冒険 

2007年02月12日(月) 12時54分
本日はカナンと共に大聖堂へ
ここにきてカナンとしか交流の無かった私ですが友人を求めて集いの間に赴きました

実は友人探しなどは初めて自分から動いたので戸惑っております

1.2人の方に個別に伝言差し上げ
その後自ら大聖堂に書置きを・・・・・・

どなたか訪ねてくださるか心配です
しかし訪ねてくだされば嬉しいもの。

客人用の紅茶を市場で購入致しましょう^^

再生 

2007年02月08日(木) 0時06分
私が生まれ変わりました。

新しい世界で闇天として同じように神父業にはげみたいと思っています^^

この世界では私とカナンは夫婦。
毎日が心躍ります。

愛する方の為に毎日を生きるのは大変楽しいものです


お互い少し忙しくありますが
支え合い生きていこうと思います

慌しい毎日 

2007年01月10日(水) 17時54分
背後事情で少しばたばたとしております。
しかし毎日カナンが手料理を振舞ってくれ、私は健康でいられます^^

本日はカナンが肖像画を描いて下さいました
眼鏡を外し、髪を下ろした私ですが・・・・・
もはや完敗です。カナン美しい肖像画をありがとうございます。

私が絵を描けないというのが悔しい限りです。

しかしその分、いえ、それ以上の愛情をカナンに・・・・・・

反省 

2007年01月08日(月) 19時18分
本日はカナンにお説教をしてしまい反省中の私です。
愛する人への心配からですがやはり心が痛みます。

久しぶりに草木の手入れを行い、庭の掃除や畑の作物の手入れを十分に行いました
自然を触るというのはいいものです^^

明日は窓の掃除でも致しましょうか

カナンにお守りをプレゼント致しました。
喜んでいただけるでしょうか・・・・

恩師が最近不調のようなのでこれから籠いっぱいのマシュマロでも届けておくとしましょう。
窒息しないことを祈りながら・・・・

買い物に。 

2007年01月07日(日) 18時02分
本日はカナンと買い物です
どうやらインクポットを探すと言うことで画材屋へ。
私は小麦粉とベーキングパウダーを市場に買いにいかなくてはなりません。

カナンははしゃいでこんな寒い日にマフラーも無しに出かけようとするので
私はすかさず止め、マフラーと手袋で防寒スタイルを築きました。
風邪などひいてしまっては可哀相で御座います^^

今夜は何を作りましょうか。
あまりにも寒いので鍋でもしましょうか
私のメガネが曇らなければいいのですが・・・・

失敗 

2007年01月06日(土) 15時13分
昨日の日記が登録されていないようで・・・難しいものです

昨日はカナンのホットケーキに満足致しました
どんなに形が四角でも焦げていてもカナンの料理は世界一です
花嫁修業は必要なくそのままでいて欲しいと願うのです

いつか時期がきたらまたきちんとカナンにお願いするつもりです
(何かは内緒で御座います)
そのためにもお店を回って下準備をしておきましょう

さて、今日はカナンと何をしましょうか
雨が降っているようなので雨を眺めつつ古いレコードでも聴きながらカナンと話をしていきたいですね

菓子を食荒らす悪魔 

2007年01月04日(木) 17時32分
昨日からカナンのアトリエにお邪魔しています
整理された綺麗な仕事場で読書にふけりながら
カナンの仕事ぶりを後ろから眺めています

カナンが私の恩師をアトリエにて描く為招待したと言いました。
私は身震いしました。

かつて我が家で甘物の類を全て見つけ出し
食荒らしそこらをベトベトにしていったことがありました
まるで悪性の嵐の様だったのです。

カナンのアトリエがあのようになってはいけないと私は必死で菓子の類を別室に隠しました
あの悪魔がそれを見つけなければいいのですが・・・・・
あの調子で隣家では毎日ご主人が苦労していると思うと可哀そうでなりません。

悪魔の襲来の準備は整いました。



カナンは私が守ります^^

本日の予定 

2007年01月03日(水) 16時12分
本日はカナンが不在とか。
買い物かおしゃべりか何かでしょう。
きっと今頃楽しそうにしているとおもうと私まで笑みがこぼれます。

先日より私の生い立ちをノートに書き綴っておりましたので
本日はそれを仕上げてしまいましょう。
お茶はジャスミンティーでも頂きましょう^^

夕方よりかねてから約束のシチューを作っておきましょうか。
先日2人で選んだシチュー皿のお披露目です。
デザートは昨夜下ごしらえを済ましたレアチーズケーキにラズベリーのジャムを添えて。

その後はカナンが綺麗にしてくれたお風呂で汗を流し
読書をしながら帰りを待ちましょう。

カナンと私 

2007年01月03日(水) 15時58分
その後闇天使のお嬢さんとはとても親しくなることができました。
私は神父でありながら彼女に魅かれてしまっていたのです。

彼女は星空が好きで
2人で星を見ながら朝まで語り合ったこともありました
話せば話すほどに彼女を知り、私にとって彼女はかけがえのない存在となりました。


ある日私は彼女に知らせず遠出をしてしまいました。
しかしそれが思った以上に長引き、
彼女に何も告げず家を長くあけることになってしまったのです

「彼女に謝らなければならない」

そう思いながら我が家のドアを開けたとき驚きました。
部屋は綺麗に掃除されて、奥から彼女が出てきたのです。
どうやら私がいつ戻ってもいいように手入れをしていたのだそうです。
私は涙がこぼれ、彼女を謝りながら抱きしめたのです。








それからしばらくして彼女は私の恋人になってくれたのです。

今では彼女の好きな夜空と
私の好きな大地の花々をあしらったステンドグラスのある小さな教会を
農場に併設することが2人の夢になっているのです。

彼女がいて私がいる。

毎日をこうして幸せに過ごせることが私にはなによりもかけがえのない財産なのです。

カナンとの出会い 

2007年01月03日(水) 15時44分
農業やこの世界にも慣れて来た頃、私は小さなショップを開店させました。
家を改築して少し店舗らしくしたのですがお客様はあまり見えず、ひっそりとしておりました。
ある清々しい日のことでした。珍しく店のドアが開く音がしたのです。
また隣の天使のお嬢さんだと思いかしこまることもなく私は店に出たのです。
しかしそこにはいつもの天使のお嬢さんではなく可愛らしい闇天使のお嬢さんが立っていたのです。
真紅の長い髪がかすかに揺れ、深く青い瞳が私を見つめていました。

「いらっしゃいませ。」

動揺を隠すように私はにっこりと笑いかけた。

「友達へのプレゼントを探しに来たんです。」

澄んだ声で彼女が答えた。

「品数は少ないですが、お茶でもどうぞ。」

カウンターにダージリンの紅茶を置きました。
彼女は喜んでお茶に応じてくれましたが私は動揺し続けていました。
どれほどかと言えば、お茶と共にお出しするお菓子を出し忘れるほどに・・・・・

彼女は沢山の話をしてくれました。
私は笑顔でそれを聞いていることがとても幸せだったのです。

その日彼女はご友人への贈り物を購入され帰られましたが
私は彼女のことが気になって仕方がありませんでしたので
後日紅茶やお菓子を口実に何度か彼女を訪ねて行ったのです。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像プリシラ
» あけましておめでとうございます (2007年01月01日)
Yapme!一覧
読者になる