喜び一杯の私を襲った悲劇(>_<)

August 29 [Mon], 2016, 18:28
私は、自他ともに認める楽天家です。
少し、能天気過ぎるところもありますが、病気知らずで、明るく元気に!がモットーです。

何度も期待と落胆を繰り返し、ようやく子どもを授かった時はとっても嬉しくて涙が出ました。
旦那さんはとっても子ども好きだし、たくさん遊んでくれそう!未来は期待いっぱい幸せいっぱいでした!
そんな受かれた私に待ち受けていたのは、想像以上の悪阻でした。
まさかこんなに辛いことがあるなんて…
私はとにかく吐き悪阻でした。お米もパンも、野菜もお肉も、水分も氷も…とにかく口の中に何か入ると、倍以上の胃液を吐きました。自分の唾液でも吐きました。

特にダメだったのは小麦系の物でした。見るだけでも吐き気がして、とても食べる気にはなれません。
旦那さんの食事の臭いだけでも嘔吐していたので、旦那さんには別室で食事をしてもらいました。
当然、仕事にも行けず、有給消化で対応してもらいましたが、結果的には、5年働いた大好きな職場を退職しました。

水分も氷も受け付けなかったので、産婦人科でずっと点滴してもらっていましたが、通院で歩けなくなり、体重が15キロ減ったところで入院しました。
いくらダイエットしても到達できなかった、夢の30キロ台になりました(>_<)
産後の肌荒れはひどかったですが……。


24時間の点滴、クリニックから総合病院への転院、逆流性食道炎からの吐血等、色々ありましたが3カ月後に無事退院できました。その時は妊娠7ヶ月ほどでした。

その後は後期悪阻もありましたが、それは大したことはなく、結局は妊娠前からマイナス5キロで無事に出産できました。

少し小振りだけど可愛い男の子です。

病気知らずで、本当に元気な私が、まさかこんなにひどい悪阻になるとは夢にも思っていませんでした。
何度も挫けそうになったけれど、その度に、なんとなく、子どもに励まされた様に感じます。
妊娠・出産は本当に大変だけれども、神秘的で奇跡的なことだと感じます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マリア
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/riret45mev0a0e/index1_0.rdf