【 更新情報 】

スポンサードリンク

淋病の検査薬と治療薬について

淋病に自分はなってしまってるかもしれない!
けど、検査するのが怖い。
そんなあなたも大丈夫です。
自宅で簡単に検査することは可能なんですね。
もちろん、淋病にかかってしまった人の治療薬なんてものも売っています。
こちらをご覧ください。

淋病の治療法

淋病の治療法としましては、まずその感染経路をきちんと確認して、実際に症状がどの部位なのかを確認することが、淋病の完治には重要です。
またここをはっきりさせておかないとその治療期間が長くなってしまったりしますよ。ここで1つ言っておくと、淋病は自然治癒することはありません。
なので絶対に感染してしまったら医者に行かなければならないということです。
実際に医者に行ったときに淋病の治療法として有効なのが抗生物質の摂取ということになります。また、その治療期間は場合によって異なります。
また感染場所によってもことなってくるので一概に言うことは出来ません。
出来れば淋病に感染したくはないものですが、もし感染してしまった場合、淋病の治療には積極的にしておきましょう。

淋病の症状

淋病の症状としましては、まず淋病に感染後、早いときには数時間以内、また遅くとも一週間以内にはその症状が出始めます。のどに感染した場合は、咽頭炎による症状、性器では男性は淋菌性尿道炎、女性は子宮頚管炎を発症します。
また、腸への感染時には、淋病の症状がわかりにくい場合もあります。
なので、自分がそれに該当するようならば、絶対に早期に病院に行くことをお勧めします。また妊娠中に淋病にかかった場合、その淋病の症状から不妊症になってしまう場合もあります。早期に治療することでこれを防止しましょう。
医者に行く場合ですが、男性は泌尿器科や性病科。女性は産婦人科や性病科に行くようにしましょう。
間違っても内科などに行ってはだめですよ。

淋病とは

淋病(りんびょう)というのは淋菌が性行為等の際に、粘膜同士の接触によって感染する性病でありSTD、感染症です。
近年のオーラルセックスの増加により、女性ののどから淋病に感染するというケースが報告されています。
男性の場合、痛みなどが淋病の症状として出ることから、比較的その発見は簡単であると言われています。
よって、淋病の治療は初期のうちに受ける人が多いのも特徴となっています。
淋病の感染率は一般的に30パーセント前後だと言われています。
また、淋病はクラミジア感染症など他の感染症と同時に感染していることも多い病気です。淋病を放置しておくと大変なことにもなりかねないので、もし、感染してしまったと思ったら、絶対にすぐに医者にみてもらうようにしましょう。