対応はしていると思います。客観的に見るとかなり誠実な対応だと思いますよ。私の友人が他の専門店で同じ様な事がありましたが、全く相手にされずかなり悲しんでいるのを私は見ています。これだけしっかりと公表までして私は感動しました!

お店とお客さんという立場からはやっぱりお金という事が浮かび上がっていくのではないでしょうか?
どのくらいかは知りませんが、最低でも何匹かは白内障の診断が出ているみたいですが、保証としてその子達の一生の治療費を払っていけって事ですか?それこそありえないでしょう。だからこそその様な対応になっても仕方がないのではないですか?
逆に他にあとは何を期待しているのですか?
期待していないと言うならもう何も言わない方が良いと思います。期待していないと言いながらもこちらでダラダラ文句を言っているのはなんだか社会人として大人としての対応としては残念だなと思います。

私はいつもうさぎのしっぽさんを利用させてもらっていますがとても良いお店だと思っています。飼育相談もとても親切に受けてくれますし、信頼しています。

あと、↓の方に一言。
迅速な対応も必要だとは思いますが、お店として精一杯の対応をしても、早さが問題で何をしても不誠実としか考えられないのは悲しい方ですね。
あと、個人的なブログで個人的な怒りを書くのは別に良いですが、ここまでお店の名前を出してのバッシングは完全なる営業妨害だと私は思っています。
Posted by:パーラー at 2009年02月27日(金) 23:48

はじめまして!
ぴーちの母です。
前々から、りりちゃんの白内障のことは聞いていましたが、ルビーさんの心労、お察しします。
我が家ではぴーちが3羽のうさぎと(1羽は)1匹の犬と3匹のカメを飼っています。
家族の一員になっている、コロ・凛・柚は我が家にとってなくてはならない存在です。
「うさぎのしっぽさんからの重要なお知らせ」が出た後のたくさんの書き込みを読ませていただきました。
それぞれに、ご意見があるのはわかりますが、最低のルールとして「ななし」だけはやめていただきたいと思います。
ブログの書き込みで怖いのは、相手の顔が見えないだけに、ニックネームさえ名乗らず「ななし」で書きこまれると、どう受け取っていいか困ります。
また、「獣医師の間でも話題になっています。」とありますが、どういう内容で話題になっているかが書かれていないことです。
前後の文章からは、決していい意味での話題ではないな、ということを想像させたくて書いているなと思われますが。
一体、何人の獣医師の間で話題になっているのか知りたいものです。
ナナシ・名ナシ・名ナシさん。・名無しRの4人の方は、ルビーさんのブログを事の始まりからぜひお読みになってから、コメントされることをお勧めします。
白内障の件については、経過を知る人は、誰でも「ななし」の方の書き込みには疑問を感じていると思います。
今の世の中、何が起こるかわからない時代です。
ハプニングもあります。
だからこそ、事が起きた時にどうすぐに誠意ある対応をするかが問われているのです。
人間関係の いろは ではないでしょうか。
Posted by:ハニー at 2009年02月27日(金) 19:48

またまたおじゃまです。

誠実な対応とは 「 迅速な対応 」 のことを言うのですよ。
すでに、今更何を書こうが、いくら払おうが、すべてが
「 不誠実な対応 」 になるわけです。

そのことがわらないのですかね。
何をかばっているのでしょうか。

このお店の対応が誠実だ、と思える人に驚きます。

そのような人には、やたらと、命・生き物、などの重い
言葉を使わないで欲しいものです。

生き物に限らず、完璧な物なんてこの世に存在しま
せんよね。だから、どんなものを買っても、買った側
(消費者)は売った側に対応を求ます。

欠陥が見つかったときの 「 対応の早さが誠実さ 」 な
のですよ。

望み?

個人のブログに個人的な怒りを書くことなんて、別に
特別な行為ではないでしょう。

何が望みなんですか、なんて質問していますが、
お店の関係者ですか?

そんなに問題って大きくなっているんですか?
このような個人ブログでお店が潰れるんですか?^^

ところでナナシさん達は、1人芝居ですか??
Posted by:ライオン at 2009年02月27日(金) 18:25

ルビーさん、こんにちは。

郵便物のこと、(ルビーさんは希望されてませんが)
口座に振り込んだらこの件は終了。
と一方的にされそうな感じがして、悲しい。
もちろん終わりが無いのも嫌だけど..
りりちゃんが、今日も点眼を頑張ってるのを想像すると
まずは提案なりなんなり、意見(お金の事だけじゃなくて)
を交換する機会が欲しかったです。

りりちゃんとニコちゃんの動画、たっぷり拝見しました。
健康診断の結果も良かったですね。

Posted by:りん at 2009年02月27日(金) 17:48

ななし で書き込んでる方へ

白内障の記事を始めから読んでますか?
何故ルビーさんがここまで自分を危険に曝してまで
このことを書いてると思いますか?

すべては最初のルビーさんの声にきちんと耳を傾けなかった事から
始まったのではないですか?

例えば…
あなたが洋服店でマネキンが着ている服が欲しくて、店員さんに同じ服が欲しいと言いましたが、
在庫を確認すると言ったきり店員は戻りません。
あなたはもう1時間も待たされています。
どう思いますか?
いつまで待たせるの?!と怒りたくなりますよね

店側はレスポンスを求めてる客に経過報告する義務があります。
それがあると無いとでは気持ちが違うことは理解して頂けるでしょうか。

ルビーさんの報告から半年以上経過してようやく
しっぽはこのことを公表しましたが
半年は長すぎだと思います。
現在原因調査中です等、店側から何かしら報告があれば良かったのでは?

動物はモノではありません。
病気になれば放っておけば進行する可能性があります。
早く’可能性‘を知れば早期に何らかの手を打てるのです。

自分の可愛がってるうさぎがある日いきなり
目が見えなくなったり、治療困難な病気になったらどうしますか?
もっとなんで早く見つけてあげられなかったんだろう?ときっと
思うはずです。

そうやって後悔して悲しむ人は一人でも少ない方がいい。
そう思いませんか?

長々と失礼しました
Posted by:セバスチャン at 2009年02月27日(金) 02:30

私も下の2名の方と同じ考えです。
ルビーさんは何を求めているのですか?どうしたいのですか?
今のあなたにはどんな対応を見せてもすべて怒りで返されそうですね。

大手のペットショップでトラブルがあったとき、あのようにお店としてマイナスイメージを被ってでも謝罪をしてもらえると思いますか?全然してくれないですよ。
マイナスイメージというリスクを被ってでもHPのTOPに記事を出したしっぽの誠意を汲み取ってあげれませんか。

りりちゃんは、こんな悲しい争いの火種になるために生まれてルビーさんのおうちに来たわけじゃないですよね。
Posted by:ナナシ at 2009年02月27日(金) 01:28

このブログを見ていると悲しくなります。
それはルビーさんの考え方にです。
下のコメントの方と同様の意見です。もし、今まで楽しく暮らしていた飼い主さんが、あなたの都合で不安に陥れられることになってもいいのですか?
あなたみたいな人が、そもそもお金を払って命を買うことが間違いなのではないでしょうか?買ったという意識があるから、訴えているわけですよね?納得がいかないんですよね?
生き物に完璧を求めてはいけません。
同じうさぎを飼うものとして悲しいです。
病院を連れまわされて、あなたのりりちゃんははたして幸せなのでしょうか?
そして、あなたの望みはお店を潰すことですか?問題をどんどん大きくして、お店側を追い込んでますよね?
もし、お店がつぶれたら、困る飼い主さんが多いのではないですか?私もその一人です。
あなたはもうしっぽさんと関わらなければいいですよ。でも、ほかの飼い主さんはどうしますか?
しっぽさんは、大きなお店だから、ある意味お金で解決するというのもひとつの選択肢だったのかもしれません。
辞退するならすればいい。
でも、これでもししっぽさんがお店を閉めるようなことがあったらわたしはあなたのことが許せません。買い物に行きながらかわいいうさぎさんたちを見るのが楽しみです。
いつもあんなにきれいにして、かわいがってお世話しているお店なのに、故意に不幸な子を作るとは到底思えません。
みなさんはしっぽさんに行った事がありますか?自分の目で確かめてみてください。本当にそんなひどいお店なのか!?

私はしっぽさんの誠意ある対応を応援します!!







Posted by:名ナシ at 2009年02月27日(金) 00:03

ルビーさんの希望は、白内障である子がまだいるかもしれない心配から、お店側へ購入者への連絡を希望し、遺伝である可能性を含めて認めてもらうこと?ですよね。
でも、血筋でたどっていって、その子全部に伝えたところで、
今まで何もなく元気に過ごしていた子にだったら、不安を仰ぐだけのことでは?
可能性の範囲だけだったら知っていてもいいかもだけど、飼い主さんからしたら不安そのものだけではとも思う。
ほとんどの方はパニックになってしまうと思う。
今後注意しないといけないこともでてくるかもだけど、不安だけ残るのでは?
そして、突然届いたお金で解決みたいなことのDMにも、
大切な家族なのに、と感情的になってしまい辛いお気持ちもよくわかるのですが、
それは、今までお店からお迎えしてからの日々の情の積み重ねでもあって、
もともとお店からお金を出して言葉悪いですが、商品として購入したのではないのですか?決して譲り受けたわけでもないですよね。お金を出して、大切な命と訴えているものを買ったわけで。お金で買ったのですよ。
お金の売り買いがあって、そしてそのこに問題が発生し、
時間がかかってしまったかもだけど、HPでも、ブログでも謝罪の言葉もはっきりかかれているわけで、
誠意をきちんと見せていただけているとも思います。
確かに購入代金をお返ししますといわれたら、悲しいし怒りもこみあげてくる気持ちもわかりますが、
お店側の対応はよくしていただいているとも思いますよ。
ただ、最初の対応が良くなかったのかもしれませんね。
はじめにルビーさんがお店側へ伝えたときの対応が。
ずっと返事がなかったってものよくなかったと思う。
コメである方の脅迫めいたことを言ってとある方のお叱りのコメもありましたが、
まず、ルビーさんが、覚悟の上だと察知しますが、
ブログで店名をあげて書かれていることにはじまっているのであって、言われても仕方のないことだとも思う。
お店側の対応は異例なこの事態に、誠意があると私は思います。
ルビーさんは、このままこのことが消えて解決してしまうのではないかとの不安はあるのではと思います。
ルビーさんの行動やブログを通しての気持ちは、たくさんの方へ伝わったと思いますよ。痛いほどに。
勇気ある行動が、お店側にも、飼い主さんにも、
これから良きことにつながると信じています。
Posted by:名ナシさん。 at 2009年02月26日(木) 23:17

ルビーさん、お久しぶりです。
今回の記事を読ませてもらって、とても残念だな…と思いました。お店側も白内障になったうさぎさんや、飼い主さんへの対応以外にもすることがたくさんあることはわかります。
でもお金を払ったからといって解決することではない、ということが店側にわかってもらえなかったことが悲しくてたまりません。
りりちゃんの症状が今のまま進行せずに、元気で過ごせるよう、祈っています。
Posted by:だいすけママ at 2009年02月26日(木) 21:54

どんな命でも、人の手によって、不幸な子って生まれてくるのでしょうか?はじめから、何かあると分かってて生ませている事でしょうか??
生まれてくるまで、もしくは出逢うまで、何も不幸とは決まってないし決められない事ではありませんか??

心配なお気持ちもわかります。でも、はじめにお願いした事は、しっぽさん側はやってくれたのだから、まわりの方々でもめる様な事は、主旨も違うしルビーさんも願ってないのでは?
ルビーさんもこの先、しっぽさんとどうしたいのかな?って心配になります。

通りすがりで申し訳ありません。一うさ暮の者として、また新しく楽しいブログになっていただきたいです。大変失礼しましたm(_ _)m
Posted by:名無しR at 2009年02月26日(木) 21:23

「愛うさは、大切な家族です。」ルビーさんのおっしゃられるとおりです。ペットではなく、家族の一員として一緒に暮らしているのです。
いきなりDMのような手紙を送るのではなく、飼い主の方々の一人ひとりのお気持ちをもっと大事にしてほしいと思いました。

ルビーさん、どうかお身体にはお気をつけくださいね・・・

Posted by:チャイママ at 2009年02月26日(木) 20:56

動物看護士だかなんだか知らないけど・・・
君の出る幕じゃないよ!それとも誰かの回し者?

ルビーさんへ。
あなたの勇気ある行動に心からエールを送ります。
こんなに大きな愛情に包まれた子達は本当に幸せです。
きっとルビーさんはウサギの未来のために選ばれた人なのかも?と思ってます。
どんな状況になっても逃げずに、ご自分の気持ちに正直に生きている。。。
そんなルビーさんを私はずっと見守ってます!

Posted by:atom at 2009年02月26日(木) 20:32

先日はうりの誕生日にお祝いのコメント
ありがとうございました。
ルビーさん、いろいろな意見を言う人がいると思いますが
私はルビーさんと同じ気持ちです。
他の方のコメントも読ませてもらいましたが、ショックで
涙が出ました。
ペットだとしても大切な家族にはかわりがないのです。
これ以上、人の手によって悲しい思いをする子達が出て
こない事を願うばかりです。
Posted by:まりうり at 2009年02月26日(木) 16:22

おじゃまします。

たれぞうさん、あなたは動物にかかわるのをやめたら
どうですか。個人情報を逆手に相手を脅迫するような
人間が動物にかかわるのはどうかと思いますけど。

それと、根本的に勘違いしているのは、消費者が事業者
の立場を考えることなんてアリエナイということですね。
ペット産業に限ったことではありません。消費者の被った
被害は、事業者が速やかに補う義務がありますから。

ここまでこじれるのは、事業者が問題を長い間放置して
ごまかしていたことが原因に見えますけど。

ついに問題をごまかしきれなくなって、急遽お詫び掲載、
一方的な保証内容の郵送、という相手を無視した対応
を取られて怒り爆発となったのでは。これのどこが自己
中心的なんですかね。

事業者は、もっと早い段階でやれることはたくさんあった
と思いますけど。

ペット産業に限ったことではありません。あらゆる事業者
は消費者に対して迅速に誠意ある対応を求められるので
す。

それが生き物だったら、なおさら迅速かつ誠意ある対応に
ならなければならないのは当然です。

それでは長文失礼しました。
Posted by:ライオン at 2009年02月26日(木) 14:12

ルビーさん、先日は久しぶりに遊びに来てくれてありがとです!
以前からのうさぎのしっぽさんの件、今日も新たにブログを読んでうさこも切なくなりました。。。
そして、↓の『動物看護士です。』さん・・・・。そのコメントに対するご意見を書かれた『unknown』と、うさこも同様の意見です。世の中にはいろいろな考えの方がいて、みんながみんな一緒ではありません、だから色々な意見が出て、発展していくのでしょう。でも、理想かもしれませんが善意という枠の中で動物を愛し、接触している者達だけは、『生命はおもちゃではない』という基本の部分はズレてほしくなかった・・・。

>ペットとは産業のために作り出された動物という事を認識すべきです。命あるものという認識で語るなら、ブリーダーやペットショップや飼い主のあなたもすべてが自己本位であるといえると思います。

ええ、人間なんて愚かな者です。動物の中で自分たちが万能であり1番の権力者であると勘違いをついしてしまいがちです。でも、少なくとも、ルビーさんをはじめこのブログや私のブログへきてくれるお友達は、そん人間じゃない。
ルビーさんが言うように、みんなうさぎやネコ、わんこ・・・動物たちを家族として愛し、“だっこしてるけど、ほんとはだっこされてるんだ〜”なんて思うくらい、彼らの人間より本当は優れている能力を知っているのだと思います。
私は(強烈ではないですが)、動物実験や毛皮作成の反対人間です。もうしわけありませんが、『動物看護士です。』さんのご意見を読んだとき、こういう考えが不必要な実験などを必要とするんだな・・・と感じてしまいました。
色々な考えの方がいる中で、私はルビーさんの考え方に賛成です。ルビーさんが考えて発してきた情報により助かった方がもたくさんいると思います。
ルビーさん、間違っていませんよ。私はそう思います。

最後に、
『動物看護士です。』さん。家族のことなら誰だって熱くなるのは当然だと思いますが、いけませんか?
>あなたのことは、獣医師の中で話題になっています
私には、この言葉が脅迫にしか見えません。
これを読んで、またなにか腑に落ちないようでしたら、
どーぞ、ルビーさんにでなく、私のブログへ反論をください。
http://ningyonohime.blog112.fc2.com/

ルビーさん、ごめんね。うさこ、ゆるせなくなっちゃって。
Posted by:うさこ at 2009年02月26日(木) 13:48

いろんな人間がいるからいろんな考えがあって意見がある。
それはそれでいいと思いますが下のコメントの方へ。
たとえお名前を知っていたからってそれをコメントなどに書くのはルール違反ですよ。遠まわしの脅しみたいなものですからね。
管理人様
すいません。荒らすつもりはないです。ただ上のことだけが気になったもので書かせていただきました。
Posted by:unknown at 2009年02月26日(木) 11:15

動物看護士です。
このブログは先生から聞きました。あなたは、ペットとは産業のために作り出された動物という事を認識すべきです。命あるものという認識で語るなら、ブリーダーやペットショップや飼い主のあなたもすべてが自己本位であるといえると思います。ショップのページも見ましたが、今までここまで誠実な対応をしているものを見たことがありません。あなたの思い通りになっていない状況に感情的になっているのが見えてきます。ちなみに、あなたのことは、獣医師の中で話題になっています。ですからお名前も知っています。私もこのようなコメントを書くべきでないと思いましたが、あまりにも自己中心的な内容に動物に携わるものとしてコメントしたくなりました。
Posted by:たれぞう at 2009年02月26日(木) 09:30

残念ながら、先方と皆さん方の土俵が違っている気が致します。同じ土俵で話し合わなくては、何も解決につながりません。先方が一番にしなくてはならなかったのは、一人ひとりの飼い主さんの気持ちや状況を真摯に聞き取ることでした。
長い間ブリーダーとしてやってきて、同じ母親から今までにそうした問題が出なかったと言うことで、本当はどういうことなのかと時間をかけて考えてしまったのでしょうが、それではダメなのです。
一番最初にきちんと皆さんの声を聞き取っていたら、皆さんが言っているのはお金の問題ではないことに、気がついたでしょう。また、皆さんと一緒にどういうことかを前向きに取り組んで解明しようとしたら、皆さんの気持ちをここまで逆なですることも、見当違いの対応をすることも無かったでしょう。
実際問題、他にも若年性白内障は聞き及びますので、このブリーダーの問題だけではないと思います。こうした現状があることを、ブリーダーだけでなく、飼い主やウサギにかかわる人たちに広く知っていただいて、今後そうした事が無いようにするにはどうしたらいいかを考えることが大切だというのが、皆さんの思いではないかと思っているのですが?
ともあれ、今回発症したウサギさんたちが、少しでも健やかなうさ生をおくれますように、心から祈っています。
Posted by:チーママ at 2009年02月26日(木) 03:31

返事がきたという事にはほっとしていたものの、
しっぽさんのHPを読んでいくうち違和感は感じていました。
が、ここまで誠意ない対応だった事に驚きです。。
起こってしまった事に対してもショックですが、
その後の対応があまりに酷過ぎて、怒りと哀しみが
こみ上げてきます。。
遅ればせながら、私のブログにもバナーを
リンクさせて頂きました〜。
あまりお力にもなれないですが、少しでも
沢山の方の目に触れますように。。。


Posted by:まゆ at 2009年02月26日(木) 01:13

↓コメ辛口でごめんなさい。
書いてから読み返していました。
リリちゃんの目がよくなって、
お店さんとのお話がうまくいくように、
ルビーさんも、気持ちよく過ごせる日が来ますように♪
影ながら応援していますからね。
がんばってくださいね。
コメントお許しくださいね。
Posted by:名ナシさん。 at 2009年02月26日(木) 00:23

ごめんなさい。匿名で書かせていただきます。
ずっと拝見させていただきました。
今まではお店さんの対応も誠意ないなとも思っておりましたが、
HPを拝見し、ブログの店長さんの気持ちの記事も読んで、
精一杯のことをしていただけているのでは?と思いましたよ。
対消費者、そして対企業ですから、
企業さんであるわけで、
要望の返答も時間がかかるのでは思いました。
目の具合や、ルビーさんのお気持ちを考えると、私もうさ飼いとして辛く思うこともありますが、
まず、故意なことではないということ。
そしてブログでも「お詫び」の言葉がはっきり書かれていること。
お金の問題ではないと思われるかもしれませんが、
企業としての精一杯の対応はしていただけていると思います。
大切な家族だともいうこともわかりますが、
病気を発症しない、完璧な動物をというのは不可能に近いと思います。発祥しない子もいれば、残念だけど、発症してしまう子もいて。遺伝なのかもしれないけど、そういうことがあっても仕方がないということも理解しないといけないと思う。
今回のケースを考えたとき、ペット業界全般にあてはまってしまうことであり、
買う(飼う)側も、病気の可能性のことも責任として理解しないといけないと思う。
故意ではないといえば許されるの?といわれれば、納得いかないこともあるかもだけど、
お店さんの味方をするのと言われて批判されてしまうかもですが、
生体を買う(飼う)責任では?とも思います。
そしてお店側も対応いただけているわけで。
私もよーく気持ちわかります。
でも、お店さんの対応をどうこういったってはじまらないよ。
気持ちもわかるけど、私も言いたいことあったこともあったけど。(お店ちがいますが)
前を見て、前向きにがんばってください。
うさちゃんたちのためにね。
長くなりました。失礼しました。
Posted by:名ナシさん。 at 2009年02月26日(木) 00:10

通りすがりながら『ギャップ顔コンテスト』に投票させて頂いてしまった者です。
りりちゃんの目のお話は以前から読ませて頂いていたのですが、深刻なお話で自分は何もできないのに、ルビーさんのお気持ちを考えると気軽にコメントできず読み逃げしちゃってました。ごめんなさい。
先日しっぽさんのHPを見て白内障についての記載があったので『あぁ、やっとHPに記載したんだな。ルビーさん達の苦労が報われたんだな』と思い、まずはホッとしました。
でも代表の方の気持ちというブログでの記載を見ると『???』という疑問ばかり残りました。
突然内容証明が送られてきたという記載。ずっと気に病んでいたというのに飼い主さん達と密に連絡をとるわけでもない。
諸事情を考えても公表するのが遅すぎる。…そんないろんな『???』です。
今日ルビーさんの記事を読んで妙に納得してしまいました。
うさぎが好きで始められた仕事かもしれないけど、今はうさぎさんを商品としてしか考えられないだなぁと。悲しくなりました。
私も同じうさ飼いとして怒りがこみ上げてしまいこんな長文コメントしてしまいました。すみません。
バナーリンク改めて貼らせて頂きますね。
ルビーさん、お体に気をつけて頑張りすぎない程度に頑張ってくださいね。
りりちゃん、ニコ君の元気でかわいい姿も楽しみにしていますね♪
Posted by:ちかぼう at 2009年02月25日(水) 23:36

こんばんは。
りりちゃん、ニコ君ともに元気そうで何よりです。

うさぎのしっぽさんの対応については、立場の違いはあれど残念という言葉につきますね。
これまで全ての記事を読ませて頂き、ルビーさんのお気持ちや他の飼い主さんのお気持ちについては自分なりに理解しているつもりです。
たとてどんなに小さな命でも決して物ではないですよね。
命を扱う以上は、その命に対して敬意をもって接して欲しいと思います。

Posted by:ちゃりパパ at 2009年02月25日(水) 23:13

記事を読ませてもらって、私も怒りで震えました。
大事な家族を、お金でという対応。
飼い主の気持ちを完全にばかにしてるとしか思えない対応です。
起きてしまったことは、悲しいけど、どうしようもないこと。
でも、その後の対応は、きちんとしてほしいです。
なんだか、悲しいですね・・・。
 
でも、りりちゃん達が元気でいてくれるのが、
せめてもの救いですね。
ルビーさん頑張ってください。




Posted by:のりたま at 2009年02月25日(水) 23:00

ニコブロの日にコメントは初です。
ニコちゃん、2歳を目前に甘えん坊さんになったんですね!
いいな〜うちもそうなるかなぁ。

しっぽHP見ました・・・
いいこと書き並べてる、言い訳だというのが我が家の感想でした。
どんな誠意を見せてくれるのかと思ったらお金ですか・・・。
直接お話するという行動がないのも、ガッカリです。

寒さがまだまだ続きますが、風邪ひきませんように。
Posted by:のゆき at 2009年02月25日(水) 22:17

お金で…動物も品物と同じかよ!!
うさぎが大好きでこの仕事を始めたのではないのですかね。
怒りと言うより、悲しくなってきてしまいます。

りりニコちゃんのいつも可愛い姿をありがとうございます(^−^)
只今、「デコチョコプレゼント企画」を開催しています♪
是非、ご参加ください(^^/
Posted by:ぴーち at 2009年02月25日(水) 21:23

初めてニコちゃんバージョン見れた!!
うれしぃ(>_<)

お金で…というのは寂しいですね。
家族の価値はお金でははかれませんから。
これからもりりちゃん、そしてどこのおうちのうさちゃんも
元気で幸せに過ごせますように。
Posted by:がめらママ at 2009年02月25日(水) 20:41

初めまして。今回、初めて読ましてもらいました。
飼い主様達のの気持ちを思うと何ともいえない気持ちになってしまいました。
何も出来ないですけど、バナーリンクを貼る事は出来るので、貼らして下さい。
なんの罪も無いウサギさん達が犠牲になっているなんて許せません!
少しでも、多くの人に伝えられたらと思います。

Posted by:りぃぇ at 2009年02月25日(水) 19:21

この記事のURL
http://yaplog.jp/riri-chang/archive/240
from リリブロ


もしも、あなたのうさぎや
あなたのお友達のうさぎが・・・

(*この記事へのリンクの詳細


〜りりと兄弟たちの白内障の経緯〜


手術を受ける前に読んでください
ブログランキング参加中
りりとニコの応援してね♪



2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
******************************
※トラックバックは承認制です。
当ブログ記事に関連があるものであれば、各記事のトラックバックURLへ
お役立ちリンク
多くのうさ飼いさん、そして、これからうさ飼いになりたい人に

もっぷろぐさんのサイトへ飛びます

もしも、あなたのうさぎや
あなたのお友達のうさぎが・・・

*長寿うさぎの会
*うさぎの健康手帳
*愛するうさぎのために
*「あなたの可愛いうさぎを守るために ぜひ読んで下さい。」
リンク


しろくろちゃいろ
たかぽんの気まぐれ日記
たれmimiひめ
楽天づくしな我が家
Tentecoten
立ち耳わんこと垂れ耳うさぎ
チョコとモカの湘南物語
モモヤンルーム
部屋とYシャツとうさぎ
うさ奥 糞の乱 〜見るは極楽、抱くは地獄。〜
女一匹・仔うさぎ一羽
うさぎ生活
ウサギのちゃり.COM
one day
大阪でもうさぎのおかん
ふわふわ“ふう”の成長日記♪
うさぎ日和
ミュウの日記帳
うさ☆Lunch 成長日記♪
シロクロ王子
六畳兎間
かばいいむさぎちゃんぴょんぴょんの雄叫び
室内飼いうさぎの生態
うさぎとカメ
てとてとおてと
週刊 うさちゃま U^ェ^U
☆★アッシュのおうち★☆
★のほほん気分★
unicoのにっき
そらたんの時間〜ときどきマック〜
光ちゃんといっしょに(*^(ェ)^*)
【silk-ringo】
手をつなごう
チッチの日常
我輩はウサギである
Atelier de Soleil〜羊毛の優しさに囲まれて
Jiji's Cafe 〜ブログ店
Arolog+
おひなたぼっこ♪
うさぎの権造の生活デラックス2
豆大福
のんびりヶ丘
すばる王国
ひめ&まろのお部屋
アオイsora
世界はみく中心に回るのである
ごんちゃん
☆モカ色日記☆
もこモカ日記
らび☆らび
ゆきぼうと子供たちの気まぐれ生活
うさぎの杏☆チャイ☆めろん
*。.・*りりっぺと仲良し*・.。*
くうちゃんMagic
うさぎの飼い方
ジャージーうりの日々
あんず的日常。
うさぎのおなら
ゆずりん
♪うさぎ♪Family♪
ぽぽたん日記(うさくん付き)
幸せラビットファミリー
ラビ★チロ日記
兎兎のお庭
うたたね風ちゃん
ON MY MIND
なっつママのHappiness-Healing♪
ろでぃといっしょ
きなこもち
我が家のうさぎ
ひまりんのZZZ
ほわほわ〜たれみみうさぎと羊毛うさぎ
うーちゃん闘病記
ししゃも、もじゃよ??
時の扉♪心の兎びら
clarity in blue...
ふりこ〜たれ耳うさぎ3兄弟〜
ロコモコなもこすけ
うさぎと花とクラシックと..
BUNNY COOKIE
へたれ耳うさぎ
へたれ耳うさぎパート2
******************************
*「リリブロ」はリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は、注意事項がございますのでご確認ください。
******************************
ギャラリー

うさ奥 糞の乱 母上様より


らび☆らび ゆきなさんより
会員証
『シャボンヌ友の会』

きち太さんより

『ハカイダーラビッツユニオン』

春香さんより

『のっけ隊』

わに姫さんより
   
 Powered by yaplog!