癌との戦い

November 10 [Tue], 2009, 14:08
夏と秋のはじめ頃まで、病院生活を続け、色々な検査を経て、いざこれからはいよいよ戦いの毎日・・・となっていった。

私の場合、転移の幅が広く、手術は不可能。
出来れば癌を消す状態が喜ばしいが、まずは癌の進行を止めること。
それが近々のテーマだった。

私が戦う方法は抗がん剤。
点滴や注射、錠剤など形は様々で、いくつかの種類を組み合わせて使用していけば選択肢は数え切れないほどあるらしい。

ただし、体力があれば、だ。

私の場合、体重は15キロほどすでに落ち、常に80歳代の老人と同じくらいの体の状態だといわれていた。
なので、強い薬は極力避けたい。
全ては主治医に任せて、私は言われたことだけは着実にこなして言った。

主治医が選んだ抗がん剤を、言われたように身体に入れる(時には1日10時間×3日間なんて過酷なものもあった)。
入院の必要があれば2週間は拘束されたし、通院で出来る薬はそれだけで天国だった。
早ければ3日後には現れる、様々な副作用にも耐えながら、これできっと癌が止まる、良くなるはずだ、と信じて投与していった。
1ヶ月、長くて2ヶ月、その薬を試して、週に一度は採血検査をし、2ヵ月後にはCTを撮り、癌の状態を確認していく。

癌細胞が増えていたり、変化が起きていない場合は薬を変える。
そしてまた試す。
その繰り返し。

時には副作用に負けそうになって家族に当り散らしたり、
髪が抜けることはわかってはいたけれど、鏡の自分にやるせなくなったり。
友人にも会いたくなく、家に篭りがちになる時もあった。

でも、どんな時でも、家族は受け止めてくれたし、夫は足しげく実家まで通ってくれたし。
なにより、娘は成長していた。
私がどんな状況であっても、娘は家族に天使のような笑顔や、屈託のない笑いや、時には泣きやまず手こずらせながらも、幸せな空気を作ってくれた。

私に、もう少し生きたい、という気持ちを起こさせてくれた。

でも、私の癌を私に優しいものに変えてくれる、そんな薬は未だ、見つかっていない。

癌患者となって、1年と3ヶ月になろうとしている。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:riono-carnival
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ-美味しいお店も、お料理を作ることも大好き!
    ・お酒-美味しい肴にはもちろんお酒ビールもワインも日本酒もLOVE❤
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/riono-carnival/index1_0.rdf