イースト・シベリアン・ライカが遊(ゆう)

July 30 [Sat], 2016, 10:27
最近では、介護士は足りていないと言えます。
かつて介護士資格を取得したけれど、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。

介護士不足が起こる原因は結局のところ、介護士の離職率の高さにあると言えるでしょう。
常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。
女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。
意外に思うかもしれませんが、介護士が働く現場として保育園もあるのです。実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、最適な職場でしょう。
保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切な仕事です。要資格の専門職である介護士ですが、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。


転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。


例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など前向きな志望動機があれば良いでしょう。



皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。
「介護士」と言えば普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。



ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、雇用する側が、しっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどのくらいのレベルになるのでしょうか。
介護士国家試験の受験生の合格率ですが、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。実際の試験の内容も、専門学校や大学の講義を勉強しておけば合格できますので、これといって介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが絶対条件です。

介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。

ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、専門学校に入学するための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。
正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信過程で学べる学校があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

普通、介護士としてキャリアを積んでいくと地位が高くなっていきます。

例えば、婦長という階級は分かりやすい役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。



いまは、学生やパートの介護士が少なくありませんので、正介護士であれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。
一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。介護従事者という意味では、介護士には愛煙家が少ない気がしますが、印象通り、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、意識している人が多い職業であるということが分かるのではないでしょうか。よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。



介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。


ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。



決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。
スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とわかったのです。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、介護士というのは介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。



そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも介護士専門のものがたくさんありますから、そういったところを利用して優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。

看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。

患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、その他報告しておくべきいくつかの事項を口頭で直接、次の人に話します。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。
業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量もとても大事なことです。介護士の仕事をしていく中で当然のようにやめたいと思うことも少なからずあることと思います。
重要な仕事で失敗してしまったり患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。

ですが、それだけではなく、嬉しく感じることや、介護士として働き続けたいという風に思う日も多いです。


時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。主な介護士長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、一般企業においては課長の役職相応でしょう。


普通に課長職といっても、その年収が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤める介護施設の規模が、介護士の年収の差異に影響しています。

または、公立と民間、地域によっても差があって、例えば、公立介護施設の場合、大体750万円くらいになると見られています。皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。詳しく見てみるとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、稼ぎが多くなるという現実があります。


ですから介護士としてより多く稼ぎたければ、日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤で働けるところにしましょう。
当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。

介護士試験合格に向けて学ぶ場所として介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。まず、大学はどういったところかというと、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。



検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、実際に打たれるとしたら上手な介護士にお願いしたいですよね。

でも、注射針を刺すのは介護士の腕次第ですから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。
この辺りは運としか言いようがありませんね。

色々な働き方ができる介護士なのですが、大半の介護士は介護施設で働いています。



ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、多くの場所で、介護士資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。

こうした職場で介護士として腕を振るう人もじわじわ増えています。

どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなく仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。

不規則な交代勤務や煩雑な仕事などハードな仕事を強いられる介護士でも、特に油断できない仕事が申し送りです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を交代する介護士に伝える必要があります。それほど重要でない情報もよくありますが、介護的に重大な処置に関する申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。

もし転職される場合には、介護士の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けるべきことが存在します。



注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。
入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの介護士からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。未就学児であれば、24時間保育を行っている保育所の利用や介護施設に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。ですから、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も相当数いると思われます。

昨今の介護士不足は介護の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。原因としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。

介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。

また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。
以前は介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近頃では少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。
給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分より職業的な高みを目指していけるということです。
出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。

ただ、それ程スムーズに、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた状況により変わってきます。



多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こうしたケースは、実際にとても多いようです。

家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻ってくる人もよく見られます。ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてこの人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。

それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。
また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、めまぐるしく立ち働くことになります。様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。


そのため、うつ病を患う介護士も珍しくないのです。

責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においては介護士の方が上なのだそうです。



介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような専門職らしい長所もあるのでした。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。

たとえば正社員として働く介護士は月給制です。でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。

では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。

パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、あまり良い時給ではないのかもしれません。
少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、実行している介護施設がほとんどのようです。個人ごとの能力を評価することを可能にするため、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。

評価を行なうのは、毎月の介護施設や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。自分の能力評価を受け続けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。
子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それに加えて外来勤務においては、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。
外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは介護施設や、診療科によっても違います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優菜
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rincgfesdaoeap/index1_0.rdf