【 更新情報 】

離乳食の進め方初期とつぶし粥

赤ちゃんが生後5.6か月になると離乳食を始める時期、離乳初期と言われてます。生後5.6か月までは母乳または育児用ミルクを飲んでいた赤ちゃんですが、離乳食初期になると自然とママやパパが食べている物に興味を持ったりします。各自治体の健診で離乳食の説明があると思いますので、それを目安に始めてみると良いでしょう。

最初の進め方とレシピは、赤ちゃんの健康と機嫌の良い時を狙って、つぶし粥から始めると良いそうです。離乳初期は10倍がゆと言って米1に対して水10で炊いたお粥のことです。それをすり鉢などでつぶします。つぶし粥の目安はヨーグルトぐらいの柔らかさです。

森永乳業などのページにに画像が乗っていますので参考にしてみてください。今まで母乳や育児用ミルク、麦茶などしか飲んだことのなかった赤ちゃんが、初めて液体以外のものを飲み込むんですから上手にできなくたって当たり前です。

ママも初めての育児だと不安も多いと思いますが月齢や個人差もあるので、本やネットのレシピどおりにいかなくても心配することはありません。この頃は離乳食と言ってもゴックンする練習の時期なので、もう食べなくなったら、あとは欲しがるだけ母乳または育児用ミルクをあげましょう。

離乳食初期のレシピ、きな粉ニンジンやバナナ

離乳食初期は1に日1回、赤ちゃんの機嫌を見ながらママも余裕のあるときで良いので楽しみながら離乳食を始めましょう。最初は1口で良いそうです。離乳食は午前中または昼間のうちに食べさせるのが良いそうです。もしアレルギーがあった場合も、すぐに小児科に見てもらえるので安心です。

さて、赤ちゃんもいろんな食材の離乳食に慣れるために、お粥をアレンジしてみましょう。レシピは超簡単、つぶし粥にきな粉や裏ごしした人参、カボチャを混ぜるだけです。人参やカボチャはレンジでチンすると簡単に軟らかくなります。

バナナや豆腐も栄養があり、離乳食レシピに初期から使えるお勧めの食材です。離乳食に向いている白身魚やホウレンソウ、人参など使い勝手の良い食材は、一度火を通してから裏ごしするなどして1食分ずつ冷凍しておくと便利です。お粥も冷凍できます。全部手作りは理想ですが、ベビーフードもあると便利です。

和光堂の手作り応援「野菜スープ」に冷凍のお粥、人参、カボチャなどを入れれば簡単レシピで、おいしいおじや風の出来上がりです。数種類の食材を冷凍しておくとアレンジするだけで離乳食のレシピが増えます。

離乳食進め方、慣れたら野菜や白身魚レシピも

離乳食を始めて1か月ぐらいしたら2回食に増やします。目安なので進め方の決まりはありませんが、午前と午後の1回ずつ離乳食の時間にしてみましょう。授乳の前に離乳食を食べさせて、そのあと思う存分授乳します。
離乳初期の前半(5ヶ月)〜後半(6か月)の進め方は、だんだんと粒を大きくしたり水分を少しずつ減らします。最初は炭水化物のお粥、それに慣れてきたら次にビタミン豊富な野菜系、次に豆腐や白身魚などのたんぱく質といったように1さじずつ増やして進めていきます。

しかし離乳食初期は、すりつぶしたり裏ごししたりとレシピにも手間がかかる割に、赤ちゃんが食べてくれなくて張り合いがなくなることもありますよね。「全然食べない」とお悩みのママもいるかと思いますが、個人差もありますし、もしかしたら苦手な味なのかもしれません。

また、少しタイミングをずらしてみたり、進め方をゆっくりにしてみても良いと思います。離乳食初期はまだ練習の時期ですから、栄養とかバランスとか深く考えずにママも赤ちゃんも離乳食がたのしいんだ〜、おいしいんだ〜と思える時間になると良いですね。

スポンサード リンク
P R