● ● ● 我が家のうさぎたち‘りり’と‘ニコ’の成長記録 ● ● ●

プロフィール
名前: ルビー(飼い主)

名前: りり
うさぎ(ホーランドロップ)・♀
カラー: リンクス
誕生日: 2006年8月17日
月還: 2015年5月21日
   (享年・8歳9か月)
出身:「うさぎのしっぽ」(東京店)
2006年10月8日、我が家に。
好奇心旺盛、物怖じしない、プライド高め(?)、 落ち着きがない、おてんばさん。淋しんぼうで、甘えんぼう。
破壊女王で、リアクション女王。
平均体重:1600 g

名前: ニコ
うさぎ(ホーランドロップ)・♂
カラー: ブロークンリンクス
誕生日: 2007年3月19日
月還: 2016年5月21日
   (享年・9歳2か月)
出身:「うさぎ舎」
2007年5月26日、我が家に。
おとなしめの、ぼんやりさん。何事にも興味薄だったのが、発情で豹変。オヤツよりカクカク?!
予測のつかない行動を取る天然系。
現在の体重:1550 g

〜 Riritter 〜
2009年11月1日スタート!

リリブロ3周年で新機軸☆
http://ririchang.blog9.fc2.com/
※現在お休み中です。
再開までしばらくお待ちください。
メール
メールはこちら ↓ から♪

メールは返信が
遅くなる場合があります
最新コメント
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年08月20日)
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年08月20日)
アイコン画像ひつじ
隠し子たちのご紹介 (2016年08月16日)
アイコン画像kabu
隠し子たちのご紹介 (2016年08月09日)
アイコン画像ルビー
隠し子たちのご紹介 (2016年07月11日)
ギャップ顔写真コンテスト
第2回・ギャップ顔写真コンテスト

*投票結果(各賞)発表
*表彰状

第1回・ギャップ顔写真コンテスト

*投票結果発表
*「ピタリ賞」「参加賞」発表
*表彰状
アンケート

〔調査期間:終了しました〕
ご協力ありがとうございました!
* 投票結果を見る *
画像BBS

※現在、書き込みはできません




隠し子たちのご紹介 / 2016年07月07日(木)

早いもので、明日7月8日ニコちゃんの49日です。


りりニコちゃんの命日が同じ5月21日なので、
初七日からずっと、7日ごとの法要は
去年のりりと同じスケジュールでしたが
49日法要は都合で1日早く、
葬儀をしたお寺で今日7月7日に行ってきました。


りりのお葬式から49日までのことも
ずっと書こうと思いつつ、今に至ってしまい
書いておきたいことたくさんあるんですが、
後回しになってしまっていた
新メンバーのことを書いておかないと
ずっと隠し子状態になってしまう!
(私の頭の上のほうで優しいニコちゃんが
「早く紹介してあげてでちゅ!」と言ってる気が^^;)

ということで
今日は我が家の家族になった2ウサ、
ルカサラを最新画像でご紹介します!





まずは、



ルカ
(男の子)
年齢 2歳9ヶ月


ネザーランドドワーフ
カラー:リンクス
誕生日:2013年9月3日
出身:ペットのコジマ 六本木店
(ブリーダー:静岡のネズラビトリー)

性格:温厚。感受性強め。敏感タイプ。
音に対してややビビリ。
指や手を舐めてくれる舐めウサギ




そして、



サラ
(女の子)
年齢 11ヶ月(今月1歳)


ホーランドロップ
カラー:フロスティ
誕生日:2015年7月27日
出身:ラルビッツ

性格:活発。運動神経抜群。
常にマックスハイテンション。
超食いしん坊。
抱っこが平気。自ら膝に乗ってくる。
ソファで一緒に寝てくれるめずらしいタイプ。





ざっと、こんな感じで簡単にご紹介〜〜〜

ルカなんて、うちに来て2年半以上経っちゃって
ホントに隠し子扱い・・・ゴメンねー(>o<;)

2ウサとも今まで病気での通院歴はナシの
健康優良児です!

いきなり大きくなってる写真のご紹介ですが、
2ウサとも手の上に乗るぐらいの大きさから
家にいたので、
小さかった頃の写真も載せていかないとね!(*^∀゜)b

出会いのきっかけとかこれから気長に(笑)
書いていこうと思います
 
   
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 22:25 / 成長 / この記事のURL

コメントを書く(12)
命日が重なった不思議 / 2016年05月28日(土)

5月21日にニコちゃんがお月様に帰って
今日で1週間です。

一昨日・5月26日の葬儀で
ニコちゃんは無事に虹の橋を渡っていきました。


昨日5月27日が初七日でしたが
一昨日の葬儀・火葬のあとに、初七日法要もしていただきました。

葬儀の様子など写真に収めていますが、
1年前のりりの時のこともまだここに書いていないので
それはまた後日・・・ということで、
今日はお坊様に聞いたありがたいお話を書こうと思います。




2ウサの命日が同じになったことについて

 りりの命日→ 2015年 5月21日
 ニコの命日 → 2016年 5月21日



(2012年10月撮影)

あとから調べてみると、
家族や友人など親しい間柄で命日が同じになるって
意外にあるみたいなんですね。
(あと誕生日と命日が同じとか)



さらに、りりのお葬式の日とニコちゃんのお葬式の日は
同じ5月26日
5月26日は、9年前にニコちゃんが我が家にやってきた日です。

とても神秘的なものを感じてしまいます。


以前うさ友さんに作ってもらった羊毛りりとニコを眺めるりり
(2012年6月撮影)


ニコちゃんのお葬式の時のお坊様は
りりの1周忌法要でお経をあげてくださったお坊様と同じ方でした。


りりの1周忌法要から帰宅した後の話をして
ニコちゃんが同じ日に亡くなったのは何かあるのでしょうか?と
問いかけました。


「りりちゃんとニコちゃんは
仏教で言うところの 『ご縁が深い』 ということです。
来世でもまた巡り会えると思います。



(2012年11月撮影)

そして○○さん(私たち)ご家族が、
あの世で再びりりちゃんとニコちゃんに出会えた時に
楽しい思い出話をしてあげられるよう
毎日を楽しく過ごして下さい。」



ビミョーにニュアンスが変わってるかもしれませんが
このようなお答えが返ってきました。


毎日を楽しく・・・本当にごもっともです。



昨年りりがいなくなったあと、私はしばらく
自分では普段通りのつもりだったのですが
頭ではずっと、もしあの時ああだったら・・・
あの時こっちの選択をしていれば・・・と
いろいろな後悔をしてばかりいました。

それがいつしか体に不調が出てしまい(実際病院のいろんな科を受診)
その時はじめてペットロス(りりロス?)に陥っていると気づきました。


いつもりりを見つめてたニコちゃんもりりロスに…


そしてペットロスのことについて、ネットで見たり
同じ気持ちを抱えている人たちの手記を読んだり
それでもなかなか暗い穴から抜け出せなかった時に
この本に出会いました。

ありがとう。また逢えるよね。

ありがとう。また逢えるよね。
著者:横田晴正
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


この本を読んで
それまでずっと「どうして・・・、なんで・・・」と考えていたことの
答えがわかった気がしました。
そして、涙が滝のようにとめどなく溢れてきましたが
そのあととっても心がラクになったんです。

読み手により感じ方は違うかと思うので内容は語りません。

もし、現在最愛の家族を失ってペットロスで悩んでいる方、
この先そうなってしまった方に、ぜひとも読んでほしい1冊です。



ニコちゃんとサヨナラしてしまった日からも
涙が出ない日はないのですが、
出るものは全部出してしまって
また再び巡り会える日のために
前を向いて楽しく過ごしていきたいです。




りりちゃん、ニコちゃん、
いっぱいいっぱい…ありがとう!


きっとまた会おうね!!


 
   
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 19:05 / 雑記 / この記事のURL

コメントを書く(8)
祈りの朝 / 2016年05月26日(木)

5月21日
りりの1周忌命日に旅立ったニコちゃん。

今日荼毘に付します。


(7歳10ヵ月に撮ったもの。老化の影も見られなかった頃のニコちゃん)



息を引き取ってからのニコちゃんの姿を
残して置きたいと思います。





闘病中は、涙と鼻水と食べ物の逆流症状で
1日に何度も拭いてあげても顔回りはガビガビ、
呼吸の状態が良くなかったニコちゃんは仰向けにできず
手足やお尻もずっとキレイにしてあげられませんでした。

息を引き取ったあとに、おうちで洗ってあげました。
洗ってる間も体が温かかったので(たぶんお湯のせい)、
亡くなってるのが信じられない感じでした。

その間もいっぱい話しかけてあげて、
2時間かけて洗ったら可愛いニコちゃんが復活しました。


天使のような寝顔です・・・


今は、りりもお葬式までの間に休んでいた部屋にいて
棺の中で眠っています。

9年間お世話になった掛かりつけと最後に見ていただいた病院からも
お花が届いて感激しました。
本当にありがとうございました。



大人になってからも、ずっと赤ちゃんみたいな雰囲気だったニコちゃん

眠っている顔を見ていると
幼子を旅立たせるようで、とても寂しくなります。

弟や妹ができてもずっと赤ちゃん扱いしてたけど、
きっと小さな頭でいろんなこと考えてたんだよね。。。





りりや仲間たちが待っていてくれるから大丈夫かと思うけど、
ぼんやりニコちゃん、寄り道しないで虹の橋を渡るんだよ!



お葬式は今日10時からです。
ここにお気づきになられた方、10時から13時の間に
ニコちゃんのために一緒に祈っていただけると幸いです。
 
   
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 07:12 / 成長 / この記事のURL

コメントを書く(0)
さよならニコちゃん。りりの命日に… / 2016年05月24日(火)

先日、
2016年5月21日 12時頃

昨年暮れからの闘病生活の末、
ニコちゃんがお月様に帰りました。

9歳と2ヶ月


そして、この日は奇しくも昨年お月様に帰った
りりの命日で1周忌法要の日でした。




りりが旅立って1年。
いろいろ書きたいことはたくさんあったのですが、
気付けば1年経っていました。


1年前、ニコちゃんは、りりがいなくなってから
一気に元気がなくなりました。
幸い食欲はあったものの、しょんぼりした様子で
ケージから出てこずに10日ぐらい引きこもり生活をしていました。

うちに来た時から約8年ずっと隣にいたりりがいなくなったので、
当然のことかもしれません。

その時は私もしばらく暗くなっていたのですが、
見ていて気の毒になるぐらいニコちゃんが沈んでたので
ニコちゃんの前でだけはあえて明るくふるまっていました。


日にちが経ち、徐々にりりのいない日常に慣れてきて
ニコちゃんもサークルに出て遊ぶようになったものの
8歳過ぎてもずっと若々しかったニコちゃんは
急に歳を取った感じになりました。



うちには今2013年10月にお迎えしたネザーの男の子・ルカ(2歳半)と
昨年9月にお迎えしたホーランドロップの女の子・サラ(10ヵ月)がいて、
ニコちゃんを含め、3ウサになっていました。
(なので、りりルカとは1年7ヵ月同じ部屋にいました。
ルカサラのことはまたあらためて紹介したいと思います。)


新しく女の子が来て、
少しは活力を取り戻してくれるんじゃないかと思ってましたが
ニコちゃんはサラに興味を示しませんでした。
それどころか、まだ赤ちゃんだったサラが追いかけて来ると
逃げてました・・・



しばらくは普通に暮らしていましたが、昨年の暮れ頃から
鼻からイビキのような音がしているのが気になり、
原因不明の鼻炎で通院していましたが、一向に良くならず
今年の2月に入って食べ物が鼻に逆流するという症状が起こりだし
固形物をしょっちゅう鼻に詰まらせるため、
危険な状態に陥ったこともあったので
鼻から抜けやすい食事に切り替えがんばっていました。

できるだけ体に負担のかからない検査の範囲では
心臓や肺、その他の内臓系も異常なく
3月には無麻酔でCT検査ができる病院で
鼻から喉を調べてもらいましたが
結局はっきりしたことはわかりませんでした。
それ以上のことは、麻酔が必要な検査
(→で、何かわかったとしても手術)になるため
この時点でかなり体重が減っていた老齢のニコちゃんには
そのリスクも大きく、体力や体重がある程度回復するまでは
現治療でうまく病気とつきあっていこう…という感じでした。


闘病中や治療の事はまた詳しく書こうと思います。



そんな中、3月19日には
9歳の誕生日を迎えることができました。

一時は9歳になれないかも・・・という時も何度かあったので
心底ホっとしました。
この頃の私は、もういつ何が起きても・・・と覚悟をしていましたが、
りりが越えられなかった9歳の壁を
ニコちゃんには越えさせてあげたかったのです。



4月は割と落ち着いた状態が続いていましたが、
5月に入って、今までかろうじて食べれていた
固形ペレットやペレット牧草にほとんど口をつけなくなり、
GW中点滴に4日通いましたが
呼吸の荒い日が続いていた為
5月8日に酸素ハウスをレンタルし、その中で過ごしていました。

足の筋力も落ちてしまっていて、何とか座れてはいるものの
一度倒れると自分で起き上がれないため
ぬいぐるみのパンダちゃんやポンタが支えになってくれていました。


粉末のペレットで作ったダンゴや
野菜のスムージーが食事の中心になり、
(給水ボトルは2月下旬から口をつけず、
もうただの水は飲まなくなっていました)

免疫力をあげるためのサプリやプロポリスなども取り入れ
少しずつ食べる量も増えていき、容体も悪化することなく安定してきて
一時は1180gまで落ちたこともあった体重が
5月20日は1312gまで戻っていました。
これで徐々に体重が増えていくかも・・・と希望が出てきていました。


しかし、5月20日の午後からまた呼吸が荒くなってきたため、
酸素濃度をあげて一晩。
21日の明け方には薬も普通においしそうに飲み、
午前中スムージーやペレットダンゴは少しずつしか食べませんでしたが
(この頃には食事の時間は1〜2時間おきに
数回に分けるちょこちょこ食いが常になっていた)

呼吸も落ち着いていたので安心していました。





5月21日
りりの1周忌で、この日はお寺で11時から1周忌法要でした。


ハウスの中でパンダちゃんによりかかっていたニコちゃんに
「今日はりりおねえちゃんの1周忌だから、行ってくるからね」
と声をかけ、10時半頃家を出て、
りりのお葬式でもお世話になったお寺に向かいました。


(※これは5月9日に撮ったものです)

1周忌法要が終わり、帰宅したのが12時頃でした。


「ただいま〜」とウサたちに声をかけ、
持ち出していたりりの位牌をウサ仏壇に戻し
ニコちゃんの酸素ハウスを覗くと、
ニコちゃんがパンダちゃんにもたれ倒れていて動いていない!?
いつもの呼吸をする時の背中から脇腹にかけての動きがないのです。

慌ててニコちゃんの体を起こした時、体は温かく、
一瞬ピクっとした呼吸をする時の動きが手に伝わりました。
パパに「ニコちゃんが動いてない!」と大声で呼び、
ニコちゃん!ニコちゃん!と声をかけました。
そして、パパがティッシュをニコちゃんの鼻に当て拭こうとした時
プシュっといったそうです。

本当に呼吸止まってるの??

掛かりつけ以外で近くに何度か点滴をしていただいた病院が
車で10分ほどの場所にあり
そこの院長先生に電話をして現状を伝えました。
体が動いていないけど、呼吸をしていないかどうかが判断がつかない。
どうすればいいのか・・・と。
この時の私はかなり動揺していました。

細く切ったティッシュを鼻の穴に持っていき、
それが動くかどうかでわかりますよと教えていただきました。
電話で先生と話している横で、パパはわからないながらも
心臓をマッサージしてくれてましたが
ティッシュは動かず、
もうニコちゃんに反応は見られませんでした。

自分では(亡くなってるか)判断できないので、
先生に確認をお願いします・・とすぐに病院に連れて行くことにしました。


車の中でキャリーに入ったニコちゃんに
声をかけて体を撫でていましたが、
家の中では確信が持てなかった私でも
その時にはもうはっきりわかっていました。

病院に着くと看護師さんがすぐに診察室に招き入れてくれました。
ニコちゃんに聴診器を当てた院長先生から
「呼吸止まっていますね」という言葉を聞いて
ようやく、そうか・・・と受け入れられました。
体は温かく、ほんとにまだ亡くなったばかりの感じだと言われました。



だけど、今までも覚悟はしていたものの
今日だけは、、、
まさかりりの命日とニコちゃんの命日が
一緒になるなんてことはないだろうと思っていました。


ニコちゃんが介護生活に入って以降、やむを得ない場合を除き、
なるべく私とパパ二人で家を空けないようにしていました。
寝る時も、ウサたちのいるリビングで様子を見ながら…といった日々で
りりの時に最後見送ってあげれなかったということもあり、
ニコちゃんが息を引き取るときは
ずっと見守っていてあげようと思ってたのです。

なので、慌ただしいお別れになってしまったのが残念ですが、
ニコちゃんが選んだ旅立ち方だったのかな…と思いました。

両目ともに閉じていて、いつも呼吸が荒い時には口が開くのですが
口も閉じていたので、苦しまずに本当に眠るように亡くなったようでした。
(院長先生もそんなような感じのことをおっしゃって下さいました。)

もしあの時出掛けていなくて家にいたとしても、
その瞬間気付くことができたかわかりません。
りりの1周忌から帰ってきたあのタイミングだったから気づけたのかも?
と思います。
そして、あの家での一瞬の反応が
ニコちゃんの私たちに向けた最後の挨拶だったのかもしれません。





りりと同じ日を命日に選んだニコちゃん・・・

りりがいた頃はいつもりりの動向を気にしていて
りりのいなくなった頃のニコちゃんのしょんぼり具合を思い出しても
ニコちゃんの想いがとても強かったんだなぁとつくづく感じました。


ニコちゃん、りりに導かれて虹の橋を渡っているかな。


りりの時は、あのタイミングで亡くなることが想像つかず
たくさんの後悔をしばらく引きずっていました。

今は寂しさと悲しさはありますが、
ニコちゃんとの介護生活に悔いはありません。






ニコちゃん、
本当に闘病生活よくがんばったね!えらかったね!
おっとりさんで、誰にでもフレンドリーで癒し系のニコちゃんは
お月様でもみんなと仲良くできるよね。


ニコちゃん、うちの子になってくれて、9年間今まで本当にありがとう!!


ニコちゃんは5月26日に荼毘に付します。
お葬式の日も時間もりりと同じなんですが、
この日はニコちゃんのお迎え記念日でもあります。
偶然とは言え、本当に不思議です。
 
   
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 15:58 / 成長 / この記事のURL

コメントを書く(8)
りり。あともう少しだけ・・・ / 2015年05月25日(月)

5月21日、
お月様へ旅立ったりり

りりの生きた証「リリブロ」に
帰宅してから今日までのりりを残しておきます。



家に帰りついたのは22日の未明。
(2時は過ぎてました)

まだほんのりと温かさが感じられ
薄目が開いた状態で横になっているりり
まるで眠っているかのようでした。
抱き上げようとしたら、腕がビクビクっと動いた気がしました。


抱っこが大嫌いだったりりを、抱いてあげました。
りりによく歌ってあげていた私オリジナルの
「バナナの歌(仮)」を歌ってあげていたら、
気のせいか少し目が閉じてきたような気がしました。



りり、眠いの?」


「いっぱいがんばったもんね。」


「いいよ。ゆっくり休んで・・・」


「でもね、そのうち起きてくれるとうれしいな。。。」



このあと、私の部屋で初めてベッドで一緒に寝ました。
ずっとりりの手を握っていました。
やっぱり朝になってもりりは目覚めなかったけど。。。


昨日(5月24日)のりり
(葬儀まで家の冷所に安置しています)
ものすごくキレイな姿で、本当に眠ってるみたいです。


これは今日(25日)の様子です。

うちで女王様だったりりにピッタリなベッドで休んでいます。


これはりりの7歳の誕生日に買ってあげました。
(2013年9月撮影)

小型犬用のベッドなんですが、ひとめぼれして買いました。
上で寝ることはなかったけど、
部屋んぽ中に乗ってホリホリして遊んでました。



今朝、チャイママさんからお花が届きました。優しい色合いの可愛いアレンジメント。お気遣い本当にありがとうございます。

チャイママさんは、かつてりりと同じリンクスのロップ、チャイくんの飼い主さんでした。チャイくんはだいぶ前に虹の橋に旅立っています。
優しいメッセージありがとう!りりと仲良くしてあげてね。




りりは、明日5月26日、荼毘にふします。

ここにお気づきになられた方、午前11時〜2時の間に
りりが迷わず虹の橋に行けるよう、祈っていただけると幸せです。

りりちゃん、明日でお別れだけど
あともう少しだけ一緒にいれるからね。。。


 
   
ランキング参加中!アナタの1クリックが、元気の源、明日への活力♪
1日1票、別々にポチポチっとお願いしま〜す!(*^^*)

 

Posted at 16:43 / 病気 / この記事のURL

コメントを書く(20)
from リリブロ


もしも、あなたのうさぎや
あなたのお友達のうさぎが・・・

(*この記事へのリンクの詳細


〜りりと兄弟たちの白内障の経緯〜


手術を受ける前に読んでください
ブログランキング参加中
りりとニコの応援してね♪



2016年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
******************************
※トラックバックは承認制です。
当ブログ記事に関連があるものであれば、各記事のトラックバックURLへ
お役立ちリンク
多くのうさ飼いさん、そして、これからうさ飼いになりたい人に

もっぷろぐさんのサイトへ飛びます

もしも、あなたのうさぎや
あなたのお友達のうさぎが・・・

*長寿うさぎの会
*うさぎの健康手帳
*愛するうさぎのために
*「あなたの可愛いうさぎを守るために ぜひ読んで下さい。」
リンク


しろくろちゃいろ
たかぽんの気まぐれ日記
たれmimiひめ
楽天づくしな我が家
Tentecoten
立ち耳わんこと垂れ耳うさぎ
チョコとモカの湘南物語
モモヤンルーム
部屋とYシャツとうさぎ
うさ奥 糞の乱 〜見るは極楽、抱くは地獄。〜
女一匹・仔うさぎ一羽
うさぎ生活
ウサギのちゃり.COM
one day
大阪でもうさぎのおかん
ふわふわ“ふう”の成長日記♪
うさぎ日和
ミュウの日記帳
うさ☆Lunch 成長日記♪
シロクロ王子
六畳兎間
かばいいむさぎちゃんぴょんぴょんの雄叫び
室内飼いうさぎの生態
うさぎとカメ
てとてとおてと
週刊 うさちゃま U^ェ^U
☆★アッシュのおうち★☆
★のほほん気分★
unicoのにっき
そらたんの時間〜ときどきマック〜
光ちゃんといっしょに(*^(ェ)^*)
【silk-ringo】
手をつなごう
チッチの日常
我輩はウサギである
Atelier de Soleil〜羊毛の優しさに囲まれて
Jiji's Cafe 〜ブログ店
Arolog+
おひなたぼっこ♪
うさぎの権造の生活デラックス2
豆大福
のんびりヶ丘
すばる王国
ひめ&まろのお部屋
アオイsora
世界はみく中心に回るのである
ごんちゃん
☆モカ色日記☆
もこモカ日記
らび☆らび
ゆきぼうと子供たちの気まぐれ生活
うさぎの杏☆チャイ☆めろん
*。.・*りりっぺと仲良し*・.。*
くうちゃんMagic
うさぎの飼い方
ジャージーうりの日々
あんず的日常。
うさぎのおなら
ゆずりん
♪うさぎ♪Family♪
ぽぽたん日記(うさくん付き)
幸せラビットファミリー
ラビ★チロ日記
兎兎のお庭
うたたね風ちゃん
ON MY MIND
なっつママのHappiness-Healing♪
ろでぃといっしょ
きなこもち
我が家のうさぎ
ひまりんのZZZ
ほわほわ〜たれみみうさぎと羊毛うさぎ
うーちゃん闘病記
ししゃも、もじゃよ??
時の扉♪心の兎びら
clarity in blue...
ふりこ〜たれ耳うさぎ3兄弟〜
ロコモコなもこすけ
うさぎと花とクラシックと..
BUNNY COOKIE
へたれ耳うさぎ
へたれ耳うさぎパート2
******************************
*「リリブロ」はリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は、注意事項がございますのでご確認ください。
******************************
ギャラリー

うさ奥 糞の乱 母上様より


らび☆らび ゆきなさんより
会員証
『シャボンヌ友の会』

きち太さんより

『ハカイダーラビッツユニオン』

春香さんより

『のっけ隊』

わに姫さんより
  | これより前の日記へ  
 
 Powered by yaplog!