5月は鬼門(思いがけず長文) 

May 03 [Tue], 2011, 1:24
ひーさーびーさー。

Twitterばかりで放置気味。
風邪ひいたりもしましたが相変わらず元気。

最後の日記は誕生日かぁ。
色々ありましたね四ヶ月。日本も世界も私も。や、私はあんまないか。

とにかく今懸命に生きている人達や、これから生まれてくる命に対して顔向け出来ないようなことはしないようにと思う。

お金や権力を持ったら大事なものって変わっていくのかしら。これは素朴な疑問。

怒る時は逃げ場を作ってやれって誰かが言ってた。
起こったことはもうしょうがないから、とにかくもうこれ以上被害が広がることがないように、悲しむ人が増えないように、よろしく頼むよ偉い人。


そしてこないだの木曜日はソネバーでイベントでした。
ちょうど4月28日はお父さんの命日だったので、そんな日をみんなと賑々しく過ごせて良かった。娘は良い人達に囲まれて元気だよ〜って見せれて良かった(いや風邪っぴき中でめっちゃ鼻声だったけど)。

望む場所で死なせてやれなかったこととか、最後にお母さんに会わせてあげられなかったこと、心配かけさせたまま死なせてしまったことに、ごめんねって思うけど、しゃあないやね。

死は人を美化しないし、浮き彫りにするのは現実だけだ。

それこそ災害や不慮の事故とかでない限り、死に方は生き方の表れであると思っているので、つまりはそれが我が父の人生だったということだ。
そして私はそんな父親を愛してるから、それでいいしそれが全てだと思う。


昨日はソネバー日曜担当のバンさんにタロット占いしてもろた。タロットはアメリカでルナにしてもらって以来だ。あれは結構当たってたな。あなたはこれから色んな所を旅するよって言われた。確かに色んな所回ったなぁ笑

昨日の占いのキーワードとしては、コミュニケーションが大事ってことらしい。独りよがりって言われた。

確かに自分の頭の中だけでグルグル考えて自己完結してしまう傾向があるので、そこは自分でも直したいとこ。

自分で言うのもなんですが社交的なところとか、ボーダレスに人と付き合えるところはそれこそ親からもらった財産だと思っているけど、そこに頼りがちじゃいかんよね。もっとがっぷり四つで人と向き合わねばならないと思う。し、向き合いたいなと思う。大事な人にいなくなってから気付くようなことがないようにね〜。

でもなまじ1人でも大丈夫で忍耐力もあったりすると我慢がきくので、自分でもよく分からんくなるんよな〜。必要か必要でないかじゃなくて、欲しいか欲しくないかで考えるべきなのか。欲を出そう欲を。そして伝える努力をしよう。

執着心や自分を理解して欲しい欲求が希薄な自分がそういう風に思えることは多分きっと良いことだし、これは27歳のテーマかな。

さて、一年の中で私の一番苦手な五月が来るよ。や、もう来たけど。どんと来い!!

27歳 

January 07 [Fri], 2011, 16:55
になりました!

お祝いしてくれた方も、え!知らなかった・・!っていう人もありがとう。みんなのおかげで今日も元気!!


年始はお通夜、お葬式、誕生日のまさかの三連コンボ。

とってもお世話になった春日部に住んでいる叔母が12月30日に亡くなられました。
3年前父が亡くなった時にとってもとってもお世話になった人。
当時(2008年4月ごろ)の日記を読んでみると、私そうとうキテんなwwと今となっては笑ってしまうのだけど、本当にあの時期を支えてくれた人です。母のようにも友のようにも思っていました。

たった3年でみんないなくなってしまったな。
親父もじじぃもおばちゃんも。

こうして誕生日を迎えられたこと、本当に感謝です。



そして新たな出会いにも感謝!!

お葬式は年明けなので大晦日に一旦東京の家に帰ってきて、昼間はあいかの家でダラダラしていたのだけどあいかはカウントダウンに行って、私はワイワイ年越しする気分でもなくあてもなく渋谷に向かってプラプラ歩いていた午後11時、偶然見つけたバーに入ったらそこがめっちゃ良い雰囲気で、常連さんとダラダラと年越ししました!誰かに会いたいような誰にも会いたくないような気分だったからちょうど良かったなぁ。一見さん年越し。

そしてそこのマスター超良い人で、誕生日も祝ってくれました!



うぅぅ嬉しすぎる!!!ありがとう〜〜〜〜!!!

色々あったけど、きっとこれからも色々あるだろうけど、27歳頑張ります!!!!


☆27歳の目標☆
レコーディングダイエット with KP
脇を絞めて行動する
携帯をいじりすぎない
一カ月に一冊は古典を読了
あわよくば彼氏が出来ると良いね!

です!!!!

Billy 

November 25 [Thu], 2010, 20:25
http://www.sotattooed.com/ezine/2010/11/24/in-memory-of-billy-eason/


初めて会ったのはちょうど一年前。
11月のリッチモンドのコンベンションでだった。

あの時は貴方のお店で働く事になるなんて思わなかったし、こんなことになるなんて思わなかった。

最後は喧嘩別れだった。あれが最後になるなんて思わなかった。

でも日本に帰って来た時点でそれは織り込み済みの事実だったんだ。
どのツラ下げていつかまた笑って会えたら良いななんて思っていたんだろうか私は。


死を目前にして今までのこと全てが帳消しになるわけじゃない事は、お父さんの文句をお父さんが死ぬまで言っていた祖父を見てるから知ってる。あいつには散々苦しめられたと。


死で人は美化なんかされない。


だから今になってビリーの優しさばかりが思い出されるのは、それはビリーが本当に優しい人だったという事だ。


悲しむ資格があるのかも分からない。でも涙が止まらない。


怒りや憎しみなんて天国に持ってかない方が良い。でも私との別れは彼の中でそんなものを増やしてしまうものになった。それが本当に悲しい。


アメリカのタトゥーシーンの一時代を作った人。バリバリのハードコア。味方も多ければ敵も多い。

出来るだけ多くの人を許して、穏やかな死であったことを心から願う。それは誰のためでもなく、ビリー自身のために。









私が『貴方は人生がどんなものかを分かっているね。』と言うと、『もちろんだ。若い奴らは分かったふりをしてるだけだ。』と言った。

バックピースが仕上がって、毎日背中いっぱいにココナッツバターを塗った、あれも土になっちゃうんだね。腕のカバーアップは終わらなかった。

本気かどうか分からない冗談にいつも困らされた。才能があるって言ってもらえて嬉しかった。

天国でもストリッパー達をはべらせてパーティーしててね。良い女になって会いに行きます。






ビリー、今まで出会った人の中で最高にスケベで最高に下品で最高にクレイジーなお爺さんだったよ。

貴方みたいな人にはきっともう会えない。偉大な人と働けたことを幸運に思う。最後があんな形になってしまって本当にごめんなさい。外国から来たこんな小娘にチャンスをくれてありがとう。貴方に会えたことに心から感謝します。



R.I.P. Billy Eason 
Thanks for everything you have done for me. You will be missed greatly.

色んなことを 

November 10 [Wed], 2010, 0:51
逆算したら全然暇じゃないことに気付いた…。やらなきゃいけないことイパーイ!ありがたいことなのだけども。

なので作業のためしばし家に引きこもろうかと。

で、でもご飯とか誘ってくれたら行くよ?!鍋とかしたいよ!?


でも明日はとりあえず渋谷警察署と世田谷区役所に行かネバー。

この一年で、調布→世田谷→北九州→渋谷と住民票移動しまくりなので諸々の手続きが煩雑であるよ。

どんだけノマドなんでしょ。

そして今猛烈にボリビアに行きたい。ルナの故郷。空が近くて星がすごく綺麗なんだってさ。

ジャカルタのデラにも会いに行きたい。
中国のゾエにもまた会いたい。
パメラはもうブラジルに帰ったのかな。


何にせよ帰る場所あっての旅ですよね。
家に誰かがいるって良いね〜って今日もルームメイトのあきよちゃんと話してました。

確かに、割と不安定な状況なのにこんな元気で、私幸せもんだなぁとか呑気に言ってられるのは、この家にみんなと一緒に住んでるのがおっきいかもしれないなー。
不思議と気が合う。楽しい暮らし。私結婚するまでこの家にいたいな〜。出来るのかとかいう疑問は受け付けません。

出来なかったらモンゴル行くわ。ガチのノマドだし。

トラジった 

November 06 [Sat], 2010, 2:00
美味しいお酒と美味しいお肉をお腹が痛くなるほど笑いながら食べた。

私はなんて幸せ者なんだろうと思った。

間違ったこといっぱいしたし、いたらない部分もいっぱいあった。

同じ失敗は繰り返さないように、失くしたり取り戻したりしながら生きていけたらいいな。分かり合えた人ともそうでない人とも、いつかまた笑って会えたら良い。せめてそういう希望でだけでもつながっていたい。


幸せになるために前向きでいられること自体が既に幸せ。諦めたくないことがあるって幸せ。尊敬出来る人がいるって幸せ。励ましてくれる人がいるって幸せだ。


自惚れでなければ私はずいぶん沢山の人に愛されていると思う。
どうしたって返さなきゃ。人生賭けたっていい。なんて幸せな人生だと思う。

サンレインレコード 

September 03 [Fri], 2010, 4:39
のブログを久々に見た。

てゆーかブログまだ続いてたの知らなかった。ご、ごめん。。。



サンレインがまだ高円寺にあった頃、お店でゆーきゃんと話してたことを思い出した。


私が

”自分で音楽やりながらレコード屋の店長もやってるって良いよね。皆に羨ましがられない?”

って言ったら、

”うん。でも何者にもなれないっていうしんどさもあるよ。”

って言ってた。


なぜか今それをふと思い出した。




ちょっと話がずれるのだけれども、アーティストは代わりがきかないから良いよねって某大手広告代理店に勤めている友達に言われた事があって。

それは違うんじゃないかなと。

アーティストは代わりがきかないのではなく、代わりを作る事を社会から求められていないだけなんじゃないかなと。


例えば企業の場合、誰も超優秀なAさんの代わりが出来なくて、Aさんが辞めてしまったら潰れてしまうような会社にあなたは勤めたいですか?っていう。
誰がどの配置についても利益をあげられるのが良い企業。だから企業は代わりをきかせなきゃいけない。


でも、誰もミスチルに次はスピッツになれとは言わないし、ゆーきゃんにコレさんになれとも言わない。

でもそれは代わりがきかないってこととはちょっと違う。

ありがとうまたあなたに彫ってほしいよ!って言ってくれる人も、私がいなくなればまた別の彫り師を見つけるだろうし(ずっと待っててくれる人もいるかもしれないけど)、それは全然悪い事ではないし、ただ本当の本当に唯一無二になることは、そんなに簡単じゃないということ。

そしてそんなものが出来てしまったら地球はまわんなくなるんだぜきっと。

あ。。。あつい 

September 03 [Fri], 2010, 2:10
でも日本はもっと暑いんだよね。うわ帰りたくない。。。

本日10:40pmの便で日本に帰ります。
すごい出発時刻だな。。。

香港ワンストップの関空行き。JFKから日本すっ飛ばして香港までまさかのフライト20時間。
卒業旅行でNY来た時も似たような感じだった気がする。格安チケット。明らかにアジアの国で乗り換えたもん。ねぇKP?

で、関空から直接福岡に帰る予定なので、東京には寄れません。あしからず。
大阪では住吉大社を詣でるぜ。初めてだぜ住吉さん。

さてこれからどうしよっかな。やっぱり東京にはまた出たいな。だって福岡しかも北九州って仕事ないじゃない?
博多の方に出るんだったらいっそ東京の方が居心地が良いしやっぱ東京かな。。とか色々考えつつ、敷金礼金なんぞでお金を一気に使いたくはないので一人暮らしじゃなくルームシェアを考えております。

アメリカでの8ヶ月はずっと居候もしくはホテルだったし、荷物もスーツケース二個分だし、てゆーか寝る場所があれば良いし、洗濯機ない家とか慣れたから大丈夫。

全財産がスーツケース二個てすごいな!7年調布に住んだ女とは思えない!しかも一個は丸々タトゥー道具だよ!身軽って最高だ!

そいでぼちぼちルームシェアのサイトとか見ているんですが、やはり下北近辺が良いよ。良い物件あると良いね私。




人生辛い事も悲しい事もあるけど、何もやらない人生よりいいと思うよって、ジョージ大統領に言われた。
ジョージ大統領は私の憧れの人なんだん。私あんなお母さんになりたいんだ。

何もやらない人生とはほど遠いから、私の人生はかなり良い感じということだろうきっと。
人生は素晴らしく未知であるよ。

別に世捨て人になるつもりも、自由人と呼ばれたい訳でもなく、ちゃーんと社会に参加して、でも色ーんなことやって行きたいな。

自分にはもうこれしかないんだ!という生き方が出来ないのが私のコンプレックスだったけれども(特に職人の業界において)、そんな私だから出来る事もあるかもなーと。きっと神様が私に色んな才能をくれたんだわ。

と、どポジティブに考えてみる。



何よりの幸運は世間一般のいわゆる普通の道からとっくに外れたこと。普通を押し付けて来る人がいないこと。信頼してくれる家族がいること。

なんというか、あぁいうのってもう暴力に近いものがあるのだよ。

心配して言ってくれているのも分かる。老婆心というものだろう。
自分の未知の領域は誰だって怖い。自分の子どものことならなおさら心配。

分かるんだけどさ、うん。

とりあえず私は”耳をすませば”の雫のお父さんみたいな親になりたいなと思った。

”よし、やるだけやってみろ。
ただ、人と違う道というのはそれなりにしんどいぞ。何が起きても誰のせいにも出来ないからね。”


パパーーーーーーーーン!!!!

基本的に何が起きても誰のせいにもしないという覚悟を持っていると、自分の中でのOKなラインとNGなラインが自然と見えてくる。自分が責任持てる範囲というか。受け入れる覚悟というか。最悪の事態は常に想定している。

誰のせいにもしたくないので、やっぱり最後は自分で考える。


ハーレムにお住まいのやよい姉さんちではもののけ姫と魔女の宅急便と風の谷のナウシカを見た。
まじで小学生の夏休みみたいだった。
やよ姉さんのおかげでNYジモティー生活満喫出来ました。本当にありがとう。
縁ってほんと不思議ね。日本に帰国する際は教えてね。ぶちゅ!!

in NY 

August 16 [Mon], 2010, 15:44
一昨日リッチモンドからLAに移動して、そして本日LAからNYに参りました。
何この無駄なアメリカ横断。

えっと結果としては、頑張った!けど駄目だった!!

何が駄目って、やはり私はこの業界の第一線や二線は歩けないということ。

刺青好きだけど、この特殊で狭すぎる業界が息苦しくてしょうがない。

’合わない’って言葉が嫌いで極力使わないようにしているんだけど、こりゃしょうがねぇ。合わない。
それを納得いくまでやらせてくれた周りの援助に心から感謝します。
一流の人たちの仕事振りを間近で拝見することが出来て、本当に勉強になりました。ありがとうございました。
いっぱい迷惑おかけしましたが、図々しく開き直ってこれからも前向きに頑張ろうと思います。

だので美鈴姉さん方式、ひっそりひとりでマイペースにやっていこうと思います。まぁ日本に帰ってからゆっくり考えるよ。

とりあえずお金がなくなるまでNYぷらぷらします。




終戦記念日はLAのホテルでNHK見てた。(日本のテレビ見れるとこだった)
終戦記念日に黙祷したのなんて何年ぶりだろうか。いや初めてかもしらん。

突然降って来た悪意に殺される。そんな時代に生まれなくて本当に良かった。
違う、今もどこかで死にたくない人が殺されている。

私が総理大臣になったら、色んな圧力や勢力に負けて弱者を見殺しにしたりするんだろうか。
みんなのこと考えてたらキリねぇだろって誰かの命を見捨てたりするんだろうか。
弱者の主張を疎ましいものと思ったりするんだろうか。

私NOと言い切れないんだ。

ちょっと前から感じていたこと、何年か前から私の思考は停止するようになっている。
面倒くさいこと考えないようになっている。
なぜかは分からない。
刺青始めたことと関係あるのかも分からない。
悲しい悲しい。自分が悲しい。

とりあえず、寝る。

八月 

August 03 [Tue], 2010, 11:05
ツイッターアクセス制限されたお。何が何だか。


さてさて、7月半ばに日本を発ちまして、まずはカリフォルニア。ポモナとオークランドのコンベンションを終えてヴァージニアはリッチモンドに戻ってきたわけなんですが、以前よりとっても前向き。

日本帰国直前に喧嘩売ったおかげもあってか(や、ちゃんと謝ったよ)あちらさんも以前より態度が柔和、というか大人。


刺青以外のことでイライラさせられたり、煩わしい思いをさせられるのがすごく嫌だったのだ。
そしてそういうことで刺青への気持ちが簡単に萎えてしまう自分がもっと嫌だったのだ。

もうやだなぁこの業界、、、って。
前のお店を離れなきゃいけなくなったのだって元はといえば自分がゴタゴタ起こしたからだし、アメリカでもこんなで、なんで揉め事ばっか起こすかなぁ、刺青やりたいだけなんだけどなぁ、つーか私全然ハードコアな人間じゃないし、そういう修羅場くぐってませんし、男社会の無意味な暗黙の了解とか理解できないし、おかしいことはおかしいって思っちゃうし言っちゃうし、アーーーもう駄目だ駄目だ私もう向いてないやこの業界もう無理無理無理無理!!!

みたいな。
刺青に対する鉄の意志みたいなもんはないのか私!?と。

でもLAで会った時にさとみっくすさんに、”楽しいからやってる”は立派な動機だと言われて、そっかーそれでも良いのかぁって思った。

で、日本に帰るのはいつでも出来るから、本当に本当に、もう無理もうこれ以上ここにいたら死んじゃうってなるまでは頑張ろうと思った。刺青を続ける限りここでやることは無駄じゃないから、だったら最大限に利用させてもらおうと思った。

だから結局’出来る限り頑張る’が私の刺青に対するスタンスです。はい。シンプルに。やるだけやりますよって。
楽しいじゃないそっちの方が。


あーフェスに行きたいよ。
面白そうなフェスがシアトルとサンフランシスコであるよ。なんでどっちも西海岸なんだよ。


>さっちん、KP、べっち
コメントありがとうーー!!会えなくてごめんね!10月に会いましょう!!

げーじつ 

June 26 [Sat], 2010, 23:33
「人間の先祖は本人の血族ばかりでなく、文学の内にも存在している」

と言ったのはオスカー・ワイルドだそうですが。


はて芸術って何かしらと私みたいなもんでも考えることがあるのですが、

それは我々の体内に血液が流れているように、我々の精神に流れる水脈のようなものかと。



抽象的だけれども、今のところこの感覚をほかに説明しようがない。

音楽も文学も絵画も、掘削方法や掘削場所が違うだけで、あらゆる芸術は同じ水源にたどり着くのだ。きっと。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひさ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年1月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-ママレードボーイがバイブルです。 月に2回の楽しみは花とゆめです。 王道萌え。
    ・音楽-スカーッ!とするのが好き。あんまり意味とか求めてません。
読者になる
成り行き任せ美人局でアメリカまで来ちゃいました。バージニアはリッチモンドで働いております。
最新コメント
アイコン画像ひさこ
» 27歳 (2011年01月08日)
アイコン画像kのp
» 27歳 (2011年01月08日)
アイコン画像ひさこ
» 色んなことを (2010年11月10日)
アイコン画像おさっちん
» 色んなことを (2010年11月10日)
アイコン画像ひさこ
» サンレインレコード (2010年09月04日)
アイコン画像真山君
» サンレインレコード (2010年09月04日)
アイコン画像ひさこ
» in NY (2010年09月03日)
アイコン画像ひさこ
» たまには (2010年09月03日)
アイコン画像真山君
» たまには (2010年08月18日)
アイコン画像ひろちゃん
» in NY (2010年08月18日)
Yapme!一覧
読者になる